「ワールドトリガー 3rdシーズン」キ
ービジュアル公開 9月8日配信イベン
トで新キャラのキャスト発表

(c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション 葦原大介氏によるSFアクション漫画のテレビアニメ化第3期「ワールドトリガー 3rdシーズン」のキービジュアルが公開された。
 原作は「ジャンプ SQ.」(集英社刊)で連載中。「近界民(ネイバー)」と呼ばれる異世界からの勢力に対抗する「界境防衛機関(ボーダー)」の戦いと、隊員の空閑遊真(くがゆうま/村中知)や三雲修(みくもおさむ/CV:梶裕貴)らの成長を描く。テレビアニメ版は2014~16年に1stシーズン(全73話)、21年1月に2ndシーズン(全12話)が放送された。3rdシーズンでは、2ndシーズンから引き続きB級ランク戦の激闘が描かれる。
 このたび公開されたキービジュアルには、遊真、修、雨取千佳(あまとりちか/田村奈央)に加え、2ndシーズン最終話で“ボーダー”に入隊し、3rdシーズンで初めて戦いに参加するヒュース(島崎信長)の4人からなる、新生「玉狛第2」の姿が描かれている。
 また、9月8日午後9時から「東映アニメーション公式YouTubeチャンネル」で生配信イベント「ワールドトリガーチャンネルVol.2」が開催されることも決定した。「Vol.1」に引き続き村中、梶、田村が出演するほか、ボーダー最高司令官・城戸正宗を演じる桐本拓哉が「ワールドトリガー」のイベントに初参加する。番組内では、新キャラクターの林藤ゆり役、ミカエル・クローニン役のキャストが発表される。開催に先立ち、両キャラクターのビジュアルが公開されている。
 そのほか、9月5日午後11時55分からテレビ朝日で放送される「声優パーク建設計画VR部」に、村中、梶、田村、島崎が出演することも決まった。番組内では、4人が芸人のネタに生でアフレコする番組恒例企画“ラフレコ”に挑戦する。
 「ワールドトリガー 3rdシーズン」は10月9日放送開始。

新着