L→R マツイユウキ(Dr)、片桐(Vo&Gu)、ヤスカワアル(Ba)

L→R マツイユウキ(Dr)、片桐(Vo&Gu)、ヤスカワアル(Ba)

【特別企画】
ソロインタビューで紐解く
Hakubiの
メジャーデビューまでの軌跡
<vol.3>マツイユウキ(Dr)

2017年の結成以来、地元・京都を中心に全国のライヴハウスシーンで活動を続け、2020年にメジャーデビューを発表した3ピースロックバンド・Hakubiが、待望の1stアルバム『era』(イーラ)を9月8日にリリースする。不甲斐なさや劣等感を出しつつも、自分を信じて強く生きる希望の光を提示してくれる彼ららしい楽曲が揃った自身初となるアルバムだ。約2年をかけて制作したという本作は、サウンドアプローチで大きなチャレンジをした楽曲も多く、バンドを大きく成長させたことは言うまでもない。

そんな注目のバンド、HakubiをOKMusicではメンバーソロインタビューにて紐解いていく。最後には『Hakubiメンバーへ10の質問!』と題したミニコーナーも用意したので、この機会にメンバーの魅力も知ってほしい!

計3回にわたって実施した同企画のラストは、マツイユウキ(Dr)に話を訊いた。

やりたいことが増えたから
挑戦というかたちで楽曲を制作している

まずは楽器を始めたきっかけを教えてください。

高校で初めて軽音部に入部して、一番人手が少なそうなドラムを選びました。一番人手が少ないがゆえにバンドを組む時に余らないと考えたからです(笑)。そして、友達の好きな曲をコピーして遊んでいましたね。

軽音楽部でバンドを始めて、Hakubiを結成されるまでの音楽活動で印象に残っていることはありますか?

友達と地元の練習スタジオに入ったら、当時好きだったバンドの方と居合わせたんですけど、その時はテンションがめっちゃ上がりました!

好きだったバンドと居合わせるとはすごい奇跡ですね! そして、大学時代に片桐(Vo&Gu)さんとヤスカワアル(Ba)さんと出会いますが、おふたりの第一印象はいかがでしたか?

片桐は歌がうまい女の子という印象です。ヤスカワくんはヘラヘラしてチャラチャラした男の子ですかね(笑)。

(笑)。どのような流れでHakubiを結成することになったのでしょうか?

片桐とは大学の学部とサークルが同じで仲良くなって、サークル内で一緒にコピーバンドを組んでいたので、その流れでバンドを組もうと誘いました。ヤスカワくんは高校の頃からの顔見知りで、しゃべったことはないけどベースを弾けることは知っていたんです。身近にベーシストがいなかったのもあり、TwitterのDMで誘いましたね。

そんなふたりはマツイさんから見てどんな人でしょうか?

片桐は努力主義で、ヤスカワくんは効率主義者だと思います。ゆっくり着実にやることが大事な時もありますが、効率良くパパッと進めるのも大事なので、ふたりには助けてもらっています。でも、基本的にふたりはメンバーに冷たいです(笑)。ふたりが寝坊したら僕は起こしに行きますが、僕が寝坊した際はふたりとも知らん顔してる辺りとか理解に苦しみますよ。そういうところだけは解せないです(笑)。

Hakubiが始動してから数えきれないほどのライヴを行なってきたと思います。決めかねるかもしれませんが、特に印象に残っているライヴについて教えてください。

2019年に開催した『粉塵爆発ツアー』ファイナルの京都編(KYOTO MUSE)ですね。「mirror」という曲でお客さんが歌ってくれたことが印象深くて。僕らでもこういうことができるんやと感じて嬉しかったです。

では、4年間のHakubiの活動で一番印象に残っていることは?

一番印象に残っていることは、3rdEP『光芒』のレコーディングの時にリード曲がかたちにもなってなくて2曲録り終えたあと、朝までスタジオに入って「光芒」を作ったことですね。

2020年にメジャーデビューを発表しましたが、決定した時の率直な気持ちを教えてください。

いつ“ドッキリでした!”って言われてもおかしくないくらい信じられませんでした(笑)。でも、友達とひとつのグループを組んでここまで昇り詰めたことはとても嬉しいです。多くの人に見られるし、多くの人を支えなきゃいけないと思っているので、自分たちの芯だけはぶれさせないように心がけています。

メジャーデビュー後の環境の変化などは感じていますか?

成人式から会っていなくて、バンドの曲も聴かない地元の友達から連絡が来ることがたまにあります(笑)。新曲を出した際には“メジャーに行ったから昔となんか違う”ってたまに言われるんですが、僕ら自身は何も変わっていなくて、むしろやりたいことが増えたから挑戦というかたちで楽曲を制作しているんです。今の時代、インディーズもメジャーも垣根がないと思っているので、違和感を感じた方はライヴを観にきていただけたらと思います。

最後にメジャー1stにしてバンド初のアルバム『era』がリリースされる今の想いを聞かせてください。

Hakubiメジャーデビューアルバム『era』、今までとこれからを詰め合わせた自信作です! ぜひ手に取って、たくさん聴いて、ライヴハウスに足を運んでください。よろしくお願いします!

取材:岩田知大

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着