新ゲーム『グランサガ』キービジュアル

新ゲーム『グランサガ』キービジュアル

梶 裕貴、鬼頭明里らが参加する
新ゲーム『グランサガ』の
オンラインショーケースを開催!

8月19日、東京・秋葉原の「UDXシアター」でスマートフォン向けアプリゲーム『グランサガ(Gran Saga)』のオンラインショーケースの先行上映会が開催された。

『グランサガ』は、モバイルゲームの企画、制作、運営などを行う企業「GAMEPLEX」が制作した新ゲーム。王道のRPGをベースに、ハイクオリティ3Dグラフィック、豪華声優陣によるフルボイスストーリー、著名作曲家によるゲーム内BGMなどが用いられて、“目で見て,耳で聞き,心で感じてもらいプレイヤーが作品世界により没入できる世界中で愛されるゲーム”を目指している。
新ゲーム『グランサガ』ロゴ

新ゲーム『グランサガ』ロゴ

『グランサガ』ゲーム画面イメージ

『グランサガ』ゲーム画面イメージ

この日行われたショーケースライブでは、俳優および声優の津田健次郎氏が司会を務め、ゲームのビジュアルとともに『グランサガ』の世界観を紹介した。

作品の舞台となる「ラグナデア王国」は、今でこそさまざまな種族が争うことなく共存し発展する国だが、かつては黒き竜によって虐げられる時代があったという。ある時、女神から授かった「グランウェポン」(武器)を手に立ち上がった騎士たちにより黒き竜は討伐された。人々は騎士たちを英雄視し「グランナイツ」と呼ぶようになり、主人公と仲間たちは、グランナイツに憧れ騎士団に志願。主人公たちの冒険を、過去を生きた英雄の魂が姿を変え具現化したグランウェポンが力を貸し、ともに戦いに挑んでいくことになる…というストーリーだ。
『グランサガ』ショーケースライブ(メインキャラクターを紹介する津田氏)

『グランサガ』ショーケースライブ(メインキャラクターを紹介する津田氏)

注目は豪華クリエイター陣だ。ロゴアートの製作を含むアートディレクターは『ファイナルファンタジー』キャラクターデザインを手がけたことで知られる天野喜孝氏。作中音楽をすべて手がけるサウンドディレクターは、『ストリートファイター2』『キングダム ハーツ』シリーズなどを代表作に持つ下村陽子氏が担う。

さらに声優陣は、主人公のラス役を『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役を演じた梶 裕貴、ヒロインのセリアード役を『鬼滅の刃』で竈門禰󠄀豆子を演じた鬼頭明里が務める。彼らは映像を通じて作品に関する思いを語った。

まず天野氏は「(グランサガは)ファンタジーの王道、ど真ん中の世界で、思い切って表現できたらおもしろい世界になると思った。頭の中の空想の世界を絵にすることで見えない世界を共有できる。それにストーリーがあり、音楽があったら、(プレイヤーは)もっと世界に入ってくる。現実世界のもっと奥にあるようなものが表現できたらと思った。十分楽しめる世界だと思うので、波乱万丈の人生を歩んでください」とコメント。
『グランサガ』ショーケースライブ(アートディレクターの天野喜孝氏)

『グランサガ』ショーケースライブ(アートディレクターの天野喜孝氏)

続いて、下村氏は「(楽曲について)メインテーマは、あらすじや映像を拝見して、主人公に襲い掛かる悲劇や残酷な運命を見て、そういうものを表現したいと思った。ほかの楽曲も美しいグラフィックに相応しい壮大な音楽にしたかったので大切に制作した」と語った。

実際に収録をチェコのドヴォルザークホールでフィルハーモニーの生演奏で行うなど下村氏の楽曲への強いこだわりが見て取れる。またシンガーソングライターで音楽プロデューサーのKOKIA氏が担当した主題歌「命の物語」は、その歌声にほれ込んだ下村氏のたっての希望で実現したという。
『グランサガ』ショーケースライブ(サウンドディレクターの下村陽子氏)

『グランサガ』ショーケースライブ(サウンドディレクターの下村陽子氏)

さらに、梶 裕貴は「ラスは主人公らしく、正義感が強くて熱い青年です。彼の持ち前の人柄の良さ、温かさみたいなものが全体を通して伝わるよう意識して演じました。ヒロインとの出会いのシーンはグラフィックも含めて、圧倒される導入部分になっている」とコメント。鬼頭明里は、「セリアードは、最初はおびえているシーンが多いですが、本来、弱々しい性格の持ち主ではないため、心が強い部分があるということを心の隅に置きながらお芝居をした。映像に合わせて収録するシーンは、セリアードの表情や技、背景が素晴らしく、いつも以上に気持ちが入った収録になった」と、それぞれの役柄と、印象的なシーンを語ってくれた。
『グランサガ』ショーケースライブ(右から:セリアード役の鬼頭明里、ラス役の梶裕貴)

『グランサガ』ショーケースライブ(右から:セリアード役の鬼頭明里、ラス役の梶裕貴)

また、GAMEPLEXプロダクトマネージャーの鈴木宏志氏も登場し、ラスとセリアード以外のキャラクターの声優の発表や、ゲームシステムについての解説を行った。
『グランサガ』ショーケースライブ(プロダクトマネージャー・鈴木宏志氏)

『グランサガ』ショーケースライブ(プロダクトマネージャー・鈴木宏志氏)

ラスとセリアード以外のメインのキャラクターは、キュイ役を悠木 碧、ウィン役を安元洋貴、ナマリエ役を沢城みゆき、カルト役は諏訪部順一が演じる。このほかにも80名以上のキャストが参加し、現状発表できていない配役についても今後発表されるという。

鈴木氏は、「キャラクターに愛着を持ってもらうために、見た目だけでなくキャラクターの設定や、セリフに関しても制作した。最終的にはすべてのキャラクターをまんべんなく好きになってほしい。キャラごとに個性あふれるモーション、スキルエフェクト、ボイスを用意し、さまざまなキャラクターを使いたくなることはもちろん、キャラを切り替えながら闘うタッグバトルシステムをはじめ,パーティメンバー3人を選抜して臨む『アリーナ』や、ギルドメンバー5名とのマルチプレイを行う『降臨戦』など、シーンによって異なる闘い方が楽しめるように工夫されている」と話した。

このほかにも、キャラクターの衣装を変更できる機能や、乗り物を乗れる機能、キャラクターのエモーションやスクリーンショット専用の画面を表示する機能などのシステム面でも充実を図り、衣装や乗り物などは随時追加していく予定とのことだ。
『グランサガ』ショーケースライブゲーム内のバトルシーン

『グランサガ』ショーケースライブゲーム内のバトルシーン

なお、発表会当日から「グランサガ」の事前登録を開始することが併せて発表された。今後は“とある物アーティスト”が担当するテーマソングやイベントやキャンペーンの情報を発表していく予定だというので注目したい。
新ゲーム『グランサガ』
新ゲーム『グランサガ』ロゴ
『グランサガ』ゲーム画面イメージ
『グランサガ』ショーケースライブ(メインキャラクターを紹介する津田氏)
『グランサガ』ショーケースライブ(アートディレクターの天野喜孝氏)
『グランサガ』ショーケースライブ(サウンドディレクターの下村陽子氏)
『グランサガ』ショーケースライブ(右から:セリアード役の鬼頭明里、ラス役の梶裕貴)
『グランサガ』ショーケースライブ(プロダクトマネージャー・鈴木宏志氏)
『グランサガ』ショーケースライブゲーム内のバトルシーン

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着