加山雄三がYouTubeチャンネル『バー
チャル若大将』開設、「シングルベッ
ド」カバー動画公開

加山雄三が、YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』を開設した。
加山自らの発案で、AI技術を駆使して生まれた“バーチャル若大将”。8月22日の「24時間テレビ44」の生放送で初お披露目となった。

2020年8月、脳内で出血が起きる小脳出血を起こし救急搬送された加山。一命を取り留めたが、言葉がうまく話せなくなるなどの後遺症が残り、芸能活動の一時中止を余儀なくされた。懸命のリハビリで4月には歌手活動を再開できるまでの復活を遂げたが、病と闘う中でこの画期的な取り組みが秘密裏に進行していた。最新のAI技術で自分の話す声や歌声、映像によって、加山をバーチャルヒューマン“バーチャル若大将”として後世に残すプロジェクトだ。84歳となった今も常に新しいモノが大好きな加山らしい発想が生んだ、世界でも類をみない新しい取り組みである。

YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』では、AIが生成した歌声で、まずは2020年12月に出したアルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』に参加したアーティスト達に感謝を込めて、その代表曲をカバーしていく。

記念すべき1曲目は、現在でも加山の新曲の作詞を担当しているつんく♂が歌うシャ乱Qの代表曲「シングルベッド」。加山本人がディレクションを務め制作したバーチャル若大将の歌唱で届ける。

アルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』

2020年12月2日発売
MUCD-1463 / 3,300円(税込)
2020年12月2日に加山雄三の芸能生活60周年を記念して13年ぶりに制作されたオリジナルアルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』は、アルバムタイトルでもあるDEDICATED(捧げた)をコンセプトに加山の長年の音楽活動に対するリスペクトの気持ちを込め、ゆかりのあるアーティスト、バンドメンバーによって贈られ制作した楽曲を収録。同時に加山は今まで応援してくれたファンの方々に感謝の気持ちを込めてこの「歌を捧げる」。日本の音楽史に多大な影響を与えた、弾厚作(加山雄三のペンネーム)の楽曲をモチーフに各々が制作した楽曲内容は、世代やジャンルを超えたアルバムとして日本で初めての取り組みとなる。

[ 収録楽曲 ]
1.いつまでも君を
 作詞・作曲:キヨサク 
2.Little Tokyo
 作曲:横山剣(Instrumentaral)
3.キミの涙
 作詞・作曲:斉藤和義
4.愛しのキャンディマン
 作詞・作曲:甲本ヒロト
5.愛しの流れ星
 作詞:Elvis Woodstock 作曲:つんく♂
6.夏のひまわり
 作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉
7.ワイキキシェル
 作詞:比嘉栄昇 作曲: 上地等
8.桑港 – San Francisco –
 作詞・作曲:横山剣
9.家においでよ
 作詞・作曲:奥田民生
10.行こうぜBABY!
 作詞・作曲:真島昌利
Bonus Track
11.Forever with you~永遠の愛の歌~(加山雄三&The Rock Chippes)
 作詞:さだまさし 作曲・編曲:高見沢俊彦
歌:加山雄三、森山良子谷村新司南こうせつ、さだまさし、THE ALFEE

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着