ZOMBIE-CHANG / We Should Kiss ZOM
BIE-CHANGの『SPIN.DISCOVERY』での
ライブ映像が公開! 会場の空気を塗
り替えたフロア・ライクなパフォーマ
ンスを収録

TOKYO SOUNDSの新シリーズ“Live Session”にて、ZOMBIE-CHANGのパフォーマンス映像が公開された。
本映像は7月9日(金)に東京・新木場USEN STUDIO COASTにて開催されたSpincoaster主催イベント『SPIN.DISCOVERY -SPECIAL-』の様子を収めたもの。「We Should Kiss」は2017年発表のシングル曲。翌年リリースの3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』にもバンド編成でアレンジされたver.が収録されている。

今回はミキサー一体型のDJ機材とマイクのみのシンプルな編成で、自ら曲を繋ぎながらのパフォーマンスを披露。トラックは8bit風な音色も取り込んだローファイな質感のディスコ・パンク。ZOMBIE-CHANGのボーカルはときに抑揚を抑えつつも、どこかレトロでエキゾチックな空気感を湛えており、このアンビバレントな組み合わせがたまらない。随所でエフェクトも駆使し、次の曲へとシームレスに繋がっていく彼女のフロア・コンシャスなパフォーマンスは、これから深夜帯に突入するというこの日のイベントの流れとも完全にマッチ。USEN STUDIO COASTに熱量の高いダンス・フロアを作り上げた。

Photo by Yuma Yoshitsugu
Text by Takazumi Hosaka


【リリース情報】

Kuro 『Ayakashi』

Release Date:2021.06.12 (Sat.)
Label:Spincoaster
Tracklist:
1. Ayakashi
2. Ayakashi (PARKGOLF remix)


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

(1)楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

(2)SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

(3)アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■TOKYO SOUNDS: オフィシャル・サイト(https://tokyosounds.com/) / Twitter(https://twitter.com/_tokyosounds_) / Instagram(https://instagram.com/tokyo.sounds)

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着