歌で人々を癒すTVアニメ「ヒーラー・
ガール」制作決定 声優コーラスユニ
ット「ヒーラーガールズ」が主演

(c)Healer Girl Project 若手女性声優ユニット「ヒーラーガールズ」がメインキャストを務めるオリジナルテレビアニメ「ヒーラー・ガール」の制作が決定した。アニメーション制作を「プリンセス・プリンシパル」のStudio 3Hzが担当する。
 熊田茜音堀内まり菜、礒部花凜、吉武千颯の4人による「ヒーラーガールズ」は、BS11で放送中の音楽番組「Anison Days」での活動を契機として結成されたコーラスユニット。今年3月にはデビューアルバム「Voices vol.1 ~アニソンコーラスカバーアルバム~」をリリースし、7月30日に2ndアルバム「vol.2」の発売も控える。
 アニメ「ヒーラー・ガール」は、歌を使って人々を癒す“ヒーラー”たちが活躍する世界を描く「新感覚ミュージカルヒーリングアニメーション」と銘打ち、熊田が森嶋響、礒部が藤井かな、堀内が五城玲美、吉武が矢薙ソニアを演じる。4人の少女を描いたティザービジュアルも公開されている。
 監督には「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の入江泰浩を迎え、シリーズ構成・脚本を「怪物事変」の木村暢、キャラクターデザインを「プリンセス・プリンシパル」の秋谷有紀恵が担当する。

新着