視覚を担うからこその音で

“バンド”という言葉が、演奏者だけをさしていたのはひと昔前のこと。最近では、VJがメンバーにいるバンドも増えてきた。zo×もまた、VJやフォトグラファー、ディレクションなど、マルチに活動を展開するクリエイターだ。

2020年11月まではBroke down Carのメンバーとして活動、現在はYATAの一員としてクリエイションを手掛けている。
普段、視覚的な部分を担うことが多いからなのか、彼の手掛ける楽曲は映像的だ。わかりやすく、Aメロ・Bメロ・サビと線引きをするというよりも、物語が進んでいくかのごとく自然に音楽も流れていく。全体像を描きながら、ひとつひとつのパートを丁寧に作りこんでいくクリエイターこそ、zo×なのではないだろうか。

先日配信が開始された「槃罪」は、彼にとって2曲目となる作品。高校時代の友人であるmoshimoを迎え、美しくもダークなナンバーに仕上がった。

zo× アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着