STU48の2期研究生『夏の瀬戸内ツアー
~昇格への道~』ダルマの左目に墨入
れ昇格祈願

STU48号での最終公演で発表された夏のツアーが7月17日(土)からスタートした。2期研究生は昇格を目指し「STU48 2期研究生 夏の瀬戸内ツアー~昇格への道~」と題し瀬戸内7県のライブハウスをまわり、1期生・ドラフト3期生は「STU48 瀬戸内サマーツアー2021~サングラスデイズ~」と題し山口・香川・兵庫のホールをまわる。ツアー最終日の9月12日(日)広島サンプラザホールで行われる夜公演ではメンバー全員が出演。

7月17日(土)山口・RISING HALLで2期研究生による『夏の瀬戸内ツアー~昇格への道~』を実施。

『思い出せる恋をしよう 』『少女たちよ』『オーマイガー!』『12秒』『手をつなぎながら』と全員でのパフォーマンスを5曲続けて披露。MCでは渡辺菜月が「ファンの方から9月12日の昇格祈願としてこちらをいただきました」と合図があるとSTU48のイメージカラーでもある水色のダルマが舞台上に登場。尾崎世里花から「このダルマに墨を入れたいと思うのですが、昇格祈願なので1番運のいいメンバーに入れてもらう方が昇格できそうな気がするので、じゃんけんで決めましょう!」と提案がありメンバー全員で、じゃんけんをすることに…見事、勝ち抜いたのは吉崎凜子!ダルマの左目に墨を入れファンの皆様の前で昇格祈願を行った。

ダルマはそのまま舞台後方に飾られ今後もツアーに同行しメンバーの祈願を来場してくださるファンと一緒に見届ける。その後は自己紹介をし『片思いの入り口』『誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで』『誰かといたい』『あの日から僕は変わった』とユニット曲を4曲続けて披露。

ユニットでのパフォーマンスがSTU48先輩メンバーの楽曲であることからMCでは田中美帆が「今村美月さんに憧れていて、憧れの先輩のユニット曲をできてとても嬉しいです」とコメントすると、迫 姫華は「私は先輩みたいに大人っぽく踊れてたかな?」などコメントし、それぞれのユニット曲への思い入れを話した。

続いて『清純フィロソフィー』『レモンジュース』『言い訳Maybe』『大声ダイヤモンド』『僕は逃げない』を全員で披露。短めのMCを挟み『ペダルと車輪と来た道と』『僕らの春夏秋冬』を披露し、公演は一旦終了。

そして、観客の手拍子でアンコールが始まり、『ポニーテールとシュシュ』『ナギイチ』『ごめんね、SUMMER』『真夏のSounds good!』をメンバー全員で披露し、再登場。MCでは山口県出身の工藤理子が「最初はすごく緊張していましたがファンの皆様の顔を見たら安心してパフォーマンスできました。地元山口でツアー初日が迎えることができて本当に嬉しいです。」とコメント。

同じく山口県出身の渡辺は「すごくいい緊張感とテンションで初日が迎えられました!これからツアーで行く地域でも今のこの気持ちを忘れない様に日々精進していきます。」と地元愛とツアーへの想いを語った。

最後は『夢力』を披露。小島愛子が「みんなで昇格できるように一生懸命頑張っていきます。9月12日の広島サンプラザホールを満員にできるよう私たちの挑戦は続く。応援よろしくお願いします。」と今後の意欲を見せツアー初日を無事に終えた。

実施概要

イベント名:STU48 2期研究生 夏の瀬戸内ツアー~昇格への道~
日時:2021年7月17日(土) 
昼公演 開場13:00/開演14:00  夜公演 開場17:00/開演18:00
会場:山口県・RISING HALL 出演メンバー:池田裕楽・尾崎世里花・川又あん奈・工藤理子・小島愛子・迫 姫華・鈴木彩夏・高雄さやか・田口玲佳・田中美帆・中廣弥生・南 有梨菜・吉崎凜子・吉田彩良・立仙百佳・渡辺菜月

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着