柚希礼音・新妻聖子・May J.(トリプ
ルキャスト)、大谷亮平ら出演 ミュ
ージカル『ボディガード』の再演が決

2022年1月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2月に東京・東京国際フォーラムホールCにて、ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版が上演されることが決定した。
本作は、1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で世界中で大ヒットを遂げた映画『ボディガード』を舞台化。グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめ、映画の楽曲をふんだんに使った本ミュージカルは、「英国ローレンス・オリヴィエ賞」で、最優秀作品賞を含む4部門にノミネートされ、18か月の英国&アイルランドツアーは完売しウェストエンドへ凱旋。オランダ、ドイツ、韓国、カナダ、イタリア、オーストラリア、スペイン、フランス、オーストリア、米国等世界中で上演され、日本では、2019年9月に本場英国キャストによる初の来日公演を果たした。
さらには、2020年春に新演出にて日本キャスト版の初演を東京・大阪にて予定していたが、コロナ禍の影響で政府からの要請に基づき、東阪で予定の33回公演の内、大阪公演5回のみの上演となり、殆どの公演回が中止となった。だが、この度、多くの方の期待に応えるために、再演することとなった。
振付・演出を手掛けるのは、前回と同様ジョシュア・ベルガッセ。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のNBC ミュージカルドラマ『SMASH』の振付でエミー賞を受賞、そして2018年には宝塚歌劇『WEST SIDE STORY』の演出・振付を担当するなど華やかな経歴の持ち主が、創意工夫に満ちたステージングで『ボディガード』のパワフルできらびやかな世界を創り上げる。
キャストには、華やかなルックスと圧倒的なカリスマ性で多くの観客を魅了する柚希礼音と、抜群の歌唱力で数々のミュージカル作品で主演を務める新妻聖子が前回に続き出演。さらに新キャストとして、紅白歌合戦にも出場し、歌姫として幅広い世代から支持を集めるMay J.が加わり、映画ではホイットニー・ヒューストンが演じた人気絶頂のポップシンガー、レイチェル・マロン役をトリプルキャストで演じる。そして、映画ではケビン・コスナーが演じ世界中の女性を虜にしたレイチェルを守るボディガード、フランク・ファーマー役として、端正なルックスと確かな演技力で映画やドラマで活躍中の大谷亮平が初演に続き出演。レイチェルの姉で、才能ある歌手だが表舞台は妹に譲って生きるニッキー役にはAKANE LIV 、レイチェルにつきまとう正体不明のストーカーを佐賀龍彦(LE VELVETS)・入野自由(ダブルキャスト)、広報担当サイ・スペクターに今回が初登場となる猪塚健太、旧来のボディガード、トニー・シベリに大山真志、そして彼女を支え続ける人望厚きマネージャー、ビル・デヴァニーには吉本新喜劇の内場勝則が出演する。
熱狂と興奮と愛に包まれた、ミュージカル『ボディガード』の再出発となる本公演に期待しよう。
柚希礼音 コメント
2020年、残念ながら途中で中止になってしまった『ボディガード』。こうして再演させて頂けることになり嬉しさと幸せで胸がいっぱいです。
沢山の素晴らしい楽曲を、心を込めて皆様に伝えられるように自分と向き合い、精進を重ねて参ります。
昨年とはまた違う、今の自分が思う“レイチェル・マロン”を追求し、感謝を込めて演じたいと思います。
この作品を通して、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。
新妻聖子 コメント
生まれて初めて買った洋楽アルバムは、映画『ボディガード』のサウンドトラックでした。小学生の頃から慣れ親しみ、幾度となく勇気をもらってきた名曲の数々を、レイチェル役としてパフォーマンスできた事は私の誇りです。
「何があってもステージには背を向けない」劇中でレイチェルが掲げる信念通り、日本初演キャストとしての熱い想いを再びこの舞台にぶつけたいと思います。
二年越しのご縁に感謝して、一回一回を大切に演じて参ります!
May J. コメント
子供の頃に家族と映画のビデオを観て以来、ずっと憧れていた役を演じることが叶い、信じられない気持ちです。実は、
この作品の一ファンとして、2019年の来日公演を拝見しました。歌、ダンス、衣裳等全てが素晴らしく、沢山の名曲が聴ける贅沢な時間は想像以上で本当に感動しました。今度は私がそのステージに立たせていただけることがとても嬉しいです。歌手の役ですので、私自身と通じる部分があるのではないかと思います。しっかりと演じられるよう努力していきます。皆様と劇場でお会いできるのを楽しみにしています。
大谷亮平 コメント
私自身、『ボディガード』の再演を願っていた一人でもあるので、お話を頂いた時はとても嬉しかったです。
昨年、数日ではありましたが、この作品で初舞台を踏み、その時に感じたものは今でも自分の中に残っているので、そ
の経験も生かしながら、新たな気持ちで取り組んで行こうと思います。
『ボディガード』の再演を楽しみに待ってくださっている方々に向けて、心に残るような素敵な舞台をお届けできるよう、これからの稽古に励んでいきますので是非楽しみにしていてください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着