BTS、10週連続米ビルボード 「HOT100」1位! ビルボード「'Butter'今年最多1位曲」

BTS、10週連続米ビルボード 「HOT100」1位!  ビルボード「'Butter'今年最多1位曲」

BTS、10週連続米ビルボード 「HOT10
0」1位! ビルボード「'Butter'今年
最多1位曲」

「Butter」、「HOT100」チャートで最も多く1位を獲得した曲に!!

BTSが破竹の勢いで10週連続米ビルボードのメインシングルチャート 「HOT100」1位を守った。
米ビルボードは2日(現地時間)、公式ホームページに掲示した記事を通じ、「BTSのデジタルシングル'Butter'が最新チャート(8月7日付)で通算9回目の'HOT100'1位になった」と伝えた。
【オタク用語一覧】オタク用語の意味・使い方・例文はこちら!
BTS「Dynamite」歌詞の意味やMVの世界観を解説!虜になる人が続出する訳は?
https://utaten.com/specialArticle/index/5716
これで「Butter」は1月から3月までの8週間、「HOT100」で1位を獲得したオリヴィア・ロドリゴ(Olivia Rodrigo)の「drivers license」を抜いて今年の「HOT100」チャートで最も多く1位を獲得した曲となった。

BTSは「Butter」で6月5日にチャート入りすると同時に「HOT100」で1位となり、7週連続トップを維持していたが、7月24日にチャートにて新曲「Permission to Dance」で1位「バトンタッチ」を記録している。
先週(7月31日付)のチャートで再び「Butter」で「HOT100」のトップに返り咲き、最新チャートまで連続して1位を獲得した。

BTSはストリーミング、ラジオ放送の回数、音源の販売量など様々な数値を総合し、米国で最も人気のある曲ランキングをつける「HOT100」チャートにて2曲で、10週間トップを守り、米国内での熱い人気と影響力を立証した。
「Butter」は特に「デジタルソングセールス」チャートでも9回目の1位を獲得した。

ビルボードはMRCデータを引用して「7月29日までの週間集計で'Butter'の米国内ダウンロード数とストリーミング回数はそれぞれ11万2,900万件、810万件で、ラジオ放送聴取者数は3,050万と集計された」と説明した。

BTSは昨年「Dynamite」(3回)で韓国歌手初のビルボード「HOT100」の1位を獲得して以来、フィーチャリングに参加した「Savage Love」のリミックスバージョン(1回)、アルバム『BE』のタイトル曲「Life Goes On」(1回)、「Butter」(9回)、「Permission to Dance」(1回)で通算15回の「HOT100」のトップを記録した。

ビルボードで新たな歴史を書き下ろすBTSは、10カ月と2週間で5曲を「HOT100」にて1位を記録し、1987-88年マイケル·ジャクソン(9カ月と2週間)以来最短期間で記録を更新、個人ではないグループとしては62年のビルボード史上唯一「HOT100」チャートで「ホットショットデビュー」(チャート入りと同時に1位を記録)以来、7週間以上1位を守り、自分たちの別の曲で「HOT100」1位を達成した。
Photo by BIGHIT MUSIC

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着