村上春樹の小説に登場する音楽リクエ
スト大特集:執筆秘話&自作朗読も披
露『村上RADIO Music in MURAKAMI~
村上作品に出てくる音楽~』

毎月最終日曜日の19時、作家・村上春樹がディスクジョッキーをつとめる番組『村上RADIO』では、8月29日(日)に第28回『村上RADIO Music in MURAKAMI~村上作品に出てくる音楽~』を放送(一部地域で放送時間が異なります)。

全国から寄せられた「村上春樹の小説に出てくる音楽」のリクエストを特集した企画で、村上が執筆当時の記憶を辿りながら解説、さらには楽曲とともに自身の書いた小説の一節の朗読も披露するという、村上作品ファン必聴の放送。

また、TOKYO FMでは、放送の前週8月22日(日)19時から、坂本美雨と作家・小川哲がパーソナリティの『村上RADIOプレスペシャル』も放送。村上春樹の短編小説が原作で、今年のカンヌ映画祭で脚本賞を受賞した話題の映画『ドライブ・マイ・カー』を特集。ゲストに監督・脚本の濱口竜介を迎え、制作秘話や作品、小説への思いに迫る。

「僕の作品に出てくる音楽の特集をやっ
てほしいという要望を、数多くいただい
ています。いうなれば、小説のサントラ
盤みたいなものですね。」(村上春樹)

僕の作品に出てくる音楽の特集をやってほしいという要望を、数多くいただいています。いうなれば、小説のサントラ盤みたいなものですね。いいですよ、やりましょう、という感じで特集を組んでみました。リスナーの皆さんからリクエストをたくさんいただきまして、一回じゃとても間に合いそうにありませんが、とりあえず一回目をいってみます。

あんまり気がつかなかったけど、小説の中にけっこうたくさん音楽を出しているんですね。

自分の小説の中にどんな曲を出したか、作者本人はよく覚えていないので、今回はリクエストのメールにずいぶん助けていただきました。僕は書きながらそのときの気分でひょいと音楽を出しちゃうので、どんな曲を使ったか、すぐに忘れてしまいます。まあ、それでも少しくらいは覚えていたけど……。(村上春樹)

『村上RADIO』放送タイトル

第1回 2018年8月5日(日)、村上春樹自身が走っているときに聴いている音楽を集めた『RUN&SONGS』
第2回 2018年10月21日(日)、秋に聞きたい名曲をチョイスした『秋の夜長は村上ソングスで』
第3回 2018年12月16日(日)、村上さんがクリスマス・ソングを独自にセレクトした『村上式クリスマス・ソング』
第4回 2019年2月10日(日)、アナログレコードでしか聴けない楽曲にスポットを当てた『今夜はアナログナイト!』
第5回 2019年4月21日(日)、「思わず体が踊ってしまうノリのよい曲」をチョイスした『愛のローラーコースター』
第6回 2019年6月16日(日)、初期のビートルズの名曲を集めた『The Beatle Night』
第7・8回 2019年8月25日(日)/9月1日(日)、6月26日(水)に一夜限りで開催されたライブイベントを2回にわたり放送した『村上JAM Special Night』
第9回 2019年10月13日(日)、村上春樹さん自らの訳詞とともに名曲を届けた『歌詞を訳してみました』
第10回 12月15日(日)、村上春樹さんが最近入手したレコードを中心に選曲した『冬の炉端で村上SONGS』
第11回 2020年2月16日(日)、『ジャズが不得意な人のためのジャズ・ヴォーカル特集』
第12回 2020年2月23日(日)、『ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集』
第13回 2020年4月16日(日)、原曲とは異なる言語で歌われた名曲たちを厳選した『言語交換ソングズ』
第14回 2020年5月22日(金)、緊急特別版、『村上RADIO ステイホームスペシャル~明るいあしたを迎えるための音楽』(2020年日本民間放送連盟賞ラジオ・エンターテインメント部門最優秀賞を受賞)
第15回 2020年6月14日(日)、村上さん自身が中高生時代を過ごした1960年代前半の名曲を紹介した
『あくまで個人的な)特選オールディーズ~』
第16回 2020年8月15日(土)、夏休み特別編『サマースペシャル~マイ・フェイバリットソングズ
&リスナーメッセージに答えます』
第17回 2020年9月13日(日)、クラシック音楽に焦点を当てた『5分で聴けちゃうクラシック音楽』
第18回 2020年10月25日(日)、秋の夜長にしっとり味わえるジャズ特集『秋のジャズ大吟醸』
第19回 2020年12月20日(日)、『マイ・フェイバリットソングズ&リスナーメッセージに答えます』
第20回 2020年12月31日(木)、番組初!京都からの生放送による特別番組『年越しスペシャル~牛坂21~』
第21回 2021年2月28日(日)、原曲とそのセルフ・カバーバージョンを聴き比べ楽しむ『怒濤のセルフ・カバー』
第22回 2021年3月29日(月)、2月14日(日)に開催したライブを会場の盛り上がりや舞台裏とともにお届けした『MURAKAMI JAM~いけないボサノヴァレディオスペシャル supported by Salesforce』
第23回 2021年4月25日(日)、3曲以上連続のメドレー楽曲を揃えた『花咲くメドレー特集』
第24回2021年5月30日(日)、レイ・チャールズの楽曲やカバーに焦点を当てた『RAY CHARLES SONG BOOK』
第25回2021年6月27日(日)、クラシック音楽と名ポップスの特集『クラシック音楽が元ネタ(ロシア人作曲家編)』
第26回2021年7月25日(日)、ビーチ&サーフィン・ミュージックを厳選した『夏だ、ビーチだ、サーフィンだ!』
◆番組ホームページ: https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

新着