おとめが魅せる、昭和ポップス×音ゲ
ーの化学反応

懐かしいのに新しい

どこか懐かしい香りを漂わせながら、キュートでリズミカルなサウンドを鳴らすシンガーソングライター、おとめ。歌唱や作詞・作曲はもちろんのこと、イラストレーションまで器用にこなし、自身の世界観を描き出している。

そんな彼女のルーツにあるのは、昭和ポップスと音楽ゲームだ。新川博船山基紀YMOなどから強い影響を受けており、DTMが進歩した今であっても、あえてノスタルジックな音のチョイスをしている。それでいて、音楽ゲームで使われる楽曲のように、ビートが明確かつ軽やかだ。だからこそ、おとめの作り出す音楽は、哀愁を放ちつつも重々しくなく、スッと耳になじむのだ。

先日配信が開始された『Time Travel Captive』は、80’s × Disco Techをコンセプトに作られた1枚。キラキラと輝くサウンドは、夜のドライブにもぴったりだ。インストバージョンも入っているので、ぜひ歌ありと聞き比べてほしい。

おとめ Time Travel Airport アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着