RADWIMPS “2021年の夏を生きるすべ
ての同士たち”へ向けた、新曲「SUM
MER DAZE」のMV&音源を公開

RADWIMPSの新曲「SUMMER DAZE」のミュージックビデオがオフィシャルYouTubeチャンネルで、音源は音声ファイル共有サービスのSoundCloud(サウンドクラウド)で公開となった。
2021年夏、昨年と変わらず鬱屈とした世の中の状況において、“少しでも気持ちが晴れやかになるような夏のアンセムを届けられたら”と、野田洋次郎の友人でもあるクリエイティブディレクターの野村訓市と意気投合しこの楽曲の制作はスタート。その後、楽曲の熱に感化されるように1人また1人とクリエイターたちが賛同。アートディレクションから建築まで全方位で活躍するYARのYOSHIROTTEN。広告、音楽、ファッション、映画など多岐に渡る活動を行なっている写真家・撮影監督の川上智之。そして数々のファッション媒体に登場する新進気鋭のモデル・NANAMI KEYESらが今作のために集結し、2021年夏のアンセムが完成したという。
「SUMMER DAZE」は、RADWIMPSから“2021年の夏を共に生きる、すべての同士たちへのプレゼント”。思い思いのシチュエーションで、“それぞれの夏が自由に輝きを放ちますように”という願いも込められているとのこと。
野田洋次郎(RADWIMPS)コメント
昨年2020年、各音楽フェスは軒並み中止に。2021年に大きな期待を寄せて迎えてはみたものの、明るい兆しが一向に見えてこなかった今年の春頃。友人の訓ちゃん(野村訓市)とこんな話になった。
「なんだかまた鬱屈した夏が来そうだね。せめて聴いている間は気持ちが晴れて、どこまでも駆けていけそうな、踊り続けられるような夏のアンセムを作ろうよ。この夏の眩惑を一曲に閉じこめよう。」
そこからこのSUMMER DAZEは出発しました。
夏が近づくにつれアレンジも徐々に決まっていき、友人たちに聴かせると皆一様に喜んで踊り出すのでした。そして映像を作ろうと盛り上がり、一人、また一人と参加したいと言ってくれるクリエイターが増え、学生の自主制作のようにワイワイと映像制作も進んでいきました。皆がそれぞれの仕事を終えた夜中に打ち合わせやロケハンを繰り返し、撮影をしていきました。音源作り、Tシャツ作り、ムービー制作、ジャケット撮影のすべてを自分たちだけで行ったのは初めてのことでした。
この音源と映像は僕たちから、共に2021年夏を生きるすべての同士たちへのプレゼントです。無料でSound Cloud、YouTubeにアップします。この夏の好きなシーンで聴いてもらえると嬉しいです。
忙しい合間を縫ってやりたいと賛同し参加してくれたYOSHIROTTEN、カメラマンの川上くん、映像まわりを寝ずにやってくれた笠井くん、夜中の街を全速力で走ってくれたNANAMI、そして訓ちゃん、改めてありがとう。
皆さんの夏が輝きますように。

なお、RADWIMPSは8月20日(金)に『FUJI ROCK FESTIVAL ’ 21』のステージに出演することが決定している。(野田洋次郎は翌日21日(土)にソロでの出演も決定)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着