那須川天心が最後の3戦へ…… 9/23
RISE横浜大会でバンタム級王者・鈴木
真彦と対戦

『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』が9月23日(木・祝)にぴあアリーナMM(神奈川県)で開催される。
同大会への参戦が決まっていたRISE世界フェザー級王者・那須川天心の対戦相手が、RISEバンタム級王者・鈴木真彦に決定した。なお、この試合はバンタム級(-55kg)での対戦となる。
▼バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
那須川天心(TARGET/Cygames)
vs
鈴木真彦(山口道場)
那須川天心はボクシングへ転向するため、キックボクシングは残り3戦と宣言している。その最初の1戦の相手が鈴木真彦となった。
鈴木真彦はガンガン前に出て打ち合うパンチ力を武器にしたファイタータイプで、2018年11月にトーナメントを制してRISEバンタム級チャンピオンに。天心とは2015年に対戦しており、この時は1R・KO負け。2020年11月の『那須川天心挑戦者決定トーナメント』に出場するも、決勝で志朗に敗れて天心と対戦できなかった“悲願”の相手だ。
会見で鈴木は「このような再戦の機会をいただいて感謝しています。那須川選手は世界で一番強い選手だと思います。僕は那須川天心という存在を追っかけてRISEに参戦しましたし、敗戦を忘れたことはないです。一発当てて、みんなどうせ負けるやろと思ってるけどそこをひっくり返したい」と6年越しのリベンジに闘志を燃やす。
対する天心は「KOはめちゃめちゃ意識しますね。そこはマスト」とKOでの勝利にこだわりを見せた。
残り少なくなってきた天心のキックでの試合。その貴重な相手に選ばれた鈴木真彦は、積年の思いを9・23横浜のリングにぶつける。
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』では、その他、以下のカードが決定している。
▼RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 準決勝(1) 3分3R延長1R
大﨑一貴(OISHI GYM/第2代RISEスーパーフライ級王者、初代WMC日本フライ級王者、LPNJフライ級王者)
vs
志朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝、ISKAムエタイ世界バンタム級王者)
▼RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 準決勝(2) 3分3R延長1R
風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ5位)
vs
政所仁(魁塾/WBKF世界スーパーフライ級王者、J-NETWORKフライ級王者)
▼RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 決勝戦 3分3R延長2R
トーナメント準決勝(1)の勝者
vs
トーナメント準決勝(2)の勝者
※対戦カードは変更の場合もある
▼スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
実方拓海(TSKjapan/同級2位、WMC日本スーパーライト級王者、LPNJスーパーライト級王者)
vs
伊藤澄哉(戦ジム/同級5位)
さらに、以下の選手の参戦が決定しており、カードが決まり次第発表される予定だ。
・原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
・白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者、第5代RISEライト級王者、RIZIN KICK ワンナイトトーナメント優勝)
・直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/第7代RISEライト級王者、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)
・“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者、元J-NETWORKウェルター級王者)

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着