L→R 安藤太一(Gu&Cho)、佐藤 赳(Gu&Vo)、田中そら(Ba)、伊藤克起(Dr)

L→R 安藤太一(Gu&Cho)、佐藤 赳(Gu&Vo)、田中そら(Ba)、伊藤克起(Dr)

【kobore インタビュー】
ふとした時に見る
夕焼けのような存在になれたら

koboreらしさがありながら
ギリギリのラインを攻めた

冒頭を飾る「HIGHWAY」は情景が浮かぶ壮大な歌声から始まるし、この曲からも新しいkoboreを感じました。

佐藤
千鳥がやっている『相席食堂』というTV番組が好きで、そのオープニングを勝手に考えて旅の曲を作りました(笑)。この曲はお客さん目線で、もしも好きなバンドの機材車に乗った時に聴いてみたい曲というイメージですね。1曲目から新しさを感じてもらえたのは、お客さんが自分の好きなバンドに出会えるワクワクとか、お客さん目線で書いたものだからかなと。僕はBUMP OF CHICKENの機材車に乗った気持ちで書いたんですけどね(笑)。

「海まで」はギターの音色を含めて、今作の中でもまた雰囲気の異なる曲調ですね。

田中
ギターはボトルネック奏法をやっているから、それもチャレンジですね。レコーディングの一カ月前に買って練習してました(笑)。
佐藤
淡々と進んでいく感じというか、淡く広がりがある感じを表現したくて。もし僕が親父になった時に車の中で子供にこの曲を聴かせたいなと。歌詞の情景はありきたりだけど、伏線を回収したり、息継ぎしないサビが疾走感につながっていたり、自分でも不思議な曲に仕上がりましたね。

歌詞もすごくいいですね。特に伏線を回収する後半の歌詞にはゾクッとしました。

佐藤
僕もすごく気に入ってます。この歌詞がハマッた時は“キター!”ってなりました。“ありきたりだけど、すごく分かるわ!”という内容を絶妙なラインで書けたなと。特にサビは高い声を使わず、Aメロのまま進んでいくという。それで代わり映えのない日常感を出せたので、何回もリピートしたくなる曲になったと思います。
田中
最後のギターソロは最初“どうなんだろう?”と思ったけど、何度も聴くと癖になるんですよね。メンバーの成長も垣間見えて良かったです。

他にアレンジで大変だった曲は?

田中
めちゃくちゃこだわったのは「SUNDAY」ですね。3コードでずっとループしているだけなんですけど、最初と2回目のサビで聴こえ方が違うように工夫しているんですよ。歌詞は楽しげだけど、日曜日の次は月曜日が来るっていう切なさも感じるので、最後のサビからアウトロにかけてコード進行も切なくなるように変えました。ひとりでもそれに気づいてもらえたら嬉しいですね。

あと、ラスト曲「OITEIKU」はびっくりしました。ラップと2ビートを合わせた飛び道具的なナンバーですね。

田中
いつもなら1曲目に置くだろうけど、最後に置くことできれいにまとまるかなと。
佐藤
そうだね。最後に“やっぱりkoboreじゃん!”って思ってもらえるかなと。「海まで」のあとという曲順もヤバいですよね(笑)。

これはさきほどバンド名が出たORANGE RANGEの影響ですか?

佐藤
そうですね(笑)。これをkoboreとして取り込めたら強くなれるんじゃないかと。一歩間違えるとダサいけど、それをクリアする曲ができたらいいなと。koboreらしさがありながらギリギリのラインを攻めました。

「海まで」の中に《まるで隣にいるような歌を歌いたい》という歌詞もありますが、これは今作のタイトルの“Orange=温かみ”ともつがる部分を感じました。

佐藤
そうですね。夕焼けはふとした時に見れたりするじゃないですか。そうなるまではいろんな条件をクリアーしなきゃいけない。人間は夕焼けを当たり前に見れるような感覚があると思うので、koboreも常に隣で寄り添えるようなバンドでありたいなと。曲は聴きたい時に聴けばいいと思うし、ふとした時に見る夕焼けのような存在になれたらいいなと。

そして、6月から7月にかけて『FULLTEN TOUR 2021』が始まります。どんなツアーにしたいと思ってます?

佐藤
一本一本、いい歌を届けたいですね。やることは変わらないですからね。
田中
今回の新曲たちはライヴで聴いてもらうことで完成する曲もあると思うんですよ。だから、僕たちも楽しみだし、お客さんも楽しみにしてくれたらなと。

今作の楽曲はライヴで表現力がより問われる気がします。その辺りはどうですか?

田中
そうなんですよ!
佐藤
僕は不安はないですけどね。ツアー中は健康に気を遣わなきゃと思うぐらい。
田中
マジか!? 僕は不安があるのでちょっと怖いんで入念に準備します。

取材:荒金良介

EP『Orange』2021年6月9日発売 日本コロムビア
    • COCP-41480
    • ¥1,650(税込)

ライヴ情報

『FULLTEN TOUR 2021』
6/25(金) 福岡・BEAT STATION
6/27(日) 香川・高松DIME
7/07(水) 岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
7/09(金) 石川・金沢AZ
7/15(木) 大阪・心斎橋BIGCAT
7/18(日) 北海道・札幌cube garden
7/24(土) 宮城・仙台MACANA
7/29(木) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
7/31(土) 愛知・名古屋CLUB

kobore プロフィール

コボレ:2015年結成。16年にリリースしたデモ CD「ヨルノカタスミ」をきっかけに、17年開催の『ビクターロック祭り』に O.A 出演を果たすなど注目を集め、同年9月に1stミニアルバム『アケユク ヨル ニ』をリリース。19年1月にはキャリア初となるフルアルバム『零になって』を発表し、全国22カ所のツアーを開催。また、『ROCK IN JAPAN 2019』『MONSTER baSH 2019』『MURO FESTIVAL 2019』『FREEDOM NAGOYA 2019』など数々の大型フェスにも初出演を果たし、同年8月に1st EP『音楽の行方』のリリース。そして、20年8月にアルバム『風景になって』でメジャーデビュー。kobore オフィシャルHP

「夜空になりたくて」MV

EP『Orange』Teaser

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着