『MARI & REDSTRIPES』からうかがう
日本のポップス職人、杉真理の求心力

活き活きとしたバンドアンサンブル

オープニングのM1「ムーンライト・ベイビー」こそ、ピアノ中心の短いナンバーでしっとりと聴かせてはいるものの、続くブルージーなM2「気まぐれママ」からはそのバンドサウンドの本領が発揮されていく。Aメロ~Bメロ(特にBメロ)はメロウで、サビではロック的に圧しが強くなるという展開そのものに起因しているのかもしれないが、生真面目に、それでいて力強くビートをキープするドラムを根底に置いて、その上をベースが躍動的に鳴り、軽快なカッティングを聴かせるギターとブルース調に響くギターとで、サウンド全体を彩っていく。さらにアウトロではフリーキーに奏でられるピアノがとてもいい具合に重なり、その弾けるようなメロディーに呼応するかのようにグルーブが増していく様子は、この楽曲の聴きどころのひとつでもあろう。いい意味で過不足のないコーラスがヴォーカルパートをさりげなく支えているところも聴き逃せないと思う。

デビューシングルでもあったM3「思い出の渦」では、そのバンドアンサンブルはさらに本領発揮。リズムギターが淡々と楽曲を引っ張る一方で、ベースラインはやはり独特の動きを示し、リードギターはそれとはまた違った旋律を重ねていく。弦楽器の絡み合いがとても面白い。さらに、コーラスが本性を露わにしていると言ってよかろう。少し牧歌的な印象もありつつ、どこか切な気な雰囲気もある歌の主旋律を、ハーモニーによってふくよかにしているというか、コーラスを重ねることによって単純に終わらせない味付けが成されているのは間違いない。間奏においても重要なポジションを取っている。また、この曲は間奏のサウンドが興味深い。あれは何らかしらエフェクトのかかったエレキギターではないかと思って聴いたのだが、鍵盤のようでもあり、ウインドシンセのようでもあり、何とも不思議な音色が、やや不思議な歌詞世界にもマッチしているようで、これもまた聴きどころだと思う。

M4「トゥナイト」、M5「表通りで」、M6「はやく君を抱きたい」は、それぞれにタイプは異なるものの、いずれもギターがカッコ良い。ブルージーに歌メロに絡んでくるM4。キレのいいカッティングを見せるM5。そのM4とM5の中間とも言えるニュアンスで、時に滑るように、時にしっかりとリズムを意識しながら弦をかき鳴らすM6。共通点としては、どれもこれもロックを感じさせながらも、粗野でなく、お洒落な感じに仕上げているのがポイントではあろうか。もちろん、ギターだけが優秀というわけではなく、M4であればストリングスを配してドリーミーかつドラマチックにしている点や、M5はソウルフルなコーラスワーク、M6では間奏でしっかりと存在感を見せるピアノなど、各パートのプレイも決して無視できないのが、MARI & RED STRIPESらしさと言えるだろう。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着