キービジュアル

キービジュアル

「古見さんは、コミュ症です。」に日
高里菜、大久保瑠美、藤井ゆきよ、日
高のり子が出演 第1弾PVなども公開

キービジュアル(c)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校 「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のコメディ漫画をアニメ化する「古見さんは、コミュ症です。」に、日高里菜大久保瑠美、藤井ゆきよ、日高のり子(ナレーション)の出演が決定し、第1弾プロモーションビデオ、キービジュアルが公開された。エンディング主題歌「ヒカレイノチ」をピアノ連弾ボーカルユニット「Kitri」が歌うことも明らかになっている。
 オダトモヒト氏による原作漫画は、誰もが振り向く美少女だが、他人に話しかけようとすると緊張で表情が固まってしまう古見硝子(CV:古賀葵)が、彼女が“コミュ症”であることに気づいた同級生の只野仁人(梶原岳人)とともに「友達を100人つくる」べく奮闘する姿を描く。
 日高里菜は、クラスの女子グループのリーダー格で明るい性格の持ち主だが、古見に熱烈な愛情を抱く山井恋役を担当。「山井恋ちゃんはクラスの中心人物で友達も多く、いわゆる『The 陽キャ』に見えますが、古見さんのことになると……人が変わります。原作を読んだ時から、その豹変ぶりには衝撃を受けました(笑)。そのギャップをお芝居でも表現できるよう頑張ります!」と意気込みを語っている。
 大久保は、古見に近づくと体内にある禁忌の力が反応するという“中二病”を患った中々思春役を務め、藤井は、容姿へのコンプレックスから古見に憧れを抱く上理卑美子役を担当。大久保は自身も中二病だった経験があるこから「気持ちはめちゃくちゃわかるので、あの頃を思い出しながら思春に寄り添っていけたらなと思っています」と役へのシンパシーを明かし、藤井は「あがり症のヴェールに隠された、いや隠しきれてない個性の方が非常に強い子で、キャラクターの振り幅がとても大きい女の子でした」と演じるキャラクターの意外性を語っている。なお、日高のり子はナレーションを担当する。
 また、エンディング主題歌を担当する「Kitri」は、第1話の特別エンディング主題歌「シンパシー」も歌うことが発表されている。
 日高里菜、大久保、藤井のコメント全文は以下の通り。
【日高里菜(山井恋役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
 キャラクターひとりひとりが本当に濃くて思わず笑ってしまうシーンや台詞も多いのですが、どこか共感できる部分だったり「いるいる!」と思える瞬間があり、気付いたらどんどん読み進めていました。
 そして古見さんがとても可愛いんですよね。不器用ながらも頑張っている姿は応援したくなりますし、少しずつ成長していく姿に胸が熱くなりました。
Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
 山井恋ちゃんはクラスの中心人物で友達も多く、いわゆる「The 陽キャ」に見えますが、古見さんのことになると……人が変わります。原作を読んだ時から、その豹変ぶりには衝撃を受けました(笑)。そのギャップをお芝居でも表現できるよう頑張ります!
 あと山井の病んだ時の表情が個人的に好きなので、いちファンとして楽しみにしています。
【大久保瑠美(中々思春役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
 初めて読んだ時、ふんわり優しい部分とえぐみのあるエッジの効いた部分に、とても癒され、大いに笑わせていただきました! 個性の強い……いや、強すぎるキャラクターが多く、どの子もとても魅力的なので推しに迷ってしまいます。
 色々な方向から楽しめるのでたくさんの人に勧めたくなる作品ですよね。古見さんがとにかく可愛くて、がんばっている姿を只野くんと一緒に応援しています! がんばれ、古見さーん!
Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
 中々思春さんは、中二病です。人生で誰しもが一度は経験したであろう、あの痛々しくも瑞々しい感性の真っただなかにいます。かく言う私も経験者……。気持ちはめちゃくちゃわかるので、あの頃を思い出しながら思春に寄り添っていけたらなと思っています。
 普段は中二病全開ですが、時々見える素の女の子らしい姿がめちゃくちゃ可愛い子なので、そういった部分も大切にしながら演じていきたいです。
【藤井ゆきよ(上理卑美子役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
 登場人物みんな個性が強いなー! の第一印象から、読み進めると古見さんの実は可愛らしいところを只野くんがたくさん気づいてくれたり引き出してくれて、そんな2人の優しい内面を知っていくたびにどんどん2人のことが好きになってしまいました。
 自分を素直に表現できなかったり、うまく相手に伝えられなかったり、周りから見られているイメージより繊細な自分がいたり、人と人とがお互いを知って受け入れていくことってむず痒いこともたくさんあると思うのですが、なんだかこの作品を読むと、胸がほっこりあたたかくなります。笑って、キュンとして、応援したくなる、とってもハートフルな作品だと思いました。
Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
 上理ちゃんはあがり症な女の子……と聞けばなんだか可愛らしい子を想像するかもしれませんが、あがり症のヴェールに隠された、いや隠しきれてない個性の方が非常に強い子で、キャラクターの振り幅がとても大きい女の子でした。いろんな一面があってとても楽しいです。上理ちゃんにもお友達が増えるよう頑張ります!

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着