STEPHENSMITH、MISTAKESがレアなカバ
ー曲も披露。<DIGLE Live #02>レポ
ート

STEPHENSMITHはUA/ミルクティー、MIST
AKESが井上陽水/リバーサイドホテル他
3曲のカバーも

初回に
をゲストに開催された<DIGLE Live>が今回はゲストに
を迎えて「COHSA Shibuya」に場所を移して開催された。渋谷から○分、表参道から徒歩7分の交差点に位置するこの場所は6月に世界を交差させて未来をつくる、コワーキング型Co-innovationスペースとしてオープンしたばかりの新スポット。

キッチンカーやコーヒースタンドも常設されており、今回利用させてもらった1階部分は上階に入居してるメンバーのラウンジとして、または外部のドロップインの利用もできるスペースとなっている。今回キッチンカーではお米のソーセージホットドックが提供され、参加者はライブの合間や後にフード・ドリンクも楽しむ姿も見られた。
定刻より5分押しで1組目のSTEPHENSMITHがスタートし、1曲目は前作sexperimentからスロウタッチ。今回はベースのOKIがギター、ドラムのTAROがキーボードを担当する編成となっており、序盤からCAKEのしっとり魅せるボーカルと二人のコーラスワークも冴え渡り、観客も彼らの世界観にどっぷりと引き込まれていた。その後も「微温湯の雨」「手放せ」と人気曲が続き、4曲目は新曲「フラットな関係」も披露。MCを挟んで最後にUAの「ミルクティー」をカバーするサプライズも。最後までしっとりと聴かせるセットで30分を締めくくった。

STEPHENSMITHセットリスト 1.スロウタッチ 2.微温湯の雨 3.手放せ 4.フラットな関係(新曲) 5.ミルクティー(UAカバー)

今回はベースの井上まさや、ギターボーカルのシンジの二人でのセットとなったMISTAKES。軽妙なトークで盛り上げつつ、最初は「」のカバーを披露。その後オリジナル曲である「Sad Song,So Sad」をすると「1曲カバーをやってほしいってことだったんですけど、俺たち実は今日3曲カバーをやるんです」とMCで笑わせると演奏されたのは井上陽水の「リバーサイドホテル」。

その後Beatlesの「Here, There And Everywhere」では演奏開始に物を落としてしまった観客のために演奏を一旦止めて再演奏する優しさも。
最後はオリジナル曲「時代」でベース&ボーカルのスタイルとは思えない盛り上がりをみせ盛大な拍手でイベント終了となった。

MISTAKESセットリスト 1. 2.Sad Song,So Sad 3.リバーサイドホテル(井上陽水カバー) 4.Here, There And Everywhere(Beatlesカバー) 5.時代

ライブ映像DIGLEのインスタグラム、IG
TV内で公開

今回のライブの様子はDIGLEのインスタグラムアカウントで一部公開中。

Photo Gallary

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着