ヨロンパナウル王国観光大使・千波裕
美が日本歌手協会<歌謡祭>出演決定
、初オンラインライブも配信中

「ヨロンパナウル王国」の観光大使を務める歌手・千波裕美が、9月30日開催の日本歌手協会<第48回 歌謡祭>夜の部(BSテレ東で2022年元旦放送)で五木ひろし大月みやこ伊藤咲子大場久美子美川憲一らと初共演する。

千波は同公演に先がけて東京・蒲田のライブハウス「ニューエイト」で初の無観客ネット配信ライブを開き、その模様をYouTubeチャンネル『みんなの歌謡曲みんかよ』で配信している。

これまで千波は、様々な歌謡ショーへの出演やボランティア活動などで多くの人たちの前で歌を届けてきたが、コロナ禍でこの1年半、人前で歌う機会がほとんどなくなってしまった。そこで、ファンはもとより、演歌・歌謡曲が好きな人たちに自分の歌を聴いてもらい、少しでも心を癒やしてほしいとして、オンラインライブに初チャレンジすることに。

無観客のステージに立った千波は、現在、観光大使を務める“与論島”をテーマにした最新シングル曲「母守唄~ヨロン恋しや~」をはじめ、昭和の名曲カバーから田端義夫の「十九の春」、三沢あけみの「島育ち」、札幌市電と函館市電で積雪期に運行されている除雪用車両“ササラ電車”と女心を重ね合わせた人気オリジナル曲「ささら電車」、デビュー曲「東京流れもの」など全6曲を熱唱。

また、歌手仲間の山本ゆき、友貴一彰の2人が応援に駆けつけ、山本は「あすなろ峠」、友貴は「哀しみの雨」などを歌ってステージに花を添えた。
千波は「こうしてお客さまがいない状況で歌うのは初めてでしたので、どこを見ていいのかわからず緊張しました。私は、新曲『母守唄~ヨロン恋しや~』でヨロンパナウル王国観光大使として頑張っていますが、全国ふるさと大使も務めていますので、コロナが収束したらチャリティーとして全国各地の老人ホームに唄を届けたい」と話した。

鹿児島県最南端にある「与論島」。1980年代、観光振興の目的でミニ独立国(パロディ国家)建国ブームが全国各地で沸き起こる中、「ヨロンパナウル王国」もその一つとして誕生。国王は与論町長、大統領はヨロン島観光協会会長が務めている。
(提供:サンニュース)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着