fuzzy knot

fuzzy knot

シド Shinji、
Rayflower 田澤孝介と
新ユニット“fuzzy knot”結成!

ロックバンド・シドのShinji(Gu)がソロプロジェクトを始動することが決定した。ヴォーカルにRayflowerの田澤孝介(ex. Waive)を迎えて新ユニット“fuzzy knot”を結成! デビュー作となる1stシングル「こころさがし」が4月26日(月)に配信限定でリリースされる。

田澤孝介は、SOPHIAの都啓一が中心となり結成したRayflowerのヴォーカルとしても活動しており、そのメンバーはドラムにZIGZOのSakura、ベースにBULL ZEICHEN 88のIKUO、ギターにAcid Black Cherryのサポートとして活躍したYUKI、と名だたるミュージシャンが勢ぞろいしたスーパーバンド。まさに超実力派シンガーと、シドのギターShinjiという夢の共演がfuzzy knotで実現されることとなる。

“fuzzy knot”の意味は“曖昧な結び目”。Shinjiが最も影響を受けた90年代のサウンドを織り交ぜつつ、ギターロックだけではなくジャンルに“縛られない”音楽を発信するとして名付けられた。曲の解釈、“最後の締め”は聞き手次第という2人からのメッセージでもある。作曲は全てShinji、作詞は田澤と楽曲の全てを2人で担っている。

“ソロプロジェクトだからシドと違うことをやろう、というわけではなく、『自分のやりたいことはこれ』と明確にすることがfuzzy knotをやる理由”と語るShinjiと、それに共鳴する田澤。そんな2人の曲は、シドで培われたShinjiのキャッチーなメロディーと、ハイトーンヴォイスを自在に操る田澤の突き抜けた歌声によって織りなされる。

配信限定でのリリースとなる1stシングル「こころさがし」のテーマは春。軽快なロックサウンドから感じられるポジティブさとは裏腹な憂いを帯びた歌詞が、変化に対する期待と不安に揺れ動く心情を歌う春らしい一曲となっている。また、90年代の要素も各所に散りばめられており、どこか懐かしくも新しさを感じる妙にそそられる楽曲だ。この曲を皮切りに、2人は世界に新たな糸口を広げる衝撃のデビューとなるだろう。

デビューに先駆け、4月21日(水)よりオフィシャルサイト、公式Instagramを開設。「こころさがし」の音源は、4月23日(金)のNACK5『BEAT SHUFFLE』にて初OAされることも決定している。また、「こころさがし」配信日当日の4月26日(月) 19時30分よりMAVERICK DC GROUPの公式YouTubeチャンネルにてデビュー特別番組を生配信! 「fuzzy knot」として姿を現すのはこの番組が初めてで、「こころさがし」のMVを番組内で初解禁する。お見逃しのないようにしていただきたい。

fuzzy knotデビュー特別番組
※4/26(月)19:30~配信

配信シングル「こころさがし」2021年4月26日配信リリース
    • DCCA-1050
    •  
    • <収録曲>
    • 1. こころさがし
    • 作詞 田澤孝介 / 作曲 Shinji / 編曲 fuzzy knot
fuzzy knot
配信シングル「こころさがし」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着