山下達郎、『ARTISAN』最新リマスタ
ー版本日リリース 藍にいなによる「
さよなら夏の日」MV公開

山下達郎のスタジオ・アルバム『ARTISAN』が2021年最新リマスタリングにて本日8月18日(水)にリリース。合わせて同作収録曲「さよなら夏の日」のMVが公開された。
『ARTISAN』は1991年にリリースされた山下達郎10作目のオリジナル・アルバム。オリジナル・アルバムとしては『僕の中の少年』(1988年)に続く作品で、音作りや演奏の殆どを山下達郎ひとりでこなし、オリジナリティ溢れる自由な音世界を求めた作品となっている。まさに“ARTISAN=職人”の名に相応しい作品であり、「アトムの子」、「さよなら夏の日」、「ターナーの汽罐車」、「Endless Game」など、山下達郎のライブでもお馴染みの代表曲を収録している。

新たにMVが公開された「さよなら夏の日」は、ガール・フレンドと遊園地のプールに行った際、夕立に遭ったという、高校時代の山下達郎の実際の思い出を元に作られた楽曲。夏(青春)が終わり、少年少女は大人になっていくという、10代への憧憬や感傷的な思いの中に未来への小さな希望が込められた、夏を代表する1曲となっている。

今回のMVの制作にあたり、スタッフはこの楽曲を現代の若いリスナーにも届けるため、YOASOBI米津玄師、Olivia Rodrigoなど様々なアーティストのMVを手がけている新進アーティスト、藍にいなに制作をオファー。全編アニメで構成された本MVは、“時間”という少年少女が抱える普遍のテーマを主題に、青春時代の危うさや儚さを巧みに表現している。また、当時のシングルのジャケットに登場した犬と線路のオマージュなど、オールド・ファンもおもわずニヤリとする演出にも注目を。

なお、1991年のアルバム・リリース以来、「さよなら夏の日」のMVが制作されるのは今回が初となる。

【藍にいな コメント】

「さよなら夏の日」に映像をつける機会を頂けたこと、とても光栄です。このお話を頂いた時、嬉しい反面、既に沢山の方に愛されている楽曲に映像をつけることにプレッシャーもありました。山下達郎さんご本人の思い出の曲であると同時に、楽曲を愛しているすべての人の思い出を背負うこの曲にどう映像をつけるかと考えた時に、少年少女が抱える普遍的なテーマ、「時間」を描こうと決めました。あの頃の時間にはやっぱり不思議な力がある、完成した映像を見ながら改めてそんなことを考えました。楽曲の力をお借りしながら、彼らが抱える時間の危うさや儚さを表現出来たんじゃないかと思います。楽しんで頂けたら幸いです。
藍にいな


【リリース情報】

山下達郎 『ARTISAN (30th Anniversary Edition)』

Release Date:2021.08.18 (Wed.)
Label:Warner Music Japan
[CD] WPCL-13305 ¥2,200 + Tax
[LP] WPJL-10143/44 ¥4,000 + Tax
Tracklist:
1. アトムの子
2. さよなら夏の日
3. ターナーの汽罐車 -Turner’s Steamroller-
4. 片想い
5. Tokyo’s A Lonely Town -トウキョウズ・ア・ロンリー・タウン-
6. 飛遊人 -Human-
7. Splendor -スプレンダー–
8. Mighty Smile (魔法の微笑み)-マイティ・スマイル–
9. “Queen Of Hype” Blues -クイーン・オブ・ハイプ・ブルース–
10. Endless Game -エンドレス・ゲーム–
11. Groovin’ -グルーヴィン-

[Bonus Tracks]
12. モーニング・シャイン
13. アトムの子 (Remix Version)
14. さよなら夏の日 (Alternate Vocal Version)
15. ターナーの汽罐車 (Single Version)
16. さよなら夏の日 (Original Karaoke)
17. Endless Game -エンドレス・ゲーム– (Original Karaoke)

※1991年作品
※2021年最新リマスター。山下達郎自身による詳細ライナー付き。
※初回プレス仕様のみ、抽選特典に応募できるシリアル・コード封入
※アナログ2枚組、アナログ盤にはボーナス・トラックは収録されません。

■ 山下達郎 オフィシャル・サイト(https://www.tatsuro.co.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着