SPARK!!SOUND!!SHOW!!『RUSH BALL 2
021』ライブレポート ーーどんなステ
ップも革命、怒りと愛の狂騒空間がこ
こに

『RUSH BALL 2021』SPARK!!SOUND!!SHOW!!
チヨ(Ba.Cho)の出演辞退(詳細は公式HPにて)に伴い、迎えられたサポートベーシストはハルカミライの須藤俊だ。サウンドチェック時に「逃げ出したいくらい緊張してる」と話していた須藤だったが、「ここにいる全員ぶっ飛ばしてやりてぇっす!」と頼もしく宣言してハルカミライの「ファイト!!」を演奏するなど、本番前からファンにはたまらない一幕があった。
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
フロアへ容赦なく飛び込み、観客の頭上を転がり、サークルが大回転しまくる。そんな景色が通常運転である彼らが制限のある中、どんなライブを見せてくれるのか。そんな期待感が高まる中、「こんなご時世ですけど音楽始めまーす!」と、タナカユーキ(Vo.Gt)が登場から間髪いれずに、気だるくも鋭利なラップをたたみかける。メンバーもオーディエンスも誰も遅れをとることなくこの瞬間にすべてをかける勢い。マイクを客席に向け、挨拶代わりにバキバキの2ビートをお見舞い。全身全霊でプレイする須藤は、ペース配分が心配になるほどの暴れ具合だ。
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
「岸和田の暴走族にささげます!」とバイクのクラクション音を合図に「†黒天使†」の邪悪なミクスチャーサウンドが鳴り響く中、タクマ(Syn.Gt.Cho)はアンプの上で悠々とプレイ。オーディエンスは、ブンブンと両手でバイクのアクセルをふかす動きで見事な一体感を見せる。
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
大ジャンプの連続でATMCが揺れた「STEAL!!」。須藤は、上着を脱ぎすて鬼回転、床に寝っ転がってプレイし、サポートとは思えない完璧なステージングを披露しているから熱狂しないわけがない。タナカは胸元にハートマークをつくり、ジャスチャーで「心で歌えよ!」と伝える。言葉より伝わるのはなぜだろう。
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
「SCAR」では、タナカが巨大脚立を持って登場。ステージ上部に到達しそうな最頂部で歌い、さらには天井の鉄骨にぶら下がりマイクを咥えて歌唱。おそるべき身体能力! パンキッシュな「GODSPEED」から、昨今のご時世に真っ向から向き合ったフリースタイルが展開する「MARS」は圧巻のハイライトとなり、拳が振り上げられる。そして、「この怒りを歌ったあとは愛を歌うと決めている。今からラスト3分間、人間をやめて動物になれ!」(タナカ)と叫び、「南無」へ突入。フロアにダイブできない分、須藤もタクマもステージにスライディングやダイブをすれば、タナカはステージ横の鉄骨によじのぼり咆哮する。残響音の中、ひとり残されたイチロー(Dr.Cho.169)がドラムプレイで鮮やかに宴を完結させた。
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
「サポートベースいれても変わりなくやるんで!」というタナカの言葉通り、どんな状況でも確固たる表現を武器に、最狂さは変わらないどころか強度を増すことが十分証明されたライブだった。
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
取材・文=岡田あさみ 撮影=ハヤシマコ
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着