明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた
」反戦歌昭和歌謡特集に小室等、新谷
のり子、竹村淳ら

7月2日(金)20時からBSテレビ東京にて放送される「武田鉄矢の昭和は輝いていた」に小室等新谷のり子、竹村淳らが出演する。

今回は戦争の愚かさ、平和の大切さを歌った昭和歌謡を特集。歌詞とメロディーで戦争の愚かさを唱え、平和の尊さを訴えた昭和の名曲にスポットを当て、歌を通して「戦争」と「平和」を考える。

世界で唯一の被爆国である日本。原水爆をテーマした曲からは、「原爆を許すまじ」「ゲンシバクダンの歌」を紹介。ゲストの小室の持ち歌でもある「ゲンシバクダンの歌」の作詞は劇作家の別役実だが、直筆の歌詞にはある但し書きがあり、その内容も番組内で明かされる。また、小室は同曲を生歌で披露する。

さらに番組では、8歳の時に横浜大空襲を体験し、平和への想いが強かったという美空ひばりが歌う、「一本の鉛筆」を紹介。

そのほか、今なお多くの歌手が歌い継ぐ反戦歌「さとうきび畑」の誕生秘話も。自身の兄を沖縄戦で亡くした藤田まことが同曲を歌う超貴重映像は必見だ。加えて、17歳の兄から家族へ送られたハガキの言葉に、スタジオが涙する。

また、ベトナム反戦歌や小室「死んだ男の残したものは」、新谷「フランシーヌの場合」に秘められた想いも明かされる。

「激動の時代」と言われた「昭和」は、日本人が振り返りたくなる魅力にあふれています。 この番組では、昭和を象徴する「人」「モノ」「できごと」から、毎回ひとつのテーマをピックアップ。当時の映像・写真を盛り込み、「昭和」の魅力を再発掘していきます!

「武田鉄矢の昭和は輝いていた」

7月2日(金)20時00分~20時54分
放送:BSテレビ東京
司会:武田鉄矢 / 福田典子(テレビ東京アナウンサー)
ナレーター:城ヶ崎祐子
ゲスト:小室等(フォークシンガー) / 新谷のり子(歌手) / 竹村淳(音楽ジャーナリスト)

紹介楽曲1
原爆を許すまじ / アンサンブル・ヴェルソー
ゲンシバクダンの歌 / 小室等(※スタジオ生歌)
一本の鉛筆 / 美空ひばり
さとうきび畑 / 藤田まこと
艦砲(かんぽう)ぬ喰(く)ぇー残(ぬく)さー / でいご娘
教訓I / 杏

紹介楽曲2
死んだ男の残したものは / 小室等
フランシーヌの場合 / 新谷のり子

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着