オススメJ-Indieプレイリスト『DIG
UP! - J-Indie -』更新 KOMONO LAKE
、ar syuraなど|5月2週目

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアー
ティスト

LAKE / KOMONO LAKE

自然派シティポップユニット、
が5月12日(水)にリリースした記念すべき1st EP『LAKE』のタイトルトラック。今年初めにプロデューサー、
(ex.
)とシンガー、
が結成し、これまでに4枚のシングルをハイペースでリリースしてきた同ユニットの集大成となっており、既存のシングル4曲と新曲である「LAKE」が収録されている。優しく神秘的な雰囲気を纏い、アンビエントのようなシンセサイザー、スチールパンの音色が魅力のポップソングに仕上がっている。

Ego hobo / ar syura

2021年1月よりVocal&Bass、Aki Kawanoとコンポーザー、yohkyuによって結成されたオルタナティブR&Bユニット、ar syuraの新曲。ユニット結成より行われている連続リリースの第4弾となっている。これまでにメロウ、壮大な楽曲をドロップしてきたが、今作はエネルギー溢れるリズミカルなトラックに。日本語で新しい表現のソウルミュージックへ挑戦する同ユニットの新境地を予感させる作品だ。

Fling / JADHU

2020年にVocalの
、Keyboard/Guitarの
、ロンドン出身の
が結成し、東京を拠点に活動する3人組エレクトロニックフューチャーバンド、
の最新曲。海の音がサンプリングされたイントロ、80年代を彷彿とさせるシンセサウンドが爽快で、フレッシュさとノスタルジーの両方を兼ね備えた音像に。Jによるソウルフルで綺麗な歌唱が夏の匂いを思い出させる。

the other side of the moon / LHRHND,Nenashi

UKのシンガー/ラッパー、Phoenix Troyと日本のビートメイカー、ggoyleによるユニット、LHRHNDが〈origami PRODUCTIONS〉のNenashiを迎えた1stシングル。孤独を感じやすい昨今の状況を“月の上”に例え、見えない裏側(the other side)に想いをめぐらせる気持ちを表現したラップソングとなっている。バイラルノイズや、パーカッションのリズムが心地よく、BGM使いにも適したメロウな曲調に。

empty girl / aymk

エレクトロユニット、口寄せや、進行方向通行別区分田中率いるロックバンド、古都の夕べでの活動を経てきたラッパー/シンガー/トラックメイカーのあゆ巫女によるソロ名義aymkが5月12日(水)に最新曲をリリース。ハイパーポップ、エモラップなどの影響下にあるサウンドをベースに、繰り返し歌われる”empty girl”のリフレインが印象的な楽曲。なお、トラックからミックス、アートワーク制作まで全て自身で行っているそうだ。


その他、注目のリリースにはCartoonHannah WarmLeppなどがラインナップされています。

第2,4木曜日更新のSpotifyセレクト『DIG UP!-J-Indie-』

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着