門松みゆき「THEカラオケ★バトル」
初優勝&配信ライブ決定「演歌歌手代
表に恥じない得点を」

2019年にデビューし、美貌と実力を兼ね備える門松みゆきが、5月30日(日)に放送されたテレビ東京「THEカラオケ★バトル」で優勝を勝ち獲った。

2歳のころから演歌に触れ、演歌を聴いて育ったという門松。16歳で作曲家先生の門戸を叩き、約10年の修行時代を経て25歳で念願の演歌歌手デビューを果たす。デビュー曲「みちのく望郷歌」ではオリコン演歌・歌謡曲チャートでいきなり初登場7位を獲得するなど、演歌界の大型新人として華々しくデビューを飾り、その確かな歌唱力で着実にファンを増やし続けている。

今回「カラオケ★バトル」への出場は初めて。ポップソングは苦手と語る門松は番組収録に向けて、猛練習の日々をこなした。予選では、高橋真梨子の「ごめんね」を歌い98.186点を獲得してCブロックを通過。予選を勝ち抜くことは予想外の結果で驚きを隠せなかった。

放心状態のまま臨んだ決勝では、DREAMS COME TRUEの「未来予想図II」を歌い自己最高の99.248点を叩き出し、見事優勝となった。練習でも一度も出せていなかった99点台を、なんと本番の決勝でマークするという奇跡を演じてみせた。演歌歌手が初出場で初優勝は門松みゆきが初のこと。令和を象徴する演歌界のニューフェイスが大番狂わせ起こした。今後のさらなる飛躍が期待される。

門松は「最初は不安な気持ちでいっぱいでした。正直強敵揃いで圧倒されてしまい、絶対にだめだと思っていました。ですので、優勝が決まったときは信じられませんでした。今でも実感が沸いていないんです(笑)。演歌歌手代表ということで恥じない得点が出せるように、とにかく必死に一生懸命練習した成果が出たのかなと思います。」とコメントした。

6月1日には、この優勝を記念してYoutubeにて生配信ライブをおこなう。番組での歌唱曲「ごめんね」「未来予想図II」もこの配信内で生歌唱する。

門松みゆき 3rdシングル『花の命』

2021年1月27日(水)発売
COCA-17829 / 1,227円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 花の命
 作詩 石原信一 / 作曲 藤竜之介 / 編曲 西村真吾
2. フランチェスカの鐘
 作詩 菊田一夫 / 作曲 古関裕而 / 編曲 西村真吾
3. 東京ブギウギ
 作詩 鈴木勝 / 作曲 服部良一 / 編曲 西村真吾
4. 小田原小唄
 作詩 石本美由起 / 作曲 遠藤実 / 編曲 未定
5. 花の命 オリジナル・カラオケ
6. フランチェスカの鐘 オリジナル・カラオケ
7. 東京ブギウギ オリジナル・カラオケ
8. 小田原小唄 オリジナル・カラオケ

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着