キミノオルフェ、新曲「パパラチア」
本日リリース 矢川葵と蟻本人が出演
するMVも公開

キミノオルフェが新曲「パパラチア」を本日8月18日(水)にリリース。合わせてMVも公開された。
今作のサウンド・プロデュースは前作EP『Then, the Curtains Open』を手がけたkyohei todoroki(EXPCTR)が担当。夏の夕景から夜を舞台に、蟻自身の中に存在しつつ敢えて封印してきたというセンシュアルな表現に挑戦しており、“結ばれることのない2人が、お互いの体を求め合うひととき。1人になった夜、涙で瞳を洗えばいつもの夜景がより鮮明に浮かび上がる。切なく美しい夏の日々を描いた”1曲だという。

タイトルの「パパラチア」は、幻の宝石と言われる“パパラチア・サファイア”の色彩から名付けられ、通常のサファイアの蒼色とパパラチアの橙色の対比が、登場人物のすれ違いと巡り合いを表現。また、“パパラチア”はシンハラ語で“蓮の花”、“蓮の花の蕾”という意味があり、清廉な蓮が妖艶に花開くイメージとも重ね合わせている。

MVは矢川葵(ex-Maison book girl)とキミノオルフェ・蟻が出演し、映像作家のヒカワヒカルが監督を務めた。繊細な楽曲の世界観がビジュアライズされ、短編映画のような世界の中で真摯な愛を求める女性と、それが仮初めのものだと知っている女性の一夜が色濃く表現されている。

【蟻(キミノオルフェ) コメント】

日々、さまざまなことが起こって視界が狭くなったり淀んだりする時もありますが、「瞳洗えば」、という言葉で始まるこの歌が、見えるものを全部、遠くまで見通させてくれますように。

最近、「余白を見ること」を心がけています。余白を“無い”ものと感じるか、“有る”ものと感じるか、どちらもできればいいな、と思っています。

葵ちゃん、ヒカワヒカルさん、kyohei todorokiくん、素敵な才能たちと。

夏を好きになりたくてつくりました。

君の夏の終わりの思い出になれたら嬉しいです。
キミノオルフェ


【リリース情報】

キミノオルフェ 『パパラチア』

Release Date:2021.08.18 (Wed.)
Label:Project Shirofune / noterminus LLC.
Tracklist:
1. パパラチア

■ キミノオルフェ オフィシャル・サイト(https://www.kiminoorphee.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』