松本 隆 作詞活動50周年記念「風街ち
ゃんねる」第4回ゲストに南佳孝、小
西康陽

2020年11月にスタートした「松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト」。スタートと同時に開局がアナウンスされた「風街ちゃんねる」は、毎回、松本隆の詞に魅了されたゲストを各界から招き、松本隆と共に50年の歴史を、ほぼ台本なしで“ゆるくマニアックに”振り返っていくトーク形式のWEB配信番組。いよいよ5⽉15⽇(⼟)20:00より風街ちゃんねる第4回の放送が開始される。

第4回のテーマは「プロデューサー・松本隆」。ゲストは、松本隆プロデュースによる『摩天楼のヒロイン』『冒険王』の2枚のアルバムを発表しているミュージシャンの南佳孝と、松本作品のカバーやアレンジを手がけた経験があり南佳孝と共作もしているミュージシャンの小西康陽はっぴいえんどのメンバーでもなく、作詞家でもなく、プロデューサーとしての松本隆について光を当てていく。
南佳孝
小西康陽
松本 隆

「風街ちゃんねる」第4回(1時間26分)は、ただいまチケットぴあにて視聴券販売中。アーカイブ配信は6月11日(金)23:59まで。
■第4回の番組内容より一部抜粋

<”摩天楼のヒロイン”のアルバムについて> はっぴいえんどを解散した松本は、“摩天楼”をキーワードにした都会的なアルバムを制作したいと思っていた。イメージの行き場がなくなった中、南と話し曲作りをしてみると南のメロディーと自分のイメージが合い出した。そのまま「おいらぎゃんぐだぞ」などを夢中で作った。松本は「南佳孝の中に培ったものと、はっぴいえんど がなくなり、行き場のなくなったものが合体し、元祖・都市音楽みたいなものができた。」と語る。 南はアルバムについて「自慢するけど2週間で全部作った。いま作れって言われても絶対できないな。」と語り、当時、発売日にアルバムを買った小西康陽は「信じられないほど緻密なレコード。1年かけたと言っても信じる。歌詞と曲とアレンジと演奏が練り上げられている。」と、制作期間の短さに衝撃をうけた。 ”摩天楼のヒロイン”で昔風の音質で歌を取りたいが、色々と試しても気に入らなかった。「最後に紙を丸めて歌ってみたら、それがバッチリはまった」と当時の録音方法を明かした。 <南佳孝が思うプロデューサー松本隆> 「プロデューサーは松本隆がピカイチでしょう!頭ごなしに何も言わないのだけど最後にちゃんと着地している、人間的な懐の深さがあると思う。言葉で世界を作れちゃうからね。」と南。松本は「普段、自分の作品はほとんど聞かないのだけど、なぜか南の曲はカーステレオで聴く」と語る。

「~松本 隆 作詞活動50周年記念オフィ
シャル・プロジェクト~風街ちゃんねる

第4回:プロデューサー・松本隆(約86分)
配信日時:5月15日(土) 20:00~
※アーカイブ配信:6月11日(金) 23:59まで
内容:ミュージシャンの南佳孝と、小西康陽をゲストに迎え、歌詞で作品をプロデュースをする松本隆さんについて語り合う。
出演:松本隆
MC:宇賀なつみ
ゲスト:南佳孝 / 小西康陽

チケット
視聴券:1,100円(消費税込み)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着