【ライブレポート】工藤晴香「音楽をやっていて本当によかった」DJくどはるも登場したワンマンライブで夏を満喫

【ライブレポート】工藤晴香「音楽をやっていて本当によかった」DJくどはるも登場したワンマンライブで夏を満喫

【ライブレポート】工藤晴香「音楽を
やっていて本当によかった」DJくどは
るも登場したワンマンライブで夏を満

DJくどはるも登場!工藤晴香、ワンマンライブで夏を満喫

工藤晴香が7月25日、東京・Zepp Hanedaにてワンマンライブ「PLANET SUMMER」を開催した。
「工藤晴香」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/37214
1stシングル『Under the Sun』(2021年7月7日発売)のリリースを記念して行われた本公演は、第1部が降幡愛をゲストに迎えたトーク、第2部がバンドセットでのライブという2部構成で進行。
ここでは第2部の模様をレポートする。
ワンマンライブ「PLANET SUMMER」東京・Zepp Hanedaライブレポ
ほぼ定刻通りに客電が落とされると、ステージ後方に設置されたスクリーンに宇宙空間の映像が映し出される。“会場全体を地球から「PLANET SUMMER」へワープさせる”という趣旨の演出だ。
やがて定位置についたバンドメンバー4名がヘヴィなアンサンブルを奏で始めると、フロアはブルーやレッドのペンライト光で埋め尽くされていく。
そこへ、宇宙人を思わせるシルバーのロングスカートを身にまとった工藤が、愛機PRS(ポール・リード・スミス)を抱えて登場。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オーディエンスは声を上げることなく精いっぱいのスタンディングオベーションで迎え入れる。
するとメカニカルなギターリフが場内に響き渡り、約4カ月ぶりとなるワンマンライブの幕は、疾走系ラウドナンバー「ROCK STAR」で切って落とされた。
バックバンドはギタリスト2名が7弦ギター、ベーシストが5弦ベースを駆使する“多弦仕様”。
その編成がもたらす重低音サウンドがフロアを支配する中でも、工藤の透き通ったフェアリーボイスは一切埋もれることなく聴衆の耳と心を貫いていく。
続けざまに「Thunder Beats」「IRON SOUND」が披露され、会場は全力ヘッドバンギングなどで熱く応戦した。
無言を保ちながらもすっかりヒートアップした客席に向かい、工藤は「みんなに会いたかったよー!」と破顔一笑。
「世の中いろいろあるけど、今日はこの“夏の惑星”でみんなと楽しい時間を過ごせたらと思います。何もかも忘れて、楽しんでいきましょう!」と高らかに告げた。
続く「Magic Love」「My Story My Life」「アナタがいるから」では、ギターを置いてハンドマイクで歌唱。
舞台中央に設置されたお立ち台も活用しながら、手振りも加えたキュートなパフォーマンスで客席を魅了する。
そして再びPRSを手にすると、緊迫感あふれるダンサブルなラウドナンバー「KEEP THE FAITH」、ライブでのみ披露されている未音源化曲「Cry for the moon」、鉄板の人気ナンバー「GROOVY MUSIC TAPE」「MY VOICE」をクールにプレイ。
ライブが終盤に差し掛かったところでは、ソロアーティストとしての活動に対する感慨も口にした工藤。
「ありがたいことに曲も増えて、こうしてライブもできるようになって……音楽をやっていて本当によかった。みんなのおかげです。ありがとう!」と感謝の言葉が告げられると、会場を温かな拍手が覆い尽くす。
感動的なムードの中、スタンドマイクスタイルで披露されたバラード曲「君へのMHz」、爽やかさを併せ持つラウド曲「それぞれのPLANET」、今月リリースされたばかりの1stシングル曲「Under the Sun」と、比較的ポップ色の強い楽曲を連発して本編は終了した。
アンコールでは、サプライズとして“DJくどはる”が登場。これは、シングル『Under the Sun』のカップリング曲「MY VOICE (ナユタン星人 Remix)」「KEEP THE FAITH (TeddyLoid Remix)」を披露するための措置として「DJをやるしかない」との判断で盛り込まれた演出とのこと。
同曲のほか、ナユタン星人のオリジナル曲「エイリアンエイリアン」なども含む約10分間ほどのDJミックスがプレイされた。
その後再びバンドメンバーがステージに呼び込まれ、この日のラストナンバーに選ばれたのは「Memory Suddenly」。
工藤は左手にマイク、右手にGoProという特殊なスタイルでこれを歌い、この曲のみ撮影を許可されたオーディエンスたちも、必然的に片手にペンライト、片手にスマートフォンを掲げる格好に。場内ほぼ全員が両手をフル活用する光景が繰り広げられる中、すべての曲目が終了。
最後に工藤はお立ち台からオフマイクで「ありがとうございましたー!」の生声を会場中に轟かせ、満面に笑みをたたえて名残惜しそうにステージをあとにした。
また本公演中には、9月23日に東京・Zepp DiverCityにて開催されるワンマンライブ「MAGICAL ROCK CITY」の詳細も新たに発表された。
文 / ナカニシキュウ
Photo by Jumpei Yamada
工藤晴香 PLANET SUMMER セットリスト
Zepp Haneda
2021 年 7 月 25 日(日)
OPEN 17:00 / START 17:45
1.ROCK STAR
2.Thunder Beats
3.IRON SOUND
4.Magic Love
5.My Story My Life
6.アナタがいるから
7.KEEP THE FAITH
8.Cry for the moon
9.GROOVY MUSIC TAPE
10.MY VOICE
11.君へのMHz
12.それぞれのPLANET
13.Under the Sun
EN1. Mixed By DJくどはる
―KEEP THE FAITH [TeddyLoid Remix]
―ダイスキ with TeddyLoid
―ダイキライ feat. ちゃんみな
ーDie Younger feat. KOHH
―エイリアンエイリアン
―パオパオチャンネル
―ダンスロボットダンス
―MY VOICE [ナユタン星人 Remix]
EN2. Memory Suddenly

ワンマンライブ情報
工藤晴香ワンマンライブ
1部:くどはるーむ
2部:MAGICAL ROCK CITY
■公演日程
2021年9月23日(木・祝)
1部:開場 13:15 / 開演 14:00
2部:開場 17:00 / 開演 17:45
※開場/開演時間は情勢を鑑み、変更になる場合がございます。
■会場
Zepp DiverCity

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着