山内惠介が「古傷」カラオケ全国決勝
大会開催、今後の目標も披露「『紅白
』で20周年の有終の美を飾りたい」

山内惠介が8月29日、東京・渋谷区のビクターエンタテインメント本社大会議室で<山内惠介『古傷』カラオケ全国決勝大会>と銘打ったカラオケ大会を開いた。

同大会は、新型コロナウイルス感染症対策のため、YouTubeを介してのオンラインで実施。2月24日発売のシングル『古傷』(「絆盤」「郷愁盤」「暁盤」「唄盤」)に続いて、6月16日にジャケット写真とカップリング曲が異なる「夢追盤」と「度胸盤」の2タイプを発売し、その新装盤のCD購入者を対象にして課題曲「古傷」の歌唱音源を募集。全国から350人の応募(最年少は5歳から最年長は90歳で、海外からも応募)があり、その中から音源審査で10人が予選を通過した。 

2001年のシングル『霧情』のデビューイベントでも司会を務めたフリーアナウンサー・小池可奈がこの日の司会進行を務める中、山内が「オンラインでのカラオケ大会は初めてなので、どんな感じになるかワクワクしています」とあいさつ。10人の歌唱音源がモニターに映し出され、ビクターエンタテインメントの担当ディレクター・金井雅史、同曲を作詞した鈴木紀代、作曲の水森英夫、それに山内の4人が審査した結果、優勝は、三重県桑名市の主婦・山本のりこ、準優勝は金子弘宣、審査員特別賞は松葉柚愛にそれぞれ決定した。
山内惠介、水森英夫、鈴木紀代、山本のりこ

優勝した山本は「山内さんの曲はこれまですべて聴かせていただいています。特にこの『古傷』は、せつない歌詞に大胆なメロディーがついたすてきな曲で、山内さんのすばらしい歌唱にも魅せられ、今回のカラオケ大会に応募させていただきました。でも、優勝は信じられないくらい驚いています」と感激もひとしおだった様子。山内も「第一声から引き込まれて聴かせていただきましたが、歌い方もとても丁寧で、完璧でした」と絶賛した。

カラオケ大会終了後、山内は9月1日発売のカバーアルバム『Roots』(山内のルーツとなった楽曲をジャンルの枠を超えて選曲。オリジナル新曲「あなたを愛で奪いたい」を含む全10曲収録)の収録曲で、1999年に自身が出場したカラオケ大会で歌い、師匠・水森英夫と出会いデビューのきっかけとなった「男の劇場」(オリジナル歌唱・北島三郎)と新曲「古傷」の2曲を披露。

また「皆さんの歌を聴かせていただきながら新しい発見もあり、とても勉強になりました。4,200人くらいの方が観てくださったそうで、大ホールでやっているみたいにスケールの大きなカラオケ大会になってうれしかったです。この『古傷』で10万枚突破を目指し、年末の『紅白』で20周年の有終の美を飾りたい」と話した。
なお今回の配信の模様は、8月31日午後11時59分までアーカイブ配信される。

そのほか山内は、9月22日に最新シングル『古傷』の新装盤(ジャケット写真とカップリング曲が異なる「大志盤」と「三日月盤」の2タイプ)を発売。また同日、広島文化学園HBGホール公演を皮切りに、11月24日の神奈川県民ホール公演までの全国13会場(全14公演)でコンサートツアーを開催する(10月5日の愛知・日本特殊陶業市民会館から10月26日の大阪・フェスティバルホールまでの5大都市(全6公演)コンサートツアーを含む)。
(提供:サンニュース)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着