夢を掴んだその先にある人生にヒカリアレ LiSA「play world! feat.PABLO」[しゅかしゅんYUNA Urock! 第104回]

夢を掴んだその先にある人生にヒカリアレ LiSA「play world! feat.PABLO」[しゅかしゅんYUNA Urock! 第104回]

夢を掴んだその先にある人生にヒカリ
アレ LiSA「play world! feat.PABLO
」[しゅかしゅんYUNA Urock! 第104回
]

大阪☆春夏秋冬のYUNA(ユウナ)です。

Urock!104回目になりました。
今月は『スポーツ』というテーマでお届けしています。
そしてお久しぶりにやってきました
月1回のロケ企画!
今回は7月のテーマ『スポーツ』に関連付けて【esports hotel e-ZONe ~電脳空間~】というeスポーツ特化型ホテルを紹介したいと思います。
メンバーの中でもスポーツに興味のあるEONちゃんを連れてロケに行ってきました!
そして今回選んだのは、eスポーツ大会「レインボーシックス Japan Championship 2020」の公式ソングにも決定した1曲。
大阪・esports hotel e-ZONe ~電脳空間~
難波駅または日本橋駅から歩く事7分。
このビルだけ、異質な雰囲気と存在感を放っておりました。外観からすでにゲームの世界に引き込まれていきそうな。
『eスポーツ×宿泊×大阪』をコンセプトに、B1から8Fまでの全9フロアにe-sports設備を併設した複合型ホテルになっています。
24時間最高の環境でゲームができるという素晴らしさですよ、、、。ゲームというイメージから連想される空間はゲーム好きにはたまらないはず。
まずはゲーミングフロアと宿泊フロアにお邪魔したので、紹介していこうと思います。
1階から3階は、ハイスペックPCフロア。
レッドやブルーの照明で、ゲーム空間が表現されており、PCやゲーミングチェアがずらりと並んでいました。
これだけで大迫力、、、! 非日常感そのものですよね。
各階には大型モニターが設置されていて、フロアでプレイしているゲーム画面や、大会のゲーム配信画面を大型モニターに映すことでより迫力のあるゲーム観戦を楽しむこともできるそうです。
4階から6階は、男性専用キャビンフロア。
照明に照らされた世界中の言語のタイポグラフィアートが印象的な空間。
キャビンでの宿泊に凄く興味があったものの中々近づけずにいたのですが、これで印象が変わりました。睡眠するには十分な広さですし、凄く綺麗でした。
7階は部屋毎にテーマがあり、様々な異世界空間を味わえる個室フロア。
部屋の中には人数分のベッドとハイスペックPCが備え付けられていました。
人目を気にせずゲームをしては、眠くなればすぐ後ろのベットで寝られるなんて夢みたいですよね〜。
8階は女性専用キャビンフロア。男性のフロアとは真逆の雰囲気を持った和空間。
明るく温かみのあるライトで居心地最高でした、、、。
女性用は足元が少し広く、シャワーも同フロアで済むので安心して利用できそうです。
というところで1階に移動しまして、スタッフさんにやり方を教えてもらいながら実際にゲーム体験(Apex)をしてきました。
YUNA――ここにくれば全部揃っているから家でやるよりも、良い空間ですよね。
スタッフ――家に回線が引けないとか、回線が高いから契約できないっていう学生さんたちも来てくれますね。
YUNA――この最高の一式セットを揃えようと思うとね、、、!
スタッフ――そうですね。結構高くなるので。
YUNA――家から一歩出てゲームをしに行くって良いですね。
スタッフ――ここも外の世界をあまり感じないですけど、ここに入ったら、非日常感を味わえるっていう意味では良いのかな〜と。
YUNA――誰からの声も受けずにゲームできますもんね。
スタッフ――そうそう。親にうるさいって言われませんしね(笑)。
YUNA――でもゲームの世界って盛りあがってますよね。大会に参加している年齢層だとか、大会での賞金とかも凄い額。
スタッフ――オリンピック競技になるかならないか、みたいなところもあって、法律も緩くなりつつあります。でも日本じゃまだ賞金の額が制限されていて。
YUNA――あれでも低いんですね!
スタッフ――海外だと17歳が1億円をとったとか。日本もそこまで緩くなったらもっと盛りあがるんかなあと思います。
YUNA――ゲーム配信とかYouTubeで見るの好きです。みんなで会話しているのとか、銃の音とか不思議とずっと見てられる。
スタッフ――上手いプレイ見てたら面白いですしね。
一方でEONちゃんはスタッフさんのアカウントを借りてゲーム配信中〜。
EON――うわわわ〜!! なんか降りてしまった! 今のはどういう意味の単独出撃ですか? って言われた(笑)。やばすぎる。
YUNA――あ、同じチームの人に(笑) ?
EON――そう(笑)。
スタッフ――これ、負けたらうちのスタッフのアカウントに傷がつくっていう(笑)。
YUNA――人から見たらこのアカウントは弱い状態では無いってことですね(笑)。
スタッフ――そう。まあまあ強い状態(笑)。だからなんでこいつこんな動きしてるねん!? って事になってると思う。このランクやのになんで?? って(笑)。
EON――危ないよー。誰が敵に撃たれたんですか?? 敵が誰か分からない、、! あっ、殺された(笑)。誰か〜、助けてくれ〜。
どっぷりゲームを楽しんでるEONちゃん。これは何時間も滞在しちゃいますよね、、、。
ここまで充実しているスペースなのですが、ゲームし放題で1泊1600円〜という驚きのお値段。1ヶ月使い放題のサブスクプランなんかもあったり、凄いお得なので是非調べてみてください。
どんどん熱くなるゲームの世界と、熱狂者。そんな風に‟好きに遊び尽くす”というのをテーマに書かれた曲についてのコラムに移っていきます。
LiSA「play the world! feat. PABLO」
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
力強い足踏みと手拍子から始まり、鼓動を高鳴らせるイントロ。
何かが始まりそうな所に被さってくるLiSAさんとPABLOさんの歌声は噛み付くような迫力です。
ついつい一緒に声をあげたくなってしまいますよね。
標的になるものに向かって立ち向かう瞬間。その時にゾクゾクするのならば、もう決意が固まった最強の姿なのかもしれません。
今生きている世界の中で、どれだけ遊び尽くせるのかというワクワク。
いろんな遊び方がある中で‟全部を好きにやり尽くしてやる”という興奮が伝わってきます。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
ゲームの戦いが始まる合図が響き渡り、勝利が決まる寸前。
準備してきたあの時の自分や、今の自分にもう一度自問自答をします。
答えは1つ。胸を張って一歩を踏み出すのです。
自分が好きなことでも、やめたくなったり好きだった理由がわからなくなる時だってありますよね。
でもずっとやり続けたいというのは心のどこかにあって。
だけど結果に囚われず、好きなことをやっている時間を存分に味わうと原点に帰れることありませんか?
スタートしてからが本当に楽しい自由の入り口なんだと奮い立たせてくれることで、やっぱり好きであるという確信が得られるはずです。
私が歌い踊り続けるのもそこに似たものがあって。
踊る事に楽しさを感じなかったり、自分を表現することが難しい時期も正直ありました。
でも結果がどうであれ、ステージに立てているその瞬間にやっぱりやってきてよかったなって感じるんです。
周りの人や環境、メンバーに奮い立たせてもらいながら今もこうやってステージに立てています。
この先ももっともっと多くの人に出会いたい。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
自分の存在を示すように声を上げています。
誰しもが主人公であることを認めてよいものだと思わせてくれますよね。
後悔かどうかは自分の思い込みや考え方次第。
後悔はさせないと自分に誓うことで、きっと良い未来が訪れるはず。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
例えずっと続けてきたものが終わってしまったとしても、人生が終わるわけではないというような歌詞には私も心を打たれました。
今まではしゅかしゅんがなければ自分でないと思っていましたが、そうでもないのかもしれない。
少しずつ自分の全部を大切にできるようになってきました。
犠牲だと考えるのではなく、全部大切に思っていて良いんだなあって。
チーム戦のゲームだとしたら、例え1回きりだったとしてもそこでの繋がりを大切にしていきたいですよね。仲間だけでなく戦った相手のことも。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
目を合わせてくれたならば、目を見つめ返す。
声をあげて言葉を伝えてくれたなら、声を出して言葉を返す。
愛をくれたのならば、愛を返す。
逆も然りで、自分がそうすればきっと帰ってくるものがあるはずです。
それができるからわかり合えてるなあって実感できますし。
私自身、良くも悪くも感情表現が下手くそなのでなんとかやっていかなきゃなあと思っていますが、、、。
実は、先日LiSAさんのLADYBUGツアー初日の大阪城ホールに行ってきました。
もちろんその時にもこの曲も歌われていたのですが、LiSAさんのライブってすごく愛を感じるんです。お客さんが遊び尽くせるような空間づくりが本当に上手で。そこにはやっぱり愛がある。
だからこんなにも愛されるんですよね。
足音と手拍子だけで楽しめる方法を考えてくれて、それを演出にする事でさらに会場が一体になっていました。
その景色を見て、人だけでなくちゃんと目を逸らさずに向き合っていかなきゃなあと感じました。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
この先の人生がどうなるかなんてわからないけれど、どんな未来が待っていようとそれを最高だと感じていたいものです。
この曲って迫力があるのに、どこか胸が熱くなって涙が出そうになるんですよね。
人の感情に似ているところがあると思っていて。
喜怒哀楽ってどの瞬間にでも涙がつきものだと思いませんか?
どんな瞬間も自分にとって大切なものになっている証なのです。
人を愛すのも愛されるのも同じくらい簡単で同じくらい難しい。
愛されることで守らなくてはいけないものが増えたり、自分以外のことを考える瞬間が沢山出てくると思います。
そんな時に一つに絞らなくてはいけないなんて事はなく、興味を持ったもの全部に愛をぶつけてその中で本当に好きなものに突き進めば良いんです。
それもあなたの自由!!
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
人にもらったものをありがたく思ったり影響されるだけじゃなく、もっと自分の人生に刺激を与えていこう。
そんなことが歌われていますが、何事も革命だと思う事によってもっと人生が楽しくなるという安心すらも与えてくれます。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
人から嫌味を言われたり、言われているのを聞いてしまったり。
言われる理由がわかっていようが、わからなかろうが自分を見下してくる人って寂しいですよね。
辛い時くらい誰かを頼ってみる。
1人じゃしんどい時はきっと誰かが一緒に噛み砕いて一緒に飲み干してくれるはずです。
歌詞に自分の人生を照らし合わすことができれば、もうそれはあなたの歌でもあるのです。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
さっき書いたように、自分が何かに属していなければ何者でもないなんて事はありません。
ここの歌詞は生死に至るまでがリアルに描かれています。
それだけリアルだからこそダイレクトに届くものがあるし直接的に救ってくれる、そんな歌でもあります。
運命は自分で掴みにいくものだと良く言われますが、全部がそうでもないと思っていて。
手招きするようにやってくる運命までもを頼りながら自由にやり尽くしたいですね。
play the world! feat.PABLO 歌詞 「LiSA」
https://utaten.com/lyric/mi20101316
ゲームの世界に詳しいわけでもないですが、これだけゲームが愛されて沢山の人の興奮を産む理由が、この曲を通して少しわかってきた気がします。
一度限りの人生には何通りもの遊び方があるんだ・・・と思わせてもらえました。
自分の名前をもっともっと叫べるくらい、人を愛して愛されていきたいです。
その中でも、これを読んでくれているあなたに出会えてよかったと本当に思っています。
ありがとう。
またどこかで会えますように!
Play the world!!
どうでしたでしょうか?
eスポーツにも注目してみたくなりましたし、一度このホテルも利用してみたいなあと思いました。
最高の空間でぜひ遊び尽くしてください!!
You rock!!

しゅかしゅんINFO
【リリース】
■最新アルバム『BRAVE SOULS』 CD発売中&配信中
【イベント】
※国及び各都道府県からの要請に基づき変更となる場合もございますので、イベントの実施に関しましては各所ホームぺージ、SNS等でご確認の上、ご参加下さい。
■『“波”天荒FES』
[日程] 2021年7月23日(金・祝)
[会場] 兵庫・神戸Harbor Studio / Wメリケン波止場 / 旧神戸港信号所フリーライブ会場
[時間] 開場10:30 / 開演10:45
▷詳細はこちら
■『関ケ原唄姫合戦 SEKIGAHARA IDOL WARS 2021 in 尾張』
[日程] 2021年7月24日(土)
[会場] 愛知県国際展示場
▷詳細はこちら
■『NEVERLAND SUMMER BASH』
※MAINAソロ出演
[日程] 2021年7月25日(日)
[会場] 奈良・ネバーランド
[時間] 開場・開演 18:00
■『六本木アイドルフェスティバル2021』
[日程] 2021年8月1日(日)
[会場] KT Zepp Yokohama
[時間] 開場 12:00 開演 13:00
※ライブの模様は「テレ朝動画」にて生配信予定!
■大阪★春夏秋冬 presents『MUSIC MONKEY FES 2021』
[日程] 2021年8月15日(日)
[会場] 大阪・服部緑地野外音楽堂
[時間] 開場 12:00 開演 13:00
[出演] 大阪★春夏秋冬、フィロソフィーのダンス、代代代、リリー楽綺団、他
【TV】
■サンテレビ『#Nuts Porker』
※EON準レギュラー出演中!
毎週土曜日深夜24時00分~
※放送時間は週により変更になる場合がございます。
▷詳細はこちら
【RADIO
■e-radio(FM滋賀)『radiomax』
2021年7月31日(金)15:00~19:00
※EON出演(第5週目レギュラー:大阪☆春夏秋冬)
▷詳細はこちら
【BOOK】
■『IDOL FILE Vol.22 WEDDING DRESS』発売中
※MANA掲載
■『Kyoto & Shiga Creative Life Magazine Leaf』8月号発売中
※MANA連載コラム掲載
■『おとめ失格』コミックス第1巻(2021年5月14日発売)の帯にYUNA、RUNAが登場!!
【関連リンク】
▷MAGKAN
▷公式Twitter:@MAGGardenKansai
▷『おとめ失格』HP
【WEB】
■YouTube『しゅかしゅんのバラエtv』
▷YouTube Channel
■「Let you fly」ダンス・プラクティス動画YouTubes公開中
<YouTubeタイトル> 大阪☆春夏秋冬 / 「Let you fly」 Dance Practice Video @LIVE HOUSE
▷視聴はこちら
■MAINA作詞・作曲「春風」Music Video、YouTubeにて公開中
2021年2月27日に放送された読売テレビ「御社のMVつくります」で制作された、MAINA作詞・作曲「春風」のコラボMusic VideoがYouTubeにて公開中!
▷大阪☆春夏秋冬 / 春風 -Collaboration MV-
■WEB【SPICE】インタビュー掲載中
▷インタビューはこちら
■2020年6月に実施したオンライン単独ライブ『MABU~From LIVEHOUSE~』ライブ映像YouTube公開中
▷動画はこちらから
この記事を書いた人

YUNA(ユウナ)
1999年5月26日生まれ(双子座 /A型/一人っ子)
▶Twitter
▶Instagram
▶U rock!記事一覧

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着