どんな人も抱きしめる

美味しいごはんを頬張ると、心がほっこりと温かくなる。自然と頬がほころんで、スルスルと肩から力が抜ける。
の作る音楽は、まさしく耳から聴くおいしいだ。
ミュージシャンである父の影響を受け、彼女は幼い頃から歌手になることを夢見てきた。高校では演劇部・軽音楽部・合唱部に所属し、大学ではミュージカルを中心に勉強。2018年からはシンガーソングライターとして、本格的に活動を展開している。感情を素直に開放したようなボーカルは、大きく両手を広げて聴く人を包みこむ。“美味しいもの”が等しくどんな人でも幸せにするように、MARIA FUKAGAWAも等しくどんな人でも抱擁してしまうのだ。音楽を好きという想い、そしてそれを余裕をもって表現できるゆとりがなせる業だろう。
先日配信が開始された「ランド・ランド・ランド」は、4作連続リリースのラストを飾る作品。ビートメイカーに
、ゲストボーカルに
を迎え、ポップなアップチューンに仕上がった。

MARIA FUKAGAWA アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着