「MUTEKING THE Dancing HERO」主演
の真白健太朗らキャスト発表 総監督
は高橋良輔

(c)タツノコプロ・MUTEKING製作委員会 タツノコプロ制作の「とんでも戦士ムテキング」をリブートするテレビアニメ「MUTEKING THE Dancing HERO」のメインキャストとスタッフ、ティザービジュアル、プロモーションビデオが公開された。
 1980~81年に放送された原作「とんでも戦士ムテキング」は、サンフランシスコをモデルにしたヨンフランシスコや日本の下町を舞台に、ヒーロー“ムテキング”に変身する少年・遊木リンが、地球を侵略する悪の宇宙人と戦うヒーローギャグアニメ。当時のローラースケートブームや、アメリカンコメディの要素をとり入れた陽気な作風などが人気を呼んだ。
 「MUTEKING THE Dancing HERO」では、原作の世界観を継承しつつも新たなストーリーが描かれる。自由で陽気な海沿いの街ネオ・サンフランシスコに引っ越してきた心優しき少年・ムテキは、DJを自称する人物“DJ”によりダンシングヒーロー・ムテキングに変身させられ、突如現れたモンスターから街を救うべく、歌とダンスで立ち向かっていく。
 主人公のムテキ役は、一般公募オーディションで選ばれた新人の真白健太朗が担当。ムテキの相棒・DJ役を江口拓也、巨大IT企業のトップ・セオ役を日野聡、ムテキが恋焦がれるアイドル志望のアイダさん役を高橋李依が務める。そのほか、米澤円田所あずさ愛河里花子興津和幸、京雅、木村隼人、田中美海西山宏太朗、KENN、青山穣、松山鷹志、羽多野渉鈴村健一の出演が決定している。
 スタッフは「タイムボカン」シリーズなど多数のタツノコプロ作品に携わった笹川ひろしがエグゼクティブディレクターとして登板。総監督を「装甲騎兵ボトムズ」「ガサラキ」の高橋良輔が務める。監督を「ガッチャマンクラウズ」(助監督)のサトウユーゾー、シリーズ構成を「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~」(脚本)の近藤祐次、キャラクター原案をイラストレーターのUtomaru(THINKR)が担当し、タツノコプロと手塚プロダクションが初タッグを組んでアニメーション制作を行う。
 また、多数の著名アーティストも参加。上田剛士AA=)、NazReol矢野顕子吉田凜音、「ORANGE RANGE」「KALMA」「SANABAGUN.」が、世代やジャンルを超えた音楽で作品を彩る。
 ティザービジュアルは、ミラーボールのように輝く地球をバックに、ムテキングがポーズを決める姿が描かれている。またPVでは、原作の映像とともに1980年から2021年までをカウントし、原作のオープニング主題歌「ローラーヒーロー・ムテキング」のイントロが流れるなか、ムテキやDJ、セオ、アイダさんといったメインキャラクターたちが次々と登場し、ムテキングへの変身シーンも収録されている。
 「MUTEKING THE Dancing HERO」は今秋放送開始予定。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着