シンガーソングライターの“今”を知
ることができる生配信番組 『HEY! L
OOK AT ME NOW! vol.5』ライブレポー
トが到着

シンガーソングライター特化型・音楽配信番組「HEY! LOOK AT ME NOW!」(読み方:ヘイ! ルック アット ミー ナウ!)の第5回放送が、4月22日(木)に有料ストリーミング・サービスStreaming+にて放送された。
この番組は、タイトル和訳の「ねえ!今の私を見て!」の通り、共演者同士のセッション・トークなど、普段のライブでは観ることができないシンガーソングライターとしての“今の姿”をお届けしていく生配信音楽番組である。不器用ながらも、まっすぐに伝える歌詞が同世代の男女に共感を呼んでいるシンガーソングライター・みきなつみが番組のナビゲーターを担当。vol.5を迎えた今回は、Shunsuke Mitaと真空ホロウの松本明人がゲストとして出演した。
今回も「みなさんこんばんはー!」と、みきなつみがステージ上から登場・・と思いきや、ソファやライトなどが置かれ、まるで部屋のように飾り付けられた空間からスタートした「HEY! LOOK AT ME NOW! vol.5」。番組紹介をすると、新コーナー「みきなつの部屋 at HEY! LOOK AT ME NOW!」へ。
みきなつみ ライブ写真
「みきなつの部屋 at HEY! LOOK AT ME NOW!」はライブパフォーマンスだけではなく、みきなつみの部屋を覗いているかのような空間でトークや企画をお送りしていくコーナー。初回企画は、みきなつみの楽曲を題材に短編小説を朗読し、その題材楽曲を披露するというもの。
「彼と付き合って、もう1年が経とうとしている 私は未だにあなたの顔色を伺っていた――。」
と早速短編小説を朗読するみきなつみ。読み終えるとおもむろにギターを手にし、「ごめんねって言ったら君はまた許してくれるかな」を披露。短編小説を聞いた後に楽曲を聴くと、ストーリーや背景が鮮明に頭に浮かび、楽曲への理解度を深めながら楽しむ事が出来た。また今回のゲストである真空ホロウの松本明人が「ごめんねって言ったら君はまた許してくれるかな」の音源にコーラスで参加をしている。そちらも是非チェックしてほしい。
そしてコーナーの締め括りにみきなつみが4月7日にリリースした最新シングル「ウシロマエ」のミュージックビデオが流れた。この曲は「すごく思い入れの強い1曲。自分自身ダメダメだなと思う瞬間がたくさんあるけど、誰かと比べるんじゃなくダメなところも受け入れて進んでいけるような楽曲」だとみきは語る。この楽曲のミュージックビデオは YouTube で公開されているので、是非みきの想いも含めてフルバージョンを聴いてみてほしい。
Shunsuke Mita ライブ写真
続いては1組目のゲスト、Shunsuke Mitaのライブパートへ。
ギターを持ち「多分今ご覧になっている方々の中では僕を知らない方が多いかもしれないけど、このライブを通して僕がどんな人間なのか、どんな音楽を作ってるのか知って頂けたら嬉しい」と少し緊張した面持ちのShunsuke Mita。1曲目に「愛溢」を優しくゆったりと歌い上げると、続く2曲目には「虚」を披露。その切ない歌詞にどうしようもないもどかしさを感じた。Shunsuke 「ラブソングやバラードを書くことが多く、幸せな恋・失恋・複雑な恋など色々あると思うけど、そういう情景を、人の感情を歌にして色んな人の心により添えたらいいなと思う。」と語ると、3曲目に「アネモネ」を切なく歌い上げた。そして、自身の大事な友人に向けて制作したという「宝物」、まだ未公開の新曲「ハピネスメイカー」を披露してくれた。Shunsuke Mitaの楽曲間のストーリーや世界観にたっぷりと浸ることが出来た。
ライブ終了後、早速みきなつみ✕Shunsuke Mita のトークコーナーへ。
ライブ直後の Shunsuke Mita に感想を聞くと「ちょっと失敗しちゃった部分もあったが、精一杯やれたかなと思う。」と率直な心境を語ってくれた。今回も事前に Twitter でゲストへの質問を募集。TikTok などの SNS を中心に話題沸騰中のShunsuke Mita に「音楽や作詞・作曲に目覚めたきっかけ」を問うと、Shunsuke「音楽をやりたいと思ったのは中学 2年生のころ。ヒップホップを聴いて、自分を表現するってこんなにかっこいいんだ!と思い、密かにラップを書いたりしていた。そして自分で歌詞も曲も書けたら、自分が表現したい世界が生まれるんじゃないかとギターを始めた」と答えてくれた。他にも「最近音楽以外でハマっていること」や「夢や目標」など、話題の渦中にいる Shunsuke Mita の素顔を覗くことができた。
松本明人 ライブ写真
Shunsuke Mita とのトークが盛り上がったところで、2組目のゲスト、松本明人のライブパートへ。ギターを手にし、まずは「森に還る」を披露すると、その迫力のある美声にあっという間に引き込まれた。続いて「虹」も力強く歌い上げる。「解ってんだよ」と繰り返されるその言葉は、歌声と共に心に響いてくる。そのまま流れるように。3曲目「バイバイゲーム」へ。続く4曲目の「芽吹さん」は穏やかなリズムでありながら、前向きな歌詞が憂鬱なこの日常を晴らしてくれるような、勇気づけられる楽曲となった。ギターを持ち替え、最後に披露したのは「言葉の綾」。透き通るようなハイトーンを交えながら歌い上げた。5曲通して披露してくれた松本。圧倒的な歌唱力と声量、心に刺さる歌詞で視聴者を魅了した。
ライブパートが終了すると、みきなつみ✕松本明人のトークコーナーへ。まずはライブを終えて、松本「久々にライブハウスで歌事ができて、モニターが気持ちいいなって。僕らの音を今皆さんのもとへ運んでくださっていて、僕らに歌いやすいように音返してくれる、音響さんという心強い味方がいまして。そのモニターが気持ちいい、こんなに浴びれないもの」と久しぶりのライブハウスでの演奏を楽しんでいたようだった。こちらでも Twitter で事前に応募した質問を投げかけていく。茨城県内や水戸の音楽シーン活性化プロジェクトとして発売されたオムニバスアルバム「茨城大爆発」に参加されている茨城県出身の松本に「茨城県は魅力度ランキング最下位だが、松本が思う魅力は?」と問うと、松本「魅力度ランキング最下位ということを誇りに思っていること。最近は5位ぐらい上がってしまって、良いことではあるけどなんか違うとみんな思ってると思う(笑)」と茨城県を代表して語ってくれた。その後も応援&リズムゲーム「ブラックスター」のキャラクターとして歌唱担当している松本に「自分で作詞作曲をして歌う時と役として楽曲を歌う時で異なる楽しみ・違い」を聞いたり、「コロナ過での過ごし方」など普段は聞けないような話をたくさん聞くことができた。
みきなつみ×Shunsuke Mita ライブ写真
そしてお待ちかねのセッションパートへ。
まずはみきなつみ✕Shunsuke Mita で「Hold Me Tight」をセッション。この楽曲について、Shunsuke「かわいい女の子に片思いしてるかわいい男の子の楽曲です。」、みき「女の子が聴いたらすごくきゅんとしちゃうし、男の子はけっこう共感出来る楽曲で、照れちゃうけど内心こう思ってくれてたらいいなっていう曲」と語った。早速 Shunsuke のギター伴奏で歌い始めると、可愛らしい歌詞を弾むリズムでノリノリで楽しそうに歌う2人。ピュアな恋心を歌う2人にこちらも微笑ましい気持ちになった。
みきなつみ×松本明人 ライブ写真
そしてみきなつみ✕松本明人のセッションライブへ。みきなつみがセッション楽曲に選んだのは以前もコラボしたという「缶ビール(仮)」。みきが「(以前のコラボの際に)何曲か候補を送ってもらったときに最初に聞いた時点でこの曲を歌いたい!って思った。」と語ると、松本も「この曲がとても似合うなって。」と同じように感じていたようだった。穏やかなギター伴奏からセッションが始まる。時折交わる2人の声は相性が抜群で、聴いていて心地がよく、素敵な「缶ビール(仮) みきなつみ ver」を披露してくれた。
セッションライブが終了すると、「みきなつの部屋」へ戻りゲスト2組でセッショントークへ。まずは今回のお誘いを受けての感想を聞かれると、Shunsuke「まだまだ駆け出しのシンガーソングライターなので、まさかこんな素敵なお二方と一緒に、こんな機会をいただけると思っていなかった。初めに連絡が来た時はびっくりしたけど、気づいたら喜びに代わってました。」と喜びを伝えてくれた。松本は「こういう企画をやろうと思うってすごい。運営するのも、ライブをするのも難しい中でそういう場を設けようと思う、行動力に頭が上がりません。」と語ってくれた。
そしてこの配信番組タイトルの和訳でもある、「今の私のここを見てほしい!」というところを聞かれると、Shunsuke「シンガーソングライターとして活動はしているけど、元々ヒップホップから入っていて今でもラップをしたり、アルバムにとポップスとヒップホップのミックスアルバムみたいなものを出していたりするので、一風変わったシンガーソングライターというところに注目してほしい」と自身の注目ポイントを語ると、松本「画面越しじゃ伝わらないかもしれないけど、このマイクめちゃくちゃいい匂いがしてずっと嗅いでいました(笑)是非アーカイブで振り返って匂っているところを見直してほしいな」と、本当に “今” 見てほしいところを伝えてくれた。
ほかにも定番の「みきなつみの印象」や「新生活スタートの春、新たに始めたこと」、Shunsukeが3月に発売したアルバム『ヤングアダルト』、松本が4月に発売したソロ EP「Torch.5」の「楽曲制作でこだわったポイント」など最新の様々な情報を聞く事が出来た。詳しいトークの内容やライブの様子は是非アーカイブをチェックしてみてほしい。
今回も出演者のライブパフォーマンス、セッション、トークなど盛りだくさんでお届けした『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.5』。この公演のアーカイブは、Streaming+にて 4 月 24 日(土)まで購入・視聴することができる。普段は見られないシンガーソングライターの一面を楽しめる『HEY!LOOK AT ME NOW!』。次回もお見逃しなく。

写真=りゅーじ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着