森重樹一(ZIGGY)

森重樹一(ZIGGY)

ステージに上がることが
僕にとってのロックンロール

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』。第15回目はZIGGYのリーダー&ヴォーカリストの森重樹一が登場。西城秀樹や沢田研二への憧れから始まり、ロックに触発され、洋楽にも強く影響を受けた少年時代だったが、ZIGGYのデビューから数年が経ったある時、そのモチベーションが揺らぐ出来事があった。困難や苦しい想いを経て、“今は自分が豊かだと思う”と語るその胸中とは?

“あのお兄さんになりたい”
っていうのが最初の始まり

森重さんが初めて人前で歌ったのはどんなステージでしたか?

3歳の頃に行った不二家レストランなんです。店内に舞台が設置してあって、そこで歌っている方がいたんですけど、それを観て僕は本能的に舞台に上がって、何かを歌ったと母から聞きました。たぶん『鉄腕アトム』の歌なんじゃないかと思うんですけど(笑)。

そんなに幼い時からですか! 森重さんの音楽のルーツには西城秀樹さんや沢田研二さん、フィンガー5への憧れもあり、中学生の時には近所のアパートに住んでいたミュージシャンの方にギターを教わっていたそうですね。

そうです。音つばめっていうフォークグループの元メンバーで、ギタリストの久保 豊さんにギターを指南していただきました。週一くらいで教えてもらってましたね。

それからロックに惹かれたのは、どんなところを魅力に感じたからなのでしょうか?

日曜日の午前中にAMラジオで“ポップスベスト10”みたいな番組があったんですよ。それを布団の中で聴きながら“この曲いいな”って思ってたんです。耳からの情報だけだから、どんなアーティストなのかは分からなかったけど、当時はTBSで『ぎんざNOW!』という素敵な音楽番組も放送されてたんですよ。銀座テレサから平日の夕方に生放送していて、木曜日に“ポップティーンPOPS”ってポップスのチャートがあって、今みたいにMVがないから、来日したシーンの映像に音楽をつけて2コーラスくらいかけてくれるんです。そこで動くミュージシャンを初めて観て好きになったんです。あとは、環境もあったかな? 髪を伸ばして、ロンドンブーツを履いてる人が街にいっぱいいましたから。親父が経営しているアパートにいた学生さんの中にジャズを好きなミュージシャンがいて、そこに遊びに行ったり、身近なお兄さんたちがたくさんいたのも大きいですね。一足飛びでジュリーや西城秀樹さんにはなれないけど、“よく見かけるあのお兄さんにはなれるかも”と思ったのが最初だと思う。

周りにロック好きの先輩方もいるから、ロックに対してマイノリティーな感じはなかったんじゃないでしょうか?

いや、そんなこともなくてね。中学2年生の時に観たKISSの公演が衝撃的で、父親に“どうしてもエレキギターが欲しい”って頼んで、勉強を頑張るっていう誓約書を書いて買ってもらったんですよ(笑)。国産メーカーのグレコの7万円くらいするEC700を買ってもらったら、俺がエレキギターを買ったことが職員室の先生にも広まってて、さらに他の中学校にまで“森重って奴がグレコのエレキを買ったらしい”って噂になったんです(笑)。だから、エレキギターを買うことは一般的なことではなかったんですよ。でも、もう僕の世代では“エレキ=不良”っていうイメージはなかったので、ギターを習いに行ったり、友達に「天国への階段」のイントロの弾き方を教えてもらって学んだりしてました。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。