ゴスペラーズが
貫禄ある歌とコーラスで
大人のR&Bを魅せた
『Soul Serenade』

ヴォーカルグループならではの凄み

サウンドへ話を移そう。オープニングのM1「パスワード -Powers G Mix-」から印象的なフレーズのループが繰り返され、まさにコンテンポラリーR&B的なサウンドを聴くことが出来る。ミッド~スローなナンバーを挟んでの中盤では、M5「夢の外」、M6「Unlimited」、M7「Free Space」、M8「Slow Luv」とタイプこそ異なるがビートの効いたアップテンポなトラックが続き、R&Bとヒップホップとの密接な関係を伺える。その辺はゴスペラーズが意識したことではないだろうが、当時のR&B、ヒップホップの勢いを感じさせるところではある。とりわけ興味深いのはM5「夢の外」。これはM2「永遠へ」もプロデュースしたBryan-Michael Coxがアレンジを手掛けたナンバーだ。彼はMariah Careyのプロデュースなどもしていた人物だそうで、彼とのコラボレーションによって巧みに本場の空気を取り込むことが出来たのだろう。ラップも入っていて、当時の本場米国の最先端を感じさせるトラックだ。本作の全てにBryan-Michael Coxが関わっているわけではないのは、おそらく彼が多忙だったからだろうが、M2「永遠へ」、M5「夢の外」を通していい刺激を受けたことは確実で、本作中盤の勢いにはそんなことが感じられるところだ。

しかし、だからと言って、肝心のヴォーカルパートが全て“コンテンポラリーR&B然”となっているかと言ったら、そんなこともないのは本作で最も重要なことではないかと思う。ループするトラックに乗せて、ある程度のメロディーは決まっているものの、比較的自由な旋律を歌うのが今のR&B。フェイクやアドリブが多いのが常だ。もちろん、この『Soul Serenade』でもそうしたヴォーカリゼーションはある。随所にある。M1「パスワード -Powers G Mix-」の後半で畳み掛けようにフェイクが入ってくるし、M3「Forgive Me」ではシャウトがどんどんワイルドになっていくところなどは迫力があってとてもいい。だが、いわゆるサビで奏でられている歌の主旋律は生真面目なまでにブレがない。ものすごくきちんと歌われていることに気付く。プロの楽曲なのだからきちん歌われていて当たり前なのだが、いい意味で精密機械のような鋭さが感じられる。M1「パスワード -Powers G Mix-」にしても《L×O×V×E×U》の箇所はとても正確に主メロとコーラスが重ねられている印象だし、M3「Forgive Me」の《Forgive me tonight/I love you all night》の部分もそうだ。だからこそ、フェイクが活きているとも言える。主メロとコーラスとのバランスにも突飛な感じがなく、抑えめというか控えめというか、ことさらにコーラスワークのすごさを鼓舞しているようには思えない。

だが、それがいい。M4「裸身」《裸身の愛を抱きしめよう》《きりがないほど君が欲しい》辺りは派手さこそないものの、歌詞に力点が置かれていることがはっきりと感じられて、楽曲全体の説得力がここでグッと増しているように思える。個人的に最もインパクトを感じたのはM8「Slow Luv」。このサビはパッと聴きにはあまり難しいことをやっていないように思える。しかし、じっくり聴き込むと、素人にもそのすごさが感じられるテイクだ。譜面に起こしたわけではないので詳細は分からないけれども(そもそも譜面など起こせないのだが…)、これはハモり方が完璧なのではなかろうか。5人のピッチ、呼吸の合い方がどこか尋常ではない印象すらある。この楽曲も中盤から迫力あるフェイク、アドリブが入ってくるが、サビでのコーラスワークが強固な土台のようにしっかりとしているからこそ、凄みを増しているのだろうし、そこでメンバーそれぞれの個性も活きて来るのだろう。ここでそれを改めて言うのも憚られるほどではあるが、ゴスペラーズはヴォーカルグループであり、本作ラストに収録されたM11「One more day」や、この度の新作『アカペラ2』を例に出すまでもなく、無伴奏でも十二分に音楽を表現できる人たちである。そんな彼らがコンテポラリーR&Bと向き合い、そこで自らのポテンシャルを最大限に発揮するとこれほどにすごいことになる…というのが、M8「Slow Luv」を始めとする各楽曲のサビに表れたのだろう。軽くR&Bに触れただけ…というようなアーティストには絶対に真似できない貫禄なのである。それが『Soul Serenade』にはある。

TEXT:帆苅智之

アルバム『Soul Serenade』2000年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.パスワード -Powers G Mix-
    • 2.永遠に -Album Version-
    • 3.Forgive Me
    • 4.裸身
    • 5.夢の外
    • 6.Unlimited
    • 7.Free Space
    • 8.Slow Luv
    • 9.月光
    • 10.MIDNITE SUN
    • 11.One more day
『Soul Serenade』('00)/ゴスペラーズ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着