ネオブルースを叫んで

“現代のポピュラーミュージック、全て始まり”とも言われている、ブルース。おじさんが好む渋い音楽なイメージもあるが、そんな固定概念を打ち破ってくれるアーティストこそ
だ。
もともとは、
して活動していた
。「伝統的なブルースという音楽をもっと知ってもらいたい」という願いのもと、2019年からWang Dang Doodleとして走り始めた。彼女たちが鳴らしているのは、ブルースを踏襲しながら現代的な要素も取り入れた“ネオブルース”だ。楽曲構成やリリックなどでブルースに敬意を示しつつ、サウンド面では新しいアプローチを積極的に繰り出していく。大衆音楽になじみがありつつ、ルーツミュージックを愛するふたりだから生み出せた音楽なのだ。
先日配信が開始された「Shining Light」は、キャッチーかつノスタルジックなダンスチューン。思わず口ずさみたくなってしまうサビと絶妙なグルーヴで回転していくメロは必聴だ。

Wang Dang Doodle アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着