Dragon Ash『RUSH BALL 2021』ライブ
レポート ーー「未だ革命前夜!」モ
ンスターライブバンドが誓った音楽と
フェスへの真摯な愛とプライド

『RUSH BALL 2021』Dragon Ash
夕陽が眩しく差す中、すでに上半身裸のKj(Vo.Gt)と共にメンバーが最初に奏でたのは、<外へ出て音楽を楽しめばいい>と即興で歌詞を変えて歌われた、逆境の中でも前を向く決意の歌「陽はまたのぼりくりかえす」だった。
Dragon Ash
新たな時代への挑戦を告げる新曲「New Era」、サポートメンバーのT$UYO$HIがサイドステージへと躍り出てベースを響かせた最強のライブチューン「Mix it Up」と続け、モンスター級のライブバンドとしての新たな決意を表明した後は、もはやDAのライブ定番曲となりつつある「ROCKET DIVE」のカバーを披露。『RUSH BALL』とhideを愛したオリジナルメンバー、IKÜZÖNEへの思いが真夏の空に熱く響く。
Dragon Ash
本来のフェスなら幸せなカオスの渦と化していた場面で、Kjがスタッフに問いかける。
「(観客を)座らせるのはOK? じゃあみんな座って。ロックが必要ないなら俺らはやらない。けど、こんなシチュエーションでもロックフェスを必要としてくれるなら(心の)声を上げてくれ。ロックバンドは絶対にそのステージに行くから」。そう告げた後、ステージ前に腰掛け、観客に語りかけるように歌い始めたのは、「ダイアログ」。出演者と観客が歓喜を分かち合えるロックフェスやイベントは、DAにとって誇りでありバンドとしての命題だ。その赤裸々な思いが溢れ出すリリカルなナンバーを歌い終えてKjが言う。「来てくれてありがとう」。
Dragon Ash
確かに観客の熱いシンガロングが脳内に鳴り響いた「百合の咲く場所で」を披露後、ステージにブレイクビーツが流れる。
Dragon Ash
「未だ革命前夜!」。そう告げた後に披露された最後の曲は歓喜の歌「Viva la revolution」だった。逆境と葛藤の中、直前まで地道な交渉と対策を重ねて開催にこぎつけた『RUSH BALL』。そして、その決意に共感したすべてのバンドマンたちと、ストイックに音楽を楽しむ目の前の観客たち。どんな絶望や悲しみの中でも、また何かを始めることを誓うその曲に込められていたのは間違いなく、Dragon Ashというバンドの音楽とフェスへの真摯な愛とプライドだ。
Dragon Ash
取材・文=早川加奈子 撮影=瀧本JON…行秀
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着