夜の都会にそっと馴染んで

夜の都会をひとりで歩くのは、夜の田舎をひとりで歩くより、なぜだか寂しさを強く感じる。明るすぎるネオンも多すぎる人も孤独を色濃く強調するようで、胸の奥がグググッと苦しくなる。そんなときに添えてほしいアーティストこそ、音楽デュオのchillbill.だ。

ネット上での出会いをきっかけに、2019年11月より活動を開始。“夜のネオトーキョーを歩く”をコンセプトとした音楽を紡いでいる。
chillbill.の音楽は、距離感がなんとも絶妙なのだ。BGMよりも近くて街中の騒音よりも遠い程よい距離から、そっとローファイなサウンドを奏でている。トラックメイカーのorocodatが映画を好み、劇伴から影響を受けていることも少なからず関係しているのだろう。無理やり何かを押し付けるでもなく、誰かが影響を受けることを恐れるでもなく、chillbill.の音楽は心地よい距離感で刻まれていく。

先日配信が開始された「生きてるだけでちょーえらい」は、6月にリリース予定のアルバムから先行で届けられたもの。アコギを基調とした柔らかなサウンドは、ちる井のエアリーで甘い声を引き立てる。紡がれる言葉が心の奥底に沁みるナンバーだ。

chillbill. アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着