『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)

『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)

Gacharic Spin、
セルフプロデュースによる
アルバム『Gacharic Spin』の
発売が決定&ライブレポートも到着

6月9日(ロックの日)にリリースした配信シングル「MindSet」が絶好調の、超攻撃的&ド派手な6人組ガールズバンド・Gacharic Spinが、6月20日(日)、東京・EX THEATER ROPPONGIで『LIVE 2021「 Dear_____ 」』を開催。そのステージ上で、9月8日(水)に初のバンドメンバーによるセルフプロデュースのメジャー5枚目のオリジナルアルバム『Gacharic Spin』をリリースすることをサプライズ発表した。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を施し、観客を会場キャパの1/2に制限して開催したこの日のライブは、新曲「MindSet」はもちろん、「赤裸ライアー」「Redline」「超えてゆけ」などの代表曲を含む全21曲、約2時間30分の劇熱のステージを展開。そしてライブ終盤のMCで、メジャー5枚目のオリジナルアルバム『Gacharic Spin』を、9月8日(水)にリリースすることをサプライズで発表。オーディエンスも大きな拍手でこれを祝福した。

初のバンドメンバーによるセルフプロデュースとなるこのアルバムは、「このようなライブがなかなかできないご時世の中でもバンド活動を続けていくんだ!」というメンバーの不退転の決意の表明として『Gacharic Spin』とバンド名が冠された。アルバム収録曲詳細は後日、先行配信シングル「MindSet」、今回のライブタイトルでもありオープニングナンバーとしてパフォーマンスされた「Dear」など全10曲が収録される予定だ。

商品は通常盤のほかに、昨年10月に開催された配信ライブ“11th Anniversary Live 「Gacha Chronicles 2009-2020 ~縁と縁で繋ぐ今~」”より厳選された10曲を収録したDVD付きの初回限定盤Type-A、「MindSet」他計2曲のミュージックビデオとメイキングムービーを収録したDVD付きの初回限定盤Type-Bの3形態でリリースされる。

そして、メンバーのF チョッパー KOGAとはなの高校の同級生でもある女性フォトグラファー・コザイリサの撮影、矢野宏のアートディレクションによる、アンジェリーナ1/3の背中にボディーペイントされたド派手なバンドロゴがインパクト大の初回限定盤Type-A、彼女のクールな表情が印象的な初回限定盤Type-B、そしてメンバー6人の個性が満載の通常盤、計3種類のジャケット写真も公開されたのでこちらも要チェックだ!

さらに、CDショップやeコマースで各種特典がゲットできるキャンペーンの内容も一挙に発表された。主要eコマース(タワーレコード オンライン、HMV&BOOKS online、Amazon.co.jp、楽天ブックス、ビクターオンラインストア)では、期間限定スペシャル先行予約キャンペーンとして、6月20日(日)20:00から7月25日(日)23:59までの期間で、初回限定盤Type-A・初回限定盤Type-B・通常盤のうちいずれかをご予約いただいた方に全員に、初回限定盤Type-AのライブDVDに未収録となった「JUICY BEATS」「シャキシャキして!!」「Lock On!!」計3曲を収録した、非売品の『11th Anniversary Live Gacha Chronicles 2009-2020 ~縁と縁で繋ぐ今~ Special CD』がプレゼントされる。

7月31日(土)にYouTubeで生配信される、メンバー5人(はな、F チョッパー KOGA、TOMO-ZO、オレオレオナ、アンジェリーナ1/3)によるインターネットサイン会が開催される。ビクターオンラインストアで6月20日(日)20:00から7月25日(日)23:59の期間にお好きなメンバーの販売カートで予約購入されると、ご指定のメンバーのサインとご購入者のニックネームを入れたメンバー別ビジュアル違いのアナザージャケットがプレゼントされる。

そして、渋谷店をはじめとするタワーレコード全店舗またはタワーレコード オンラインでご購入されると、9月25日(土)14:00より、タワーレコード渋谷店B1 CUT UP STUDIOから無観客で生配信されるリリース記念ライブが視聴できるのでこちらもチェックしていただきたい。

配信シングル「MindSet」に続き、ニューアルバムのリリースも発表したGacharic Spin。新たなライブとして、12月に20歳となるアンジェリーナ1/3を祝福して、東京・Zepp Haneda TOKYOにて、2022年の成人の日である1月10日(月・祝)に、『Gacharic Spin Live 2022「アンジーなりの成人式」~夢は口に出せば叶う!!~』の開催もステージ上で発表された。コロナ禍でも決して足を止めない彼女たちの動きから目を離すことはできない!

【F チョッパー KOGA(Ba) コメント】

「2019年10周年を迎えるタイミングで新しい血が加わり新しく生まれ変わった私達。そこからコロナの影響で自粛の間、バンドに対して自分自身に対してたくさん向き合って、その中でうまれたメッセージ性の強い曲たちを集めた熱い1枚になっています。今回の制作は、初のメンバーセルフプロデュース!!個性溢れる歌声、演奏、曲、アレンジ、歌詞、、、表情がコロコロ変わるワクワクする内容になっていると思います!! Gacharic Spinはエンタメ色の強いイメージがあると思うけど、今回は前作よりさらにガツッとバンドサウンドが目立って今のGacharic Spinを表現するのにふさわしいアルバム! だから、アルバムのタイトルは「Gacharic Spin」とバンド名をつけました。今年で結成12周年。これまでたくさんの作品を届けていきましたが、「まずどれを聴いたらいいの?」っいう声には、真っ先にこのアルバム「Gacharic Spin」をと答えたくなるバンド人生1番の自信作です!!」

【ライブ レポート】

 SEが流れ始めるや否や一斉に立ち上がったガチャマン、ガチャピン子(ファンの呼称)の拍手で迎えられたはな(Vo.&Gt.)、F チョッパー KOGA(Ba.)、TOMO-ZO(Gu)、オレオレオナ(Key)、アンジェリーナ1/3(Mike Performer)。後方にはyuri(Dr.)がお休み期間に入って以降、サポートプレイヤーとして参加しているLEVIN(Dr./La'cryma Christi)もいる。そして1曲目、昨年の自粛期間中に制作されたCD未収録の新曲「Dear」がスタート。はな&アンジェリーナ1/3がステージのセンターに横並びで立っている姿が目を引く。2019年に現在のメンバー編成となって以来、何度も観ている2人の立ち位置だが、一層揺るぎのないコンビネーションが確立されていることをライブ序盤から感じることができた。はながエネルギッシュに響かせる歌声と絶妙に絡み、ガチャマン、ガチャピン子を激しく巻き込んでいくアンジェリーナ1/3が非常にかっこいい。思うようにライブができない状況が続いているが、Gacharic Spinが着々と進化を遂げていることを実感した。

 昨年3月にリリースされたアルバム『Gold Dash』の曲の他、様々な時期の曲も随所に織り込まれていたセットリストが多彩な表現スタイルで届けられていく様から片時も目を離すことができなかった。「道化ism」と「宝物」が披露されたアコースティックコーナーの後、ステージにはなのドラムセットが登場。“ボーカル&ギター”だったはなが、突然“ボーカル&ドラム”となり、F チョッパー KOGA、TOMO-ZO、オレオレオナ、アンジェリーナ1/3と演奏する5人編成ガチャピンへと変身したのは、中盤の大きな見せ場だった。「JUICY BEATS」を皮切りに、轟く爆音を全身で感じながら激しく拳を振り上げていたガチャマン、ガチャピン子。6人編成とはまた一味違うスリリングなアンサンブルがステージ上で形成されていた。

 LEVINが再登場して、再び6人編成に戻った後半戦は、「Redline」や「赤裸ライアー」など、エネルギッシュなナンバーを連発。そして「Gold Dash」が披露された後、リーダーのF チョッパー KOGAが想いを語った。「活動がなかなかできなかったら、その間にみんなが離れちゃうんじゃないかと、正直、メンバーの中に不安っていうのはあって。それでも足を止めないで活動を続けることがちゃんと形になっているんだなと、改めて今日感じました。でも、まだ完成しているとは思っていません。みんなの声が聴きたいです。ライブDVDを観て、みんなの声が私たちの音を作っている大切なパートなんだなと思ったの。みんなも大変なことがいっぱいあると思うけど、私たちも頑張っていくから。一緒に今のこの状況を乗り越えて行きましょう。頑張っていきましょう。これからも応援よろしくお願いします!」。この言葉を噛み締めつつ聴いた本編ラストの「超えてゆけ」は客席にいた我々の心を鼓舞する曲であったと同時に、前進し続けること誓うガチャピンの宣言としても真っ直ぐに迫ってきた。

 アンコールは、はなが“ボーカル&ドラム”の 5人編成のガチャピンだった。6月9日に配信リリースされた新曲「MindSet」が披露された後、「9月8日に初のセルフプロデュースアルバム『Gacharic Spin』をリリース」「“47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS Restart!!” 9ヶ所の日程が決定」「来年の1月10日にZepp Haneda TOKYOでGacharic Spin LIVE 2022「アンジーなりの成人式」~夢は口に出せば叶う!!~を開催」――嬉しい告知が続いて、大喜びの拍手で包まれたEX THEATER ROPPONGI。そして「LUX」と「今を生きてる 〜2021年 梅雨〜」も届けられて終演を迎えた。

 前向きな姿勢を捨てず、創意工夫と遊び心も忘れずに歩んできたガチャピンだからこその姿が、あらゆる場面で示されていたのが今回のライブだったと言えるだろう。LEVINがサポートを務めた6人編成、はなが“ボーカル&ドラム”の5人編成、アコースティックコーナーでの2曲――それぞれならではの魅力があったが、何が起こったとしても「Gacharic Spinは最高なんだ!」と胸を張れる自分たちであることを決して諦めなかった12年間の軌跡が背景にあるのを感じた。そんな彼女たちが鳴り響かせる音楽は、いつでも我々を奮い立たせてくれる。これからもかけがえのない存在であり続けてくれるに違いない。

撮影:ゆうと。/ライター:田中 大

<セットリスト>
『Gacharic Spin Live 2021「Dear_____」』
2021年6月20日(日)at EX THEATER ROPPONGI
01 Dear
02 MUSIC BETTLER
03 デジタルフィクション
04 起死回生forever
05 Lost AngeL
06 the first star
07 ルラララ
08 道化ism
09 宝物
10 JUICY BEATS
11 永久Nomission
12 常識デストロイヤー
13 ハンティングサマー
14 FRUST RATION
15 Redline
16 赤裸ライアー
17 Gold Dash
18 超えてゆけ
《アンコール》
19 MindSet
20 LUX
21 今を生きてる ~2021年 梅雨~
アルバム『Gacharic Spin』2021年9月8日(水)発売
    • 【初回限定盤type-A】(CD+DVD)
    • VIZL-1920/¥5,500(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 「MindSet」、「Dear」 他、計10曲収録予定
    • ※収録内容詳細は後日発表させていただきます。
    • ■DVD
    • ・11th Anniversary Live 「Gacha Chronicles 2009-2020 ~縁と縁で繋ぐ今~」ライブ映像
    • 収録曲:Lux、起死回生Forever、超えてゆけ、道化ism~Acoustic version~、永久No mission、逆境ヒーロー、FRUSTRATION、Redline、Gold Dash、今を生きてる~2020年秋~(計10曲)
    • 【初回限定盤type-B】(CD+DVD)
    • VIZL-1921/¥4,400(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • ※初回限定盤type-AのCDと同じ
    • ■DVD
    • ・「MindSet」他計2曲、Music Video & Making Movie
    • 【通常盤】(CD)
    • VICL65540/¥3,300(税込)
    • <収録曲>
    • ※初回限定盤type-AのCDと同じ
『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)
『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)
『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)
『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)
『LIVE 2021「 Dear_____ 」』(Photo by ゆうと。)
アルバム『Gacharic Spin』【初回限定盤type-A】(CD+DVD)
アルバム『Gacharic Spin』【初回限定盤type-B】(CD+DVD)
アルバム『Gacharic Spin』【通常盤】(CD)
Gacharic Spin

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着