ゴールデンボンバーがエアバンドにな
った理由が明らかに!? 久々の有観客
ツアー最終公演で見た、本気で熱いエ
ンターテインメント

楽器を弾いたらサヨウナラ

2021.7.25(SUN)ぴあアリーナMM
影アナとして注意事項を伝える前に、本ツアーを支えてくれたスタッフへの拍手をお願いし、会場中から盛大な拍手が贈られた瞬間、「もう泣きそ~」と樽美酒研二(Dr)は声を震わせていた。久しぶりに有観客で開催されたツアー『楽器を弾いたらサヨウナラ』が、この日、いよいよファイナルを迎えるのだ。
間髪をいれず、喜矢武豊(Gt)の華麗な早弾きと、“ギターを弾くことが大好きなんだ”という、エアーバンド、ゴールデンボンバーの根幹を揺るがしかねない告白映像が映し出される。同時に鬼龍院翔(Vo)が異常なまでに生演奏を嫌い、その圧に抗えないメンバーは空虚な“楽器に興味ありません”アピールを繰り返している。尊敬する先輩・DAIGOに「女々しくて」のギターソロを褒められたなら、深く語り合いたい! しかしそんなことが許されはずもなく、堪え続けた喜矢武には異変が!? 不安定な状態のまま、ライブは幕を開けてしまうのであった。
オープニングを飾ったのはツアー主題歌「THE ガマン」。今まで喜矢武がギター愛を押し殺して挑んできた様々なパフォーマンス映像とともに、《偽りの姿はいつまで続けられますか?》という歌詞が映し出される。続く「暴れ曲」といい、本来は演奏しがいのあるハードチューンが多いのだ、ゴールデンボンバーは。
キスミー! 鬼龍院のいつもの挨拶からメンバー紹介がスタート。喜矢武は自ら、役者もやってますアピール。主役級の大役が来るかも!?などと夢を膨らませる一方で、流行に乗って「ポケットから淳(キュン)です」と軽く自己紹介するも、イヤな汗をかくはめになる歌広場淳(Ba)。日本の素敵な文化、腹筋太鼓に挑戦すると樽美酒が声を弾ませたら、そのまま「抱きしめてシュヴァルツ」へ。ギターソロでは“大役”ならぬ“鯛役”を手に入れた喜矢武が登場し、腹筋太鼓に挑む樽美酒は、傾斜の付いた台からスルリと足が抜け、着ていた衣服もうまいこと脱げて、全裸に見えるパンイチ姿に。さらに失神太鼓からの失禁太鼓?!
「首が痛い」、「毒グモ女(萌え燃え編)」、「かまってちょうだい///」というヴィジュアル系らしい曲たちは、首を押さえたり、コブシを突き上げたり、ジャンプしたり、声を出さなくても楽しめる曲でもあって。彼らの想いを受け取った観客は、いつもより高いジャンプ、力強いヘドバンで体いっぱいに喜びを表現、会場は一気に熱くなる。そして「絶対に被ってはいけない熱々ローションパーティーゲーム」と題された映像パートでは、白ブリーフ姿の4人が熱々ローションを頭に乗せて、ドッヂボールやボクシングなどを行い、ローションが溢れるたびに悶絶、非常に熱くなるのであった。
ホール会場では昼夜2公演だったために泣く泣くカットした演劇ブロックが、アリーナ公演で再開。クラスメイト・喜矢武への禁断の恋に悩む鬼龍院と、鬼龍院への恋心と、実はヴァンパイアというWの秘密を抱える喜矢武との学園物語。胸の高鳴りとともに「死 ん だ 妻 に 似 て い る」、喜矢武の本音に触れた喜びと戸惑いが詰まった「男心と秋の空」、些細な誤解からすれ違ってしまった2人に訪れる「さよなら、さよなら、さよなら」、ようやく通じ合えたからこその別れ、「HEN」の曲中で訪れる再会、てな感じで演劇と演奏が交互に展開されていく。
逆サイドステージに移動した4人は、ゆっくりと客席を見回し、みんなではなく、集まってくれた君=ひとりひとりと目を合わせていく。そして歌広場のスウィンギングなベース(弾いてないけど)から始まる「咲いて咲いて切り裂いて」で一緒に踊るのだ、大切な君と。幸福な余韻に浸る間もなく放たれた、喜矢武の「ボルダリングでオリンピックに出る」宣言を経由して手渡された「101回目の呪い」は、“生きろよ”と願い、力の限り応援、目の前にいるすべての君を守る決意が詰まった歌だった。
メインステージに戻る際に生まれる空白の時間もきっちり埋めるのがゴールデンボンバー。影武者による「Dance My Generation」がギターソロに差し掛かれば、到着早々、喜矢武が段ボールダリング(段ボール製のボルダリング)に挑み、まんまと壁が破れて落下。“ですよねー”な空気の中、ポップでロックな「キスミー」をシンプルに届けたら、「#CDが売れないこんな世の中じゃ」を全身全霊全力のパフォーマンス。オーディエンスはマスク越しの笑顔で応えるしかないわけだけど、ぴあアリーナMMは確かに強固なひとつになった。
今か今かとアンコールを待っていると、スクリーンにステージ裏の様子が映像トラブルによって映し出される。ライブ中、ギターを弾こうとしていたのがバレた喜矢武が、鬼龍院に殴られる衝撃映像だ。ステージに再び姿を現した4人に漂う不穏な空気。喜矢武による「ボルダリングは諦めたが、シンクロナイズドスイミングでオリンピックを目指したい」なんて前振りで「ホテルラブ」になだれ込めば、ギターソロではもちろん、水着に着替えた喜矢武がパートナー(人形)を抱えて登場。熱湯風呂サイズのプールで雑な技をキメていく。次の「女々しくて」までに早着替えで戻ってきた喜矢武は、間奏が近づくと何かを覚悟したようにギターにケーブルを繋ぎ、弾き始めた瞬間、感電。シンクロで濡れた体が仇に……。病院のベッドに横たわる喜矢武に宣告された植物状態。遂に鬼龍院から生演奏を禁止してきた理由が明かされる。過去にバンドで野外フェスに出演。突然降り出した雨により、ギタリストとベーシストが感電死。さらにドラムスティックがドラマーの頭に刺さるという不幸な事故も重なったという。鬼龍院から溢れ出た涙が喜矢武を目覚めさせ、その後、喜矢武の首から生えていたとんでもなく長い毛がアースとなって放電していたことが判明、あっさりギター演奏OKに。そしてスクリーンにはエンディングロール。感謝の気持ちを手渡すように「さらば」を熱唱する鬼龍院。なぜか喜矢武にだけ降り注ぐ雨に感電しながらも首毛アースに助けられ、ギターが情感豊かに鳴り響く。
ダブルアンコール。鳴り止まない拍手に迎えられて感激するメンバー。「ライブのありがたみを感じましたので。生活が破綻しない程度にライブ楽しもうな」と話した後、少しバツが悪そうに、「普通なら前向きなことを言うべきなのに、ネガティブワードを言ってしまう私です」と付け足した鬼龍院。しかしそれはとても楽観的ではいられない私たちの現実と向き合っているからで。ファイナルに向けて作ってきた新曲に関しても、1ヶ月先すら見えない状況の中、自分なりにもがき、極力人に会わずにスキルを上げることを模索し、ダイビングの免許を取りに行った際に生まれたという「おさかな地獄」を披露。サウンドにも、映像にも、衣装にも、オマージュとユーモアが交錯する貫禄のロックナンバーでギュッと締めたと思いきや、先ほど不慮の事故で中断した「女々しくて」の続き、喜矢武待望のギターソロを生演奏。ラストは全員で笑って踊って大円団だ。
全部を出し尽くし、シアワセに包まれた会場を離れがたい4人は、ステージの端から端まで何度も行ったり来たり。そして最後に鬼龍院が振り絞るように叫ぶ。「生きていればいろんなことがあるでしょう。嫌なことがあったら、僕らと会えるライブを想像してください。用意します。約束です。そのためにはまず僕らが元気でいること、そしてみんなもライブに来れる程度の元気を取っておいてください。必ずまた会えます。100パーセントです!」。この約束を交わすことこそが、コロナ禍で葛藤しつつも、ゴールデンボンバーがツアーを敢行した意味であり、多くのファンが会場に集まった理由だった。“次に会うまではこれを楽しんでおいてね”とばかりに、終演直後に新曲「THE ガマン」と「おさかな地獄」の配信が開始された。
取材・文=山本祥子 撮影=菅沼剛弘

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着