クラシックホールの中にふわりと響く
Wakanaの柔らかくしなやかな歌声 『
Wakana Anime Classic 2021』大阪公
演オフィシャルレポート

10年を越えるキャリアを下地に、2019年にソロシンガーとしてデビューを果たしたWakana。昨年12月、珠玉のアニメソングにクラシックアレンジを施し歌唱したカヴァーアルバム『Wakana Covers ~Anime Classics~』をリリースし、『Wakana Anime Classic 2020』と題したライブを東京・紀尾井ホールにて開催。そしてこの夏2回目となる『Wakana Anime Classic 2021』を大阪・東京の2カ所で開催することとなった。今回はお盆も終わりの8月15日に住友生命いずみホールで開催された大阪公演の模様のオフィシャルレポートが届いたのでお届けする。

今回の会場である住友生命いずみホールは、舞台奥に鎮座するパイプオルガンやきらびやかな8基のシャンデリアが素晴らしいクラシック音楽に特化したホールだ。なんでも1.8〜2秒というクラシック室内楽にふさわしい残響時間が実現できるようホールの設計も計算され尽くしているという。15時オンタイム、橋本しん(Sin)〈音楽監督・P〉、室屋光一郎〈V〉、結城貴弘〈Ce〉に続いて、純白のロングドレスに身を包んだWakanaが大きな拍手に迎えられて登場した。両手を大きく左右に広げて一礼した後、ライブのオープニングとして『魔女の宅急便』より「やさしさに包まれたなら」、『天空の城 ラピュタ』より「君をのせて」というジブリ映画を代表する人気の2曲を披露。温かで伸びやかな彼女の歌声が高い天井を誇るホールの上から降り注いでくるようで、ライブ開始早々うっとりとしてしまう。
「大阪のみなさんお久しぶりです。昨日から雨がすごく降っていて…無事に皆さんが来られて良かったです。今日はアニメの名曲、そして心の中の思い出の曲もお届けできるかもしれません。最後までよろしくお願いします」との挨拶を挟み、次の曲へ。歌声を聞いていると、少し憂いを含んだ夏の日の情景が目の前に広がっていく。会場に漂う余韻の中、Wakanaの独唱で始まったのは「風のとおり道」だ。『となりのトトロ』の劇中で、トトロが夜に空を飛ぶ印象的なシーンで流れるこの曲。Wakanaのどこまでも伸びていきそうな声とアンサンブルが折り重なって、目の前には幻想的な夜の風景へと切り替わっていく。空間を抱くように丸く奏でられるメロディーの間を、Wakanaの声が吹き抜けていくような感覚だ。ここまでの歌声を聞いてきて痛いほど感じるのは、Wakanaの圧倒的な歌の表現力、そして歌でストーリーテリングをする力。声への力の入れ方や抜き方、ひとつひとつの言葉の発し方や響かせ方で、目の前に物語を出現させてくれる魅力がある。わかりやすく表現するならば、まるでミュージカルを見ているようと言えばお分かりいただけるだろうか。
撮影:河上良
「第1部は大好きなジブリ作品から選曲をしています。小さい頃から宮崎駿監督の作品が大好きで、どれが一番好きというか、見た時にはそれが一番好きってなっちゃうんです」と笑う。次に披露するのは…と続けたのは『紅の豚』からの一曲。ジブリ作品は年齢を重ねるたびに印象が変わって、幼い頃は気づかなかったことに気づくこともあるという。公開当時見た『紅の豚』は大人っぽい作品だと思っていたけれど、今は大切なものを大切な思い出として抱えて生きている大人の素敵さに気づいたという。Wakanaが歌い始めたのは「時には昔の話を」。ここまでの曲の歌詞は、たくさんの人に向けて歌われているような内容だったけれど、この曲は聞いている“あなたへ”向けられている。直接語りかけられているようなWakanaの歌声と芳醇なクラシックアレンジがマッチする、大人のジブリソングを情感たっぷりに届けてくれた。
休憩を挟み、衣装チェンジして再びステージに登場したWakana。さぁ、第2部はどんな歌を聞かせてくれるのだろうか。後半戦は大江千里が発表し『言の葉の庭』で秦基博がカヴァーした「Rain」からスタート。男性目線で綴られた歌詞ながら、女性ならではのしなやかさをたっぷり効かせつつ、本当に届けたい言葉に力強さを加えているのがとても印象的に響く。そしてとある映画のエンディングテーマであり、この季節の名曲の大本命へ。煌めく太陽、向日葵の佇まい、青く高い空。Wakanaの軽やかな歌声を聞いていると、暑い夏の景色もどこか涼やかなものに思えてくる。「次にお届けする曲は、レコーディングの時にずっと一緒に歌っていたスタッフさんがいて(笑)、人によって思い出があって一緒に歌いたいのはすごくわかるし、アニメソングってそういう心を掻き立てられるものでもあるんだなと思った曲です」というのは、『シティーハンター』に採用され大ヒットを記録した「Get Wild」。Wakanaがカヴァーするにあたって、ダンスミュージックの名曲にクラシックアレンジを施した意欲作だ。
クラシックならではの上品さに、弾むようなリズムで加えられたポップさと疾走感。Wakanaもここまで歌ってきた曲とは違い、体全体をリズムに乗せて歌うことを楽しんでいる様子。そして勢いそのままに「手拍子お願いします!」と客席にもクラップを促して閉塞感あふれる今の世界を生きている全ての人の背中をグッと押してくれるような歌詞が心に刺さる楽曲を、今日のライブで最もポップに、楽しげに歌い上げた。この日、この場に集う私たちへのエールのような数分間だった。「手拍子、ありがとうございました! 本当にちょっと今までとは少し住む世界が変わってしまったけれど、音でみんなでつながりあえる世界は変わらないんだなって。みんなで一緒に音楽を作っているんだと感じることができました」と一言。
撮影:河上良
そして最後の曲となったのは『天気の子』より「愛にできることはまだあるかい」。この時代を生きる私たちに必要な言葉が詰まった歌だ。「ずっと私は音楽を続けていきたいし、言葉を伝えていくことの大切さも、この曲を歌うことで感じることができました」と思いを告白。クリアな高音が広がっていくWakanaの独唱に始まり、どんどんアンサンブルの調べが豊かに膨らんでいく後半まで、1曲で彼女の声がもつたくさんの表情が垣間見える1曲で本編を締めくくった。
鳴り止まないアンコールの手拍子に応えて、Wakanaはピアノの橋本と共に再びステージへ。「ありがとうございます! ではしんさんと共にお届けしたいと思います」とピアノと歌だけのシンプルな構成で1曲披露した後、メンバー全員で演奏された今日のフィナーレは「夢のゆくえ」。私が大切にしている曲のひとつです、と彼女が言うこの曲は『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』のエンディングテーマだ。「武田鉄矢さんが書く詞がとても素敵な世界で、その音楽でより深く作品を胸に仕舞い込めるような曲です」と、ピアノとストリングスにふわっと包み込まれるようなファンタジー感溢れる始まり。優しく、柔らかくとっても女性的な歌い方で、彼女が幼い頃に聞いたはずのこの曲の世界を一緒に辿っているような感覚を得たのは不思議な体験だった。
「今日は本当にありがとうございました!」。そんなWakanaの最後の言葉を聞いても「夢のゆくえ」を聞き終えたふわふわとした余韻の中から出られそうにない。今日のライブは、ピアノ+ストリングスのシンプルな編成で、とことん彼女の歌の世界を堪能できる素晴らしいステージだった。東京公演は昼夜セットリストが違うという。さぁ、彼女はまた次のステージへ! Wakanaの声に包まれて夢の中にいるような体験を、あなたもぜひ。
撮影:河上良
文:桃井麻依子 撮影:河上良

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着