心地よいトラックと歌声

物理的距離が離れていても一緒に制作をすることが、もはや当たり前になった昨今。ラッパー/シンガーのPhoenix TroyとプロデューサーのggoyleからなるLHRHNDも、ロンドンと日本という距離をものともせず、精力的に活動するユニットだ。

もともとやっていたダンスをきっかけに、音楽へと興味を持ったggoyle。ヒップホップの元ネタをググり、Pharrell Lanscilo Williamsに憧れ、トラックメーカーとしての道を歩み始めた。
だからなのか、ggoyleの作るビートは心地よく揺れることができる。Phoenix Troyの低音ボイスも深く豊かに絡み合い、音楽に奥深さを与えているのだ。

先日配信が開始された「pocket full of gum」は、フィーチャリングにSUSHIBOYSを迎えたナンバー。キャッチーな歌詞と軽快なサウンドには、コラボレーションだからこそ生み出せた新たな世界が広がっている。

LHRHND Namy& Records アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着