フールズ・ゴールドの2ndアルバム
『ミスター・ラッキー』は
歌も演奏も文句なしの傑作

本作『ミスター・ラッキー』について

そして、プロデューサーにキース・オルスン(フリートウッド・マックの『フリートウッド・マック』(’75)で大成功を収めた)を迎えて2ndアルバム制作のためにスタジオに入った彼らは、そこに多くのゲストアーティストがいることに驚く。結成間近のTOTOの面々(スティーブ・ルカサー抜き)、ブリティッシュ・ファンク・グループのキャド・ベルのメンバー数名、ギターにはワディ・ワクテルとアンドリュー・ゴールド、サックスのトム・スコット、キーボードとアレンジにはデビッド・フォスター、オルガンにビル・チャンプリン、アンドリュー・ゴールドなどなど、オルスンのやりたい放題の面子が揃っていて、グリネールはドラムを叩かせてもらえず、リビングストンもペダルスティールだけの参加となった。

オルスンの原価意識の低さによって、参加メンバーだけで制作予算をオーバーしてしまい、結局マスターテープはアリスタからコロンビアに売りに出されることになった。コロンビアも多額の出費で、プロモーション費用が捻出できないまま本作はリリースされたものの、予算削減のためメンバーはケリーとヘンソンの2人組になってしまうのだ(但し、ツアーでは4人で活動)。売れてるプロデューサーの勝手気ままなふるまいで、フールズ・ゴールドは宣伝もされず大迷惑を被ることになってしまったが、アルバムの内容は1stをはるかに凌ぐ傑作となった。ケリーとヘンソンのソングライティングは冴え渡り、全ての曲(収録曲は全部で9曲)が名曲だと言い切ってしまおう。

サウンド的にはウエストコーストロック的な部分もあるが、アレンジにはオルスンやフォスターが関わっているだけにAORテイストが大きい。しかし、実はケリー&ヘンソンのソフトロック的なソングライティングにはAOR的なアレンジが最も適していると言えるのではないだろうか。アルバム全体を通して、ジェフ・ポーカロのドラムとフォスター&ペイチの鍵盤プレイが歌伴であるにもかかわらずロックしまくっているのが爽快この上ない。これほどアグレッシヴな彼らのプレイは、ライヴ以外ではなかなか聴けない貴重なものだ。

2枚しかないフールズ・ゴールドのアルバムはどちらの作品も傑作であり、なぜか日本が世界に先駆けてCD化している。ということは、日本には彼らのファンが少なからずいるのかもしれない…。

TEXT:河崎直人

アルバム『Mr. Lucky』1977年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. スウィート・カントリー・エア/SWEET COUNTRY AIR
    • 2. 口笛が聞こえる/I CAN HEAR THE WHISTLE BLOW
    • 3. ラヴ・ユー/WOULDN'T I LOVE TO LOVE YOU
    • 4. ラニン・アンド・ハイディン/RUNNIN' AND HIDIN'
    • 5. フライ・アウェイ/FLY AWAY
    • 6. ジプシー・ブリュー/GYPSY BREW
    • 7. ミスター・ラッキー/MR. LUCKY
    • 8. ゴー・ロング/WHERE DID OUR LOVE GO WRONG
    • 9. キャプテン/CAPTAIN
『Mr. Lucky』(’77)/Fools Gold

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着