KEYTALK『RUSH BALL 2021』ライブレ
ポート ーー胸騒ぎが止まらないノリ
の良いメロディーで踊りまくりなライ

『RUSH BALL 2021』KEYTALK
裏で準備をしていると地響きのように、KEYTALKのリハの音が鳴り響いてくる。ポップなメロディーが印象的ではあるが、やはりライブバンドなだけあって、その衝撃力は凄い……。本番が始まり登場するやいなや、ギターの小野武正はステージの端まで向かって盛り上げている。キャリアを重ねても弾けるような勢いを持っているバンドである。
KEYTALK
歌い出すと首藤義勝(Vo.Ba)と寺中友将(Vo.Gt)というタイプの違うふたりのボーカルが織り成す歌い声がたまらなく良い。1曲目「桜花爛漫」というメロディアスな楽曲に、首藤の高い声と寺中の低い声が乗っかってくる。続く「MATSURI BAYASHI」も同じくメロディアスな楽曲であるし、小野のベースがこれまたカッコ良い……。
KEYTALK
駆け抜けるように2曲が終わり、ドラムの八木優樹も含め、メンバー4人で日焼け止め塗ったか塗ってないかなど他愛も無い夏の話をするが、それもいくらでも聞けてしまう心地よさがある。
KEYTALK
個人的には、いつまでも若いイメージはあるものの結成して12年であり、8月25日(水)には7枚目のアルバム『ACTION!』も出たばかりである。そこからの新曲「宴はヨイヨイ恋しぐれ」も披露された。そして、「Love me」では心地よいメロディーで、ゆったり踊らしてくれる。この季節にピッタリな「Summer Venus」では、同期のサウンドに首藤の伸びやかな声が乗っかり、小野もステージの端っこでステップを軽やかに踏みながらベースを弾く。いつの間にかけていた寺中のサングラスもパンチがあって良い! 曲中に観客から凄いハンドクラップが起きたのも印象的であった。
KEYTALK
小野のコール&レスポンスに、今の時代ならではであるが、観客が拳で応えたりというシーンもあったが、必ずフェスでお祭り的にノせてくれるイメージが強い彼ら。そんなKEYTALKのノリの良いキラーチューンとして決定付けた「MONSTER DANCE」がラストナンバー。観客も体全体を使って喜びを表しているのがわかる。八木のホイッスルも見事に決まり、とびきりノリの良いメロディーで完璧に最後を締めてくれた。
KEYTALK
取材・文=鈴木淳史 撮影=ハヤシマコ
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着