ライ・クーダーらしさが際立つ
傑作セカンドアルバム『紫の峡谷』

本作『紫の峡谷』について

彼のデビューアルバム『ライ・クーダー登場』は、西海岸バーバンク産だけに一部の曲ではライの音楽とは相容れないような大げさなストリングスアレンジなどもあったが、本作では以降も続くライ・クーダーらしい音作りが実現できている。

収録曲は全部で11曲、ドラムにジム・ケルトナーが参加することで、エイトビートがシンコペーションの効いたポリリズミックなリズムになっているのがミソ。民族音楽にも精通したライの思い描いたサウンドはケルトナーの存在なくしては生まれ得なかったものだ。同時期にリリースされたリトル・フィートのファースト(’70)や『セイリン・シューズ』(’72)でも、リッチー・ヘイワードがケルトナーを範にしたプレイをしているのは、お互いのサウンドを研究していたからである。ライはリトル・フィートのファーストにゲスト参加し、リトル・フィートのリッチー・ヘイワード(Dr)とロイ・エストラーダ(Ba)はライのファーストでリズム・セクションを受け持っており、互いの交流が可能だったのである。

アルバムの構成は『ライ・クーダー登場』とさほど変わらず、古いブルースとヒルビリーを中心に組み立てられている。ライはギター(エレキとアコースティックの両方)とフラットマンドリンを演奏しており、絶品のスライドギターはもちろん、マンドリンも上手い。「ビリー・ザ・キッド」のマンドリンプレイは、スタイルとしてはブルースのヤンク・レイチェルとブルーグラスのビル・モンロー、その両方から影響されているように思える。ライは子供の頃にはブルーグラス・バンジョーのプレイヤーとして活動していた時期があって(後に組むことになるラップスティールの名手デビッド・リンドレイもブルーグラス・バンジョー奏者であった)、モンローからの影響は当然あるはずである。

カリプソの「トリニダードのF.D.R」とバハマのギタリスト、ジョセフ・スペンス作の「天国からの夢」の2曲は前作にはなかったワールドミュージックへの試みで、ジョセフ・スペンスの曲を取り上げたのは本作に参加しているフリッツ・リッチモンド(ジム・クエスキン・ジャグバンド)からの紹介だと思われる。フリッツはスペンスの研究家としてその演奏を録音するために1964年にバハマまで赴いている(その時の録音はエレクトラから『Happy All The Time』(’64)としてリリースされている)。

プロデュースは前作がレニー・ワロンカーとヴァン・ダイク・パークスだったが、本作ではワロンカーのほかメンフィスの重鎮ジェームズ・ルーサー・ディッキンソン(ピアノも弾いている)が参加しているだけに、前作よりも泥臭さが増している。ディッキンソンはディキシー・フライヤーズのメンバーで、ストーンズやアレサ・フランクリンのバックなどを務め、サザンソウルやスワンプロックの世界ではよく知られるアーティストだ。ライはこの後、ルーツ音楽に精通したディッキンソンと長く付き合っていくことになる。

現在の音楽業界の仕組みを考えると、ライ・クーダーのようなアーティストがメジャーレーベルからアルバムをリリースすることは困難であろう。本作は、ロックの良心ともいえるまさに傑作中の傑作である。

TEXT:河崎直人

アルバム『Into The Purple Valley』1972年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. キャン・ユー・キープ・オン・ムーヴィング/How Can You Keep Moving (Unless You Migrate Too)
    • 2. ビリー・ザ・キッド/Billy the Kid
    • 3. マニー・ハニー/Money Honey
    • 4. トリニダードのF.D.R./F.D.R. in Trinidad
    • 5. ティアドロップス・ウィル・フォール/Teardrops Will Fall
    • 6. デノミ・ブルース/Denomination Blues
    • 7. オン・ア・マンデー/On a Monday
    • 8. ヘイ・ポーター/Hey Porter
    • 9. 天国からの夢/Great Dream from Heaven
    • 10. タックス・オン・ザ・ファーマー/Taxes on the Farmer Feeds Us All
    • 11. 自警団員/Vigilante Man
『Into The Purple Valley』(’72)/Ry Cooder

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着