すとぷり「世界を愛で埋め尽くしちゃおう」生配信ライブをレポート

すとぷり「世界を愛で埋め尽くしちゃおう」生配信ライブをレポート

すとぷり「世界を愛で埋め尽くしちゃ
おう」生配信ライブをレポート

「すとろべりーめもりー in バーチャル!vol.2」のライブレポート!!

8月28日(土)、「すとぷり」のYouTube公式チャンネル「すとぷりちゃんねる」、TikTok、bilibilにて、全世界同時配信ライブ「すとろべりーめもりー in バーチャル!vol.2」を生配信した。
大盛況に終わった「すとろべりーめもりー in バーチャル!vol.2」のライブレポートをお届けする。
【すとぷり検定by UtaTen】すとぷりってな~んだ?いちごを食べながら答えよう

念ずればこそ。
すとぷりが今年 6 月に結成5周年を記念し発表した楽曲「プロポーズ」の中には〈世界を愛で埋め尽くしちゃおう〉という歌詞が出てくるのだが、いまだに不安の絶えない渾沌とした状況が続いている中であるからこそ、彼ら 6 人が明るくそして力強く歌いあげるその調べからは、とてもポジティヴな言霊を感じることが出来る。
すとぷりのメンバーカラー・素顔・誕生日・プロフィールは?脱退メンバーやおすすめ曲を合わせて紹介!
https://utaten.com/specialArticle/index/5897
「わこぷりー!」「Yeah!!」「かましてこうぜ!」
有観客生ライブと変わらないほどの高いテンションをみせるメンバーたちが、このたび8月 28 日にオンライン上で展開してみせたのは、春に続き2回目となったバーチャルライブ[すとろべりーめもりー in バーチャル! Vol.2]だ。
今年は 1 月 23 日に予定されていた武道館公演[3rd フルアルバム『Strawberry Prince』発売記念プレミアムライブ! in 日本武道館]と並んで、8月 21 日と 22 日にわたっての開催が告知されていた[すとろべりーめもりー Vol.Next!! in メットライフドーム]までもが中止になってしまったものの、すとぷりの面々がそうした状況に屈することはあるわけもなく、このたびもまたリスナーと共有しあえる場を彼らは仮想空間上に作りあげてくれたのである。

メンバーのるぅとが作曲に参加し、リーダーのななもり。が〈退屈な毎日にバイバイ グズグズしてちゃもったいない 次に行こう!〉〈大切なものはここにある〉といったメッセージを詞に込めた「Streamer」から始まった今宵のライブは、これまた5周年を記念して生まれたラディカルなラップバトルチューン「STAY PROUD」とともに、オープニングからいきなりハイボルテージな盛り上がりをみせ始めることに。

「まだライブは始まったばかりですが、なんとライブが始まる前からもう twitter で“#バーチャルすとぷり”がトレンド入りしておりまして、メチャクチャ盛り上がってます。みんなありがとう!今日はみなさん、最後まで楽しんでもらえると嬉しいでございます。よろしく!!」」(ななもり。)
〔始まったア゙ア゙ア゙ア゙ア゙うわあああああああ〕
〔すとぷりのバーチャル LIVE 始まった!!!!!最高(´;ω;`)〕
〔やばい!!!!!好き!「Streamer」と「STAY PROUD」かっこよすぎません?!〕
〔すとぷりバーチャルライブ最高すぎやろ〕
〔待ってました!バーチャルすとぷり!!もう叫びすぎて喉が痛いです ww みんな可愛いです!〕
〔バーチャルすとぷり 2 回目もめっちゃかっこいい〕
猛スピードでリスナーの方々による歓喜のコメントがタイムラインに溢れ出いていくさまは、すとぷりの凄まじい人気ぶりをそのまま表していたことになるが、彼らはその怒濤の勢いにさらなる油を注ぐかのごとく、ここからは夏曲メドレーとして「苺色夏花火」、「チェキラ☆」「よさこいディスコ Party」を連続投下。

また、その後には通称・信号機組と呼ばれている莉犬×ころん×るぅとの 3 人によるワチャワチャ感が満載な MC をはさんだあと、彼らの持つ可愛らしさがハジけた「咲かせて恋の 1・2・3! 」、アルバム『Strawberry Prince』の収録曲「じゃむじゃむシグナル」、そしてナユタン星人によるダンスチューン「スキスキ星人」といった計3曲を、信号機組ならではの楽しいパフフォーマンスぶりで我々に届けてくれたのだった。
一方、通称・大人組のななもり。×ジェル×さとみ は歌の前に突然の指スマゲームを開始し、最下位となったジェルが罰ゲームとして“ひとりすとぷり”を強制されてしまうという謎の一幕をブッこんで来たのだが、メンバー個々の微妙な特徴をデフォルメしたジェルのモノマネはなかなかに秀逸だったといっていい。
それでいて、この後にはまさにオトナな余裕が〈僕を頼っていい〉という歌詞からも感じられた「僕らだけのシャングリラ」や、シリアスな空気感と気怠いミッドテンポが融合したロックチューン「ドラマチックのアンチ」、ノスタルジックなテイストを漂わせたメロディと哀切に満ちた歌詞で彩られた「脳内ピエロ」の3曲で、彼らは大人組だからこそ為し得る表情豊かな表現、というものを呈示してくれたことになるだろう。
なお、今回のバーチャルライブでは本編後半に突入する前のタイミングで新衣装のお披露目も行われ、中世ヨーロッパの貴族や王族を思わせるようなエレガントでゴージャスなブラックプリンス仕様になったメンバーが、リスナー向けて個々にスクショタイムを設けてオリジナルのポージングするサービスがあったほか、7月 18 日より公開となった新曲「シンドロームラブ」や「Very」を歌ったあとには、6 人がそれぞれのためにデザインされた“あにまるヘアバンド”を装着してみせる場面も。
なんと、これによって莉犬は耳が計6つにアップデートしてしまうという事態が勃発したのだが ww、本人いわくこれはメンバーの皆やリスナーの皆の言葉を逃さず聞き取るためのものである、とのことだ。
〔えぇぇぇ新衣装かっこいい( ᐪ꒳ᐪ )〕
〔これは絶対的王子様 ;;♥すとぷり新衣装かっこよすぎるっ〕
〔いちごの王子様~ひらひらマント~〕
〔莉犬くんだけ半ズボン笑笑かわいい笑笑〕
〔うでのマントみたいなののひらみすごいな〕
〔スクショタイム来たー〕
〔おみみきゃわ!!!!〕
〔莉犬くん耳多すぎ www〕
〔えまってななもりうさぎかわいい〜♥〕
〔るぅとくん可愛いぃいわ〕
〔ころちゃん……可愛すぎて泣きそう〕
〔さとみくん猫耳世界一かわいい〕
〔ひつじのジェルくんかわいいすき〕
〔新衣装とヘアバンドのギャップ萌えありがとうございます!ヘアバンドの耳が動いてるのかわいすぎ〕
かくして、ここから締めくくりに向けてのパートではすとぷりが歌うからこその説得力を持つ真摯な愛のうた「Prince」、この記事の冒頭でもふれた HoneyWorks ことハニワによる楽曲「プロポーズ」がしっかりと歌いあげられたうえで、その後には 6 人からリスナーへの率直な言葉も届けられることになったので、ここではそれを取りまとめて記載しておくとしよう。

「みんなー、楽しかったですか?うんうん、本当にたくさんのコメントとかtwitter の投稿をしてくれてありがとうございます!僕たちもすっごい楽しかったです。
今年の夏はみんなにリアルで会えるはずだったライブが出来なくなってしまって、悲しいなとか、寂しいなとか、悔しいなっていう気持ちになることがあって、きっと応援してくれているみんなも同じような気持ちになっていたと思うんです。
でも、だからこそ今年の夏はそういういろんな気持ちが上書きされるくらいの楽しいと嬉しいを届けよう!ということで、すとぷりとしての毎日動画投稿や長時間リレー生放送、このバーチャルライブ、そして個人個人の活動とかもここまでやってくることが出来ました。
みんな、たくさん受け取ってくれてありがとうございます。僕たちはいつか“きみ”に会えるまで走り続けるから、きみも僕たちのそばにいてください!僕も全力で頑張ります。これからも、すとぷりをよろしくお願いいたします!!」
(るぅと)

「みなさん、今日のバーチャルライブは楽しかったですか?このライブをやるまでには、リハーサルを何回もやって時間をかけながら、僕たちはみんなに楽しんでもらえるように頑張ってきました。
途中で、毎日動画投稿とリハーサルがカブったりして「これはどう考えてもスケジュール、キツいやろ…!」ってなったり、くじけそうになったことが何度もあったんやけど、そのたびにみんなから twitter とか生放送とかで元気をもらって「僕たちは、きみたちが笑顔でいてくれてるから頑張れるんだな」と思って、一生懸命ここまでやってくることが出来ました。
みんながいてくれたからこそ、この夏を一緒に楽しめたんじゃないかと思ってます。
本当にありがとうございました!!
でも、また直接みんなの顔を見てライブを出来る時がやってくるのであれば、その時はまた僕も全力で盛り上げるので、その時には遊びに来てくれると嬉しいです。これからもカマすぞー!!」
(ころん)

「なかなかこういうバーチャルなライブの空気感って、俺たちもそんなに場数を踏んでないからこそ「ちゃんと伝わるかな」って不安とかもあったんだけど、みんながこうして凄いたくさんのコメントをくれたり、いろいろ返ってくる反応を見て、今日はみんなと一緒に大成功させることが出来たと言えるんじゃないかと思います。
本当にありがとうございました!ころんも言ってたとおり、この夏は毎日動画を投稿したりリハがあったりマジでヤバい日があって、屍になるんじゃないかっていう日もあったけど(笑)、生放送とか動画に対するみんなのコメントやひとつひとつのその声が、俺にとっては活動していくうえでの原動力になってるな、って凄く実感した夏でした。
このバーチャルなライブも、ほんとやれて良かったです。ただ、いつになるかはわからないけど直接みんなと会える機会を作れるように今後も全力でかましていくんで、これからもよろしくお願いします!」
(さとみ)

「いやー、今日はバーチャルライブを観てくれてありがとう!この夏、俺は本当に頑張れたなと思います。
すとぷりの毎日動画投稿に生放送、俺のチャンネルの動画だったり配信だったり、出来ることは全っっ部やれたなと思います。
でも、予定してたこの夏ライブが出来なくなった時は、「これまでも何回も奪われてきたし、なくなってきたし、もう慣れた。
俺は大丈夫や、負けないぞ!」っていう気持ちでやってきたんやけど、途中でやっぱり「寂しいな」っていう想いが強くなりました。
この夏を駆け抜けることが出来たのは、きみのおかげです。きみの好きの気持ちのおかげです。
バーチャルライブも楽しかったけど、次に本当に会える時にはもっともっと楽しく、もっともっと嬉しくなれるんじゃないかと思います。
また会える時まで、僕たちは走り続けるのでついて来てくれると嬉しいです!今日は本当にありがとうございました!」
(ジェル)

「これで夏も終わるのかと思うと、あっという間だったなぁ。ちょっと寂しいなぁ。
毎年、すとぷりの夏には思い出があってそこには何時も青春を感じるなと思って来たんだけど、いつもライブとかをやって皆と一緒に駆け抜けて来た中で、今日のバーチャルライブがきみにとって良い思い出になってくれたら凄く嬉しいです。
俺はね、この夏が終わったら3ヶ月くらい寝ようかなって思うくらい動画の投稿を頑張ったんだけど(笑)、何度も諦めそうになったし、リレー放送がつながってからリハだった時も、ほんとに「行くのヤメようかな」って思ったけど、「良いライブにしなきゃ!」と思って頑張ったよ。
そうやって日々を積み重ねてきたり、今日こうして素敵なライブの日を迎えることが出来たのは、喜んでくれるきみがいるからです。
きみがいるから頑張れる。何時も応援してくれてありがとう。
みんなも言ってるけど、この夏リアルなライブをする予定でしたが中止になって「またか…また奪われるのか」と感じるこの気持ちが悔しいし、悲しい気持ちに慣れてしまうのも悔しいので、必ずまたみんなと会える日を作ります。
その時はまた、一緒に楽しんでくれたら嬉しいな思います。これからもすとぷり、まだまだ頑張ります!!」
(莉犬)

「思い返すと去年は春と夏に無観客ライブをやって、今年は4月と今日バーチャルライブがあって、この 4 回の配信では“楽しい”をみんなにたくさん届けることが出来ました。
でも、その裏側にはライブの延期や中止があったわけで、悲しさとかやるせないけど仕方ない、やっぱり辛いみたいな気持ちも当然あって。
いろんな想いがごちゃごちゃになって、不安とずっと隣り合わせなところはあるんだけれども、そんな中でも“楽しい”を作れるように努力し続けてきたのがこの 1 年半、いや 1 年半以上の日々でした。
そして、今日こうしてまたバーチャルライブをみんなに届けることが出来て凄く嬉しいです。
すとぷりの活動は、今こうして生でライブを観てくれたり、各 SNS にコメントや感想を書いてくれたりするきみの声があるからこそ、俺たちも「もっともっと!」って思ってかまし続けられているんです。みんなには感謝してます、いつもありがとう。
この活動はきみの声がある限り止まらない、終わらないものなので、この夏はひとつの節目としてここで終わりますが、これからもまだまだたくさんの楽しいを届けられるよう、すとぷりのメンバーは 6 人でベストを尽くしていきます。これからもよろしくお願いします!!」
(ななもり。)
何があっても、どんな状況でも、前を向き明日に向かって進み続けるすとぷり。そんな彼らの「これから」を予告する意味で、今回のライブではここで“重大なお知らせ”と題された動画が流されることになり、2022 年にすとぷりは史上最大規模となる関東・関西・東海・九州でのライブツアーを開催することが発表されるに至った。
詳細は今後のすとぷり公式生放送にて発表されるそうなので、ぜひともみなさまには随時のチェックをお願いしたい。
こうした待ちに待った吉報のあとには、すとぷりの真髄であるキラキラとワクワクとトキメキが目一杯に詰めこまれた、彼らにとっての代表曲でもある「Strawberry Prince Forever」が歌われ、〈聞こえますか 感じてますか 寂しくないよ 僕らがい
るから〉という歌詞と、彼らからの温かい愛情が回線越しにでもひしひしと伝わってきた今宵。
最後に聞こえた「おつぷりー!」というメンバーたちの達成感を滲ませたにぎやかな声は、同時に“次”へと向けた約束としても受け取ることが出来た。
念ずればこそ道は拓ける。〈
世界を愛で埋め尽くしちゃおう〉とするすとぷりの活動は、ここからより力強くさらに楽しいものとなっていくに違いない。
◇「すとろべりーめもりー in バーチャル! Vol.2」 セットリスト
Playlist URL
01. Streamer
02. STAY PROUD
03. 苺色夏花火
04. チェキラ☆
05. よさこいディスコ Party
06. 咲かせて恋の 1・2・3!
07. じゃむじゃむシグナル
08. スキスキ星人
09. 僕らだけのシャングリラ
10. ドラマチックのアンチ
11. ストロベリーレボリューション
12. シンドロームラブ
13. Very
14. Prince
15. プロポーズ
16. Strawberry Prince Forever
※「Strawberry Prince Forever」はプレイリスト未収録となります
◇2022 年には、すとぷり史上最大規模となるライブツアー開催決定!
2022 年に、すとぷり史上最大規模となるライブツアーを関東・関西・東海・九州にて開催決定! 詳細は近日中に改めて発表し
ますので、続報お待ちください!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着