和田アキ子が移籍第一弾アルバムから
『YONA YONA DANCE』先行配信、楽曲
プロデュースはフレデリック

和田アキ子が、ユニバーサルミュージック移籍第一弾アルバムから先行配信シングル『YONA YONA DANCE』を9月2日にリリースする。

今作は、楽曲「オドループ」が2020年のTikTokで話題となった、今若者に一番注目されているロックバンド・フレデリックが楽曲プロデュースを担当。

フレデリックの軽やかかつダンサブルなビートに、和田のソウルフルな歌声で繰り返し歌唱される「踊らにゃ損」。まさに「オドループ」ならぬ「和田ループ」となっているサビ部分に注目だ。

さらに、『YONA YONA DANCE』のジャケット写真も解禁。和田としては初となる絵師とのコラボレーションで、イラストで表現されたものとなっている。なおイラストは、配信リリース日の9月2日に公開予定のミュージックビデオに関係しているとのこと。

和田のユニバーサルミュージック移籍第一弾アルバムは、2021年内にリリース予定。現代の音楽シーンを牽引するアーティスト・さかいゆう、Ovall、フレデリック、Rin音WONKによるプロデュース作品となっている。
フレデリック

フレデリック 三原康司 コメント お話をいただき本当に驚きました。 自分が音楽を始めた頃働いていた場所は音楽にこだわりのある方が多く和田アキ子さんの曲を皆でよく聴いていて、テレビの印象よりもまず日本の音楽界にR&Bの魅力をより深く浸透させてくださったR&Bの女王というイメージがありました。 同じ時代に曲を作れるという喜びと世代を超え新たに挑戦するそのノーボーダーな姿勢に敬服します。 ご一緒するからにはフレデリック色を濃くし、和田アキ子さんにとって今までにない楽曲を目指しました。 誰もが想像しえなかった異色のコラボに胸が躍っています。

和田アキ子 先行配信シングル『YONA Y
ONA DANCE』

2021年9月2日リリース

和田アキ子 ニューアルバム

2021年内リリース予定
参加アーティスト:さかいゆう / Ovall / フレデリック / Rin音 / WONK

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着