ズーカラデル、故郷での青春を歌う新
曲「シーラカンス」の配信リリースが
決定

ズーカラデルが最新曲「シーラカンス」を8月25日(水)0時にリリースすることが決定した。
未来へ向けた決意表明ともいえる前作「未来」に続くのは、大勢でシンガロングする光景が目に浮かぶ「シーラカンス」。故郷・札幌で生活する中で出会った刹那的な情景や、輝かしい全能感と鬱屈とした青春が有する両極性を、反芻するビートにのせてぶつけた楽曲となっているとのこと。前作「未来」に引き続き、エンジニアにはメンバーも作品を愛聴してきたあいみょんギターウルフを手がける南石聡巳を迎え、ジャケットはSTUTS & 松たか子 with 3exes のアートワークや様々な装丁を手がける我喜屋位瑳務の描き下ろしドローイング作品となっている。
また、「シーラカンス」は明日・8月19日(木)にメンバー全員がリモートゲスト出演するAIR-G’ 『スパクル!!~Cool Beats & Pop Life~』内にて初オンエアされる。
「シーラカンス」
そして、ズーカラデルYouTubeオフィシャルチャンネルでは、「シーラカンス」を含む新曲3曲のティザー映像を公開中。先日リリースされた「未来」、8月25日にリリースとなる「シーラカンス」、これからリリースされる予定の「ノエル」もいち早く聴くことができる。
なお、8月29日(日)からは全国7カ所をまわるワンマンツアー『ズーカラデル『星に願ってもしょうがないツアー』』を開催。2019年9月から2020年2月にかけておこなわれた全国ツアーより約1年半ぶりのワンマンツアーとなる。さらに、今回はサポートメンバーとして同郷の盟友ギタリスト永田涼司氏(ex The Floor)、鍵盤に山本健太を迎え、5人編成でパフォーマンスする初めてのツアーとなっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着