キヲク座セレクト『響きの中に入り込
む』Mutemath、Savath & Savalasなど
| 3月連載3/3

キヲク座が選ぶ『響きの中に入り込む』

All or Nothing / Mutemath

U.Sインディーロックバンド・
(ミュートマス)の3作目のアルバム『Odd Soul』(2011年)から。シンセやエフェクトがかかったドラムに伸びやかなヴォーカル…と書くと、口(耳)当たりが良さそうで(実際に良いのだが)、なんだか、どこかひと癖あるのだ。曲の後半は前半からのメロディーを受け継いで、巧妙に展開していくのだが、やはりどこかひと癖ある…。その感じを聴き取りたくて、ついつい、また再生してしまう。

Transportation Theme / Savath & Sav
alas

など数々の名義で活動する米国アトランタ出身の
(スコット・ヘレン)のプロジェクトの2000年の作品。聴いたのはリリースから数年後であったが、生の楽器が主体でなくても、ここまで機微をうがつような音を紡ぐことができるのか、と非常に感銘を受けたのを鮮明に憶えている。歌がないことも、また余計にこの曲含めアルバム全体に、そこはかとなく神秘的な雰囲気をもたらしている。

Harvest Moon / Casandra Wilson

少し分かり難いリズムや響き(コード)が続く曲を「浮遊感のある」と表現されることがある。言いたいことは分かるし、自分も時に使ってしまうけれど、ひと括りに安易にそう言われると納得できないことがある。その響きの中にある音の一粒一粒に隠された美を見つけるか、否かはその人自身にかかっているからだ。米国ジャズシンガーの大御所、
(カサンドラ・ウィルソン)による
(ニール・ヤング)のカバー曲には、あらゆる瞬間にそれが詰まっているようだ。

Sometimes It Snows In Apri / Meshel
l Ndegeocello

ベルリン生まれ、スワヒリ語で「鳥のように自由」という意味の名前で活動する
(ミシェル・ンデゲオチェロ)による作品『ventriloquism』(2018年)より、
のカバー曲。素晴らしい音楽には曲や作品の中に“言葉にできない色々な感情が編まれている”と感じることがある。この曲もそれ自体はスローで、原曲のコードを大幅には変えていないのに、今の空気を確かに捉えて、何かが編まれている。本人曰く「私の人生は常に変化していて、喜び、達成感、失敗、そして悲しみで満ちているの。…(引用)」やはり、心に響く。

毎週更新!キヲク座選曲プレイリスト

キヲク座 Profile 2012年、日本の童謡をリハーモナイズして演奏するユニットとして結成。 2015年、” 自分たちの聞きたい作品を作る” ことを追求し、メンバーが尊敬しファンであった ジョン・マッケンタイアやジョージ・タンデロ、オノセイゲンらを制作に迎え「色あはせ」を 発表。菊地成孔、堤幸彦監督、空気公団らが大絶賛のコメントを寄せた。 2016年、「遊山」を制作。ライナーノーツを菊地成孔が執筆している。 2017年、六本木アートナイトにて「にゅーKEN-KEN-PA!」を企画・実演。 2018年2月、配信限定シングル「北風小僧の寒太郎」をリリース。世界遺産の富岡製糸場で ミュージックビデオを撮影。 4月、レコードストア・デイ限定商品としてLP「第一集」と7インチ「こきりこ節 / こきりこ節 dub verion」がリリースされた。 6月、配信限定シングル「ひらいたひらいた」をリリース。 2019年、NHK名曲アルバムで「まどみちおメドレー」を制作。 公式サイト

RELEASE INFORMATION 『春が来た』 2021年3月31日(水) デジタル配信 キヲク座 童謡を再構築する音楽家集団「キヲク座」が、12ヶ月連続で毎月1曲季節の歌を配信する”Songs of KOYOMI”。 第一弾となる4月は「春が来た」。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着