神野美伽がコットンクラブで3年連続
ライブ開催、ベイビー・ブーも登場「
やりたいことを全部詰め込んだ」

神野美伽が8月30日、東京・丸の内のライブレストラン「コットンクラブ」で<MIKA SHINNO THE VOICE>と銘打ったライブを行った。

同所でのライブは3年連続で3回目。東京都は緊急事態宣言発出中のため、入場者数を定員の半分に抑え、客席のソーシャル・ディスタンスを十分に確保して実施した。神野は本公演について「お客様が、音楽を聴こうという気持ちになってくださっているのかと葛藤はありました。でもおかげさまで、チケットは完売。それでも聴こうとして来てくださる方がいらっしゃるのは本当にありがたいです」とコメントしている。
演歌にとどまらず、幅広いジャンルのアーティストと精力的に共演している神野。この日の演奏を務めたのは、ピアノ・紅林弥生、ギター・竹中俊二、そしてボイスパーカッション・北村嘉一郎の3人。ライブはまず、荘厳なピアノソロ演奏(ラフマニノフ)から始まり、そこへ神野が「与作」を歌い始めるというクロスオーバーからスタート。その後ジョージ・ガーシュウィン作曲の「SUMMER TIME」を雰囲気たっぷりに歌い上げた。

途中、5人組コーラスグループのベイビー・ブーが登場。これまで神野と歌番組で何度も共演してきた彼らと、「追憶」「イヨマンテの夜」「Danny Boy」「コーヒールンバ」を、息の合った力強いアカペラで披露した。

この日は神野にとって56歳の誕生日。自らの人生を20代、30代と振り返る詩を朗読した後、「今日いちばん歌いたかった曲です」と前置きして、穏やかに年を重ねていくことの尊さを歌った「人生の扉」(竹内まりや)を歌唱する場面も。

アンコールでは、力強く壮大なバラード「満開」を熱唱して締めくくった。この曲は、韓国でキム・ホジュンが歌い2020年に大ヒットした歌謡曲を、神野が自ら日本語に訳詞してカバーし、3月に発売したものだ。

ジャズやオールディーズのスタンダードナンバーに、ギター一本で歌う「天城越え」、「座頭市子守唄」「無法松の一生~度胸千両入り」などの演歌をオリジナルアレンジで挟むなど、神野らしい構成の全13曲で観客を魅了した。
神野は今回のライブについて「通常の演歌のコンサートができていない時期が続く中で、今は演歌を歌いたい気持ちがすごく強くて。コットンクラブならではのスタイルで、どの世代でも知っているような、演歌のスタンダード・ナンバーと言えるような有名な曲をあえて歌ってみたいと思ったんです。やりたいことを全部詰め込んだライブになりました」と語る。

また頸椎化膿性脊椎炎で首にメスを入れる大手術を受けてから約1年4カ月がたち、体調は万全だが体の中にはボルトやチタンがあちこち入っているということに触れ、「病気は治りましたけど、元の体には戻らない。今はそれでも生きていこう、という気持ちです。毎日が非常に大切に思いながら生きられる年齢になりました」と述べている。

そのほか神野は、9月22日に新シングル『浪花恋おんな c/w無常の満月(つき)』を発売。これは日本作曲家協会と日本作詩家協会がタッグを組んで募集した<ソングコンテストグランプリ2021>でグランプリに輝いた2作品を、神野が歌唱したものだ。「とっても分かりやすい、浪花らしいサウンドで作っていただいて、ノリのよい、あっけらかんとした、皆さんが求めているものに仕上がりました。カラオケでこういった歌を求めている方々に喜んでいただけると思います」と語っている。

加えて、12月には京都と大阪で開催される、アロージャズオーケストラと東京キューバンボーイズのジョイントコンサートにも出演する。

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着